エラー メッセージ : HTTP エラー 500-12 - アプリケーションを再起動しています

現象

クライアントが、再起動中の Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) アプリケーションに接続しようとすると、ブラウザに次のエラー メッセージが表示されます。

ページを表示できません。

接続しようとするページに問題があるため、そのページを表示できません。


HTTP エラー 500-12 - アプリケーションを再起動しています。

インターネット インフォメーション サービス

回避策

このメッセージが表示されても実害はありません。通常はブラウザの更新ボタンをクリックすると表示されなくなります。運用環境においてこのメッセージが表示された場合、適切な回避策はありません。ただし、長時間にわたってメッセージが表示される場合、すべての Web サービスの停止とアプリケーションの再読み込みを検討することをお勧めします。

詳細

IIS アプリケーションに何らかの変更を加えると、Global.asa ファイルに変更が反映されます。Global.asa ファイルに変更を保存すると、サーバーは Global.asa ファイルを再コンパイルする前に、現在のアプリケーション要求の処理をすべて終了します。その間、サーバーは新しい要求を拒否し、Web サイトを再起動している間は要求を処理できないことを示すエラー メッセージを返します。


現在のユーザー要求がすべて処理されると、サーバーは、削除するセッションごとに Session_OnEnd イベントを呼び出して、アクティブなセッションをすべて削除します。次にアプリケーションを閉じて、Application_OnEnd イベントを呼び出します。その後で、Global.asa ファイルは再コンパイルされます。


その後のユーザー要求によって、アプリケーションが起動します。そのとき、新しいセッションが作成され、Application_OnStart イベントおよび Session_OnStart イベントが実行されます。アプリケーションが Application_OnStart イベントを実行しているときに、ASP ページを表示すると、次のようなエラー メッセージが表示されます。

HTTP エラー 500-12 - アプリケーションを再起動しています。
このメッセージが表示されても実害はありません。通常はブラウザの更新ボタンをクリックすると表示されなくなります。


このエラー メッセージは、ウイルス対策ソフトウェアまたはバックアップ ソフトウェアによって発生することもあります。これらのソフトウェアが IIS Web アプリケーションをスキャンすると、Global.asa ファイルが変更されたかのように IIS が動作し、これによって Web アプリケーションが再起動する場合があります。この場合は、Global.asa ファイルのバックアップおよびウイルス スキャンを無効にすると、問題の解決に役立つことがあります。上記の動作中にクライアントが GET 要求を出すと、Web サーバーは 500-12 エラーを返します。
Site Server 3.0, Commerce Edition で表示されるものと同じエラー メッセージについての関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
236446 エラー メッセージ : HTTP 1.1 Application Restarting
プロパティ

文書番号:248013 - 最終更新日: 2007/12/04 - リビジョン: 1

フィードバック