Outlook 2003 および Outlook 2007 でトランスポート プロバイダを追加すると、配信日時を指定してメールを送信できない

現象

Microsoft Office Outlook 2003、または Microsoft Office Outlook 2007 のキャッシュ モードを無効にしている環境で、複数のトランスポート プロバイダが追加されたプロファイルの場合、配信日時を指定したメッセージを送信した後に Outlook を終了すると、以下のエラー メッセージが表示され、メッセージを送信することができません。

Microsoft Office Outlook 送信トレイに未配信のメールがあります。

メッセージを送信するには、Outlook が電子メール サーバーに接続された状態で実行していなければなりません。

このまま終了してもよろしいですか?

nn 秒後に終了します。

なお、キャッシュ モードを有効にしている環境では、指定日時にトランスポート プロバイダとオンラインで通信する必要があるため、トランスポート プロバイダの数に関係なく、Outlook を終了させた状態で配信日時を指定してメールを送信することはできません。

原因

"Microsoft Exchange Server" のトランスポート プロバイダ以外に、"Live Meeting Transport" や "POP3/SMTP" などのトランスポート プロバイダが追加された環境では、[指定日時以降に配信] の設定をし、メールの [送信] ボタンをクリックして、[送信トレイ] にメッセージが置かれたタイミングでは、どのトランスポート プロパイダを用いて配信するかの設定がされていないために、この現象が発生します。

回避策

配信日時を指定したメールを送信したい場合には、以下のいずれかの方法を実行してください。

方法 1 : Outlook のプロファイルを使い分ける

"Live Meeting Transport" や "POP3/SMAP" などの複数のトランスポート プロバイダを含む Outlook プロファイルと、複数のトランスポート プロバイダを含まない Outlook プロファイルを用意して、Outlook を終了後に配信日時を指定したメールを送信する場合には、複数のトランスポート プロバイダを含まない Outlook プロファイルを使用してメッセージを送信してください。



方法 2 : Outlook を終了しない

Outlook を起動した状態であれば、キャッシュ モードが有効の場合でも、また複数のトランスポート プロバイダを含んでいる場合でも、配信日時を指定したメールを送信することができます。



方法 3 : Outlook 2010 にアップグレードをする

Microsoft Outlook 2010 では、Exchange アカウントを複数利用できる機能が追加されており、複数のトランスポート プロバイダが設定されている環境においても、キャッシュモードが無効で、Outlook 2010 を起動していない場合にも、[指定日時以降に配信] が有効に機能するように改善されています。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。  

詳細

問題の再現手順

  1. 以下の URL より Microsoft Office Outlook 用会議アドインをインストールします。

    Download the Conferencing Add-in for Microsoft Office Outlook
    http://office.microsoft.com/ja-jp/help/HA102368901033.aspx?pid=CL100605171033
  2. キャッシュモード オフ (オンラインモード) で Outlook のプロファイルを作成します。
  3. Outlook 2003 または Outlook 2007 を起動します。
  4. Microsoft Office Outlook 用会議アドインのインストールが成功したらダイアログ ボックスが表示されるので、Outlook を再起動します。
  5. Outlook が起動したら、[ツール] メニーをクリックし [アカウント設定] をクリックします。
  6. [Live Meeting Transport] が追加されていることを確認します。
  7. [新規作成] をクリックし、[メッセージ] をクリックして、メールを作成します。
  8. [オプション] をクリックし [配信タイミング] をクリックします。
  9. [プロパティ] 画面で、[指定日時以降に配信] のチェック ボックスをオンにし、配信日時を指定して [閉じる] をクリックします。
  10. [送信] のボタンをクリックしてメールを送信します。
  11. Outlook を終了します。
  12. 以下のエラーメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    Microsoft Office Outlook 送信トレイに未配信のメールがあります。

    メッセージを送信するには、Outlook が電子メール サーバーに接続された状態で実行していなければなりません。

    このまま終了してもよろしいですか?

    nn 秒後に終了します。

結果

メールは送信されずに、Outlook が終了します。
プロパティ

文書番号:2486261 - 最終更新日: 2016/10/04 - リビジョン: 1

フィードバック