マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ: MHTML の脆弱性により、情報漏えいが起こる

はじめに

マイクロソフトでは、この問題に関して、IT 担当者向けのマイクロソフト セキュリティ アドバイザリをリリースしました。セキュリティ アドバイザリには、この問題に関連する追加のセキュリティ関連の情報が含まれています。セキュリティ アドバイザリを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
この問題を解決するには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する

セクションに記載されている Fix it ソリューションは、セキュリティ更新プログラムに代わるものではありません。常に、最新のセキュリティ更新プログラムをインストールすることをお勧めします。ただし、一部の状況用に、回避策オプションとしてこの Fix it ソリューションを提供します。

この回避策の関連情報については、次のマイクロソフト セキュリティ アドバイザリの Web ページを参照してください。 アドバイザリでは、以下で問題に関する詳細が記載されています。
  • 回避策を適用または無効にする状況。
  • 回避策を手動で適用する方法。
具体的に、この情報を表示するには、[問題を緩和する要素] 見出しおよび [推奨される回避方法] 見出しを展開します。




この Fix it ソリューションを有効または無効にするには、[有効にする] 見出しの下または [無効にする] 見出しの下の [この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。
有効にする無効にする
MHTML をロックダウンするにはMHTML のロックダウンを元に戻すには
注:
  • これらのウィザードは英語版のみとなります。自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 操作しているコンピューターに問題がない場合、自動的な解決をフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。
プロパティ

文書番号:2501696 - 最終更新日: 2011/05/18 - リビジョン: 1

フィードバック