Microsoft Dynamics CRM 4.0 から Microsoft Dynamics CRM 2011 にアップグレードした後、すべてのグリッド、フォーム上のリボンに、ISV のタブが表示されています。

現象

Microsoft Dynamics CRM 4.0 から Microsoft Dynamics CRM 2011 にアップグレードするすべてのグリッド、フォーム上のリボンに、ISV のタブが表示されます。

原因

ISV 構成ファイルはシステムをアップグレードすると、リボンに移行するため、この現象が発生します。このファイルには、次の XML データ構造があります。
<TabDisplayRules> <TabDisplayRule TabCommand="Mscrm.Isv.Global">
<PageRule Address="*" />
</TabDisplayRule >
</TabDisplayRules >

解決策

これは仕様による動作です。

RibbonDiffXml 部分、システムの要件を満たすために PageRule を設定するのには Customizations.xml ファイルを更新できます。

詳細

リボンをカスタマイズする方法と RibbonDiffXml 部品を操作する方法については、Microsoft Dynamics CRM 2011 ソフトウェア開発キット (SDK) を参照してください。

Microsoft Dynamics CRM 2011 SDK をダウンロードするには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

Microsoft Dynamics CRM 2011 SDK の詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号:2501761 - 最終更新日: 2017/01/31 - リビジョン: 1

Microsoft Dynamics CRM 2011, Microsoft Dynamics Live CRM Professional Edition

フィードバック