コメント、会議の返信のメッセージは、不足している Exchange Server 2010 環境での会議出席依頼を辞退する場合

適用対象: Exchange Server 2010

現象


次のような状況で問題が発生します。
  • SMTP プロトコルであるか、または POP3 プロトコルを使用して Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 1 (SP1) サーバーに接続するには、Microsoft Outlook 2010 を使用します。
  • 、会議出席依頼を辞退して、コメントを入力して送信する前に応答を編集するオプションをクリックします。
  • 会議出席依頼の開催者、会議の返信が表示されます。
シナリオでは、応答メッセージのコメントは、メッセージの本文に表示されません。 、可能性のある会議の開催者に、会議出席拒否へのコメントは、通常、招待者が会議に出席できない理由の理由を提供します。  注: Exchange Server 2010 SP1 サーバーにこれらのメッセージを送信し、Outlook の API 関数を使用して、MAPI メッセージを MIME オブジェクトに変換する場合、開発者はこの問題を発生も可能性があります。

原因


この問題は、会議の開催者に会議の返信のコメントのプロパティが正しく無視されるために発生します。 要求のコメント (RFC) 2446 に基づいて、コメントのプロパティの処理でシナリオの上。

解決方法


この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。
2579150 Exchange Server 2010 Service Pack 1 の更新プログラムのロールアップ 4 について

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報


RFC 2446 iCalendar のトランスポートに依存しない相互運用性プロトコルの詳細については、次の web サイトをクリックします。POP3 および IMAP4 のプロトコルの詳細については、次のマイクロソフト web サイトをクリックします。