SharePoint Server 2010 でクレーム ベース認証の Web アプリケーションを作成して Web サイトの認証設定を IIS マネージャーから確認すると、警告メッセージが表示される

適用対象: SharePoint Server 2010Microsoft SharePoint Foundation 2010

現象


Microsoft SharePoint Server 2010 で、クレーム ベース認証の Web アプリケーションを作成し、作成された Web サイトの認証設定を IIS マネージャーから確認すると、以下の警告メッセージが表示されます。

チャレンジ ベースの認証とログイン リダイレクト ベースの認証の両方を同時に使用することはできません。

このメッセージは、IIS Web サイト上で Windows 認証とフォーム認証の両方が有効になっている場合に表示されますが、このメッセージが表示されることによる動作への影響はありません。

詳細


クレーム ベース認証の Web アプリケーションを SharePoint から作成すると、IIS 上に作成された Web サイトでは既定でフォーム認証が有効化されますが、この認証設定は変更しないことをお勧めします。認証設定でフォーム認証の設定を無効化した場合、以下のような現象が発生する可能性があります。
  • SharePoint Designer 2010 から SharePoint サイトにアクセスすると、認証ダイアログが表示され、正しい認証情報を入力してもアクセスできません。
  • リストのビューを作成したり、リストアイテムを削除したりすると、以下のいずれかのエラー メッセージがページ上に表示されます。

    アクセス拒否


    このページのセキュリティの検証は正しくありません。お使いのWebブラウザーにある[戻る]ボタンをクリックし、ページを最新の状態に更新してから、操作をやり直してください。

問題の再現手順

  1. サーバーの全体管理サイトにアクセスし、[アプリケーション構成の管理] セクションの [Web アプリケーションの管理] をクリックします。
  2. [新規] をクリックします。
  3. [認証] セクションで [クレーム ベース認証] をクリックします。
  4. その他必要な設定を行い、[OK] をクリックして Web アプリケーションを作成します。
  5. Web フロントエンド サーバーで IIS マネージャーを起動し、左ペインで作成したサイト名をクリックします。
  6. 中央ペインで [IIS] セクションの [認証] をクリックします。
  7. [フォーム認証] が有効化されていることを確認します。

結果

右ペインに、以下の警告メッセージが表示されます。

チャレンジ ベースの認証とログイン リダイレクト ベースの認証の両方を同時に使用することはできません。