FIX「例外 0xc0000005 参照」および SQL Server 2008 R2 がクラッシュしたとき、SQL Server 拡張イベント セッションを開始する

適用対象: SQL Server 2008 R2SQL Server 2008 R2 Service Pack 1

マイクロソフトでは、1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server の 2008 R2 の修正プログラムを配布します。 修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。

現象


次のような状況で問題が発生します。
  • Microsoft SQL Server の 2008 R2 では、SQL Server 拡張イベント セッションを起動します。
  • Xeventセッションで大文字小文字を区別データベースでイベントにバインドされているアクションを実行するとします。
このシナリオでは、SQL Server がクラッシュすると、最小ダンプ ファイルが生成します。 さらに、次の例外は、SQL Server エラー ログ ファイルに記録されます。
例外 0xc0000005 参照

解決方法


累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2008 R2 Service Pack 1

この問題の修正プログラムは、SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 の累積的な更新 1 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2544793 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1
注: 求められのは、上記詳細がトラッカーに明確に文書化されているようにすることまでです。 ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。
2567616 ビルドの SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008 R2この修正プログラムの問題は、累積的な更新プログラム 7 で初めてリリースされました。SQL Server 2008 R2 でこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックして:
2507770 SQL Server 2008 R2 の累積的な更新プログラム パッケージ 7
注: 求められのは、上記詳細がトラッカーに明確に文書化されているようにすることまでです。 ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。
981356 ビルドの SQL Server 2008 R2 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細情報


SQL Server 拡張イベント セッションの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。