SharePoint 2010: イベント ID 6801 にユーザー プロファイルの同期が失敗した場合します。

適用対象: SharePoint Server 2010

現象


SharePoint Server 2010 では、プロファイルの同期 (Forefront ユーザー マネージャーを使用して) を実行しています。プロファイルの同期に失敗し、同期サーバー (イベント ID 6801) のイベント ログに次のエラーが記録されます。

ログ名: アプリケーション
ソース: FIMSynchronizationService
イベント ID: 6801
タスク カテゴリ: サーバー
レベル: エラー
キーワード: クラシック
説明:
拡張可能な拡張機能ではサポートされていないエラーが返されます。
スタック トレースは次のとおりです。

"System.Reflection.TargetInvocationException: 呼び出しのターゲットによって例外がスローされました。---> Microsoft.Office.Server.UserProfiles.UserProfileApplicationNotAvailableException: ユーザー プロファイル アプリケーション要求を処理できます。ファーム管理者に問い合わせてください。
Microsoft.Office.Server.UserProfiles.ProfileManagerInstance.GetApplicationProxy() で
Microsoft.Office.Server.UserProfiles.ProfileImportExportService.GetPartitionIds() で
------内部例外のスタック トレースの終了
System.RuntimeMethodHandle._InvokeMethodFast (対象のオブジェクト、オブジェクトの引数が SignatureStruct と sig、MethodAttributes methodAttributes、RuntimeTypeHandle typeOwner) で
System.Reflection.RuntimeMethodInfo.Invoke (オブジェクト obj、BindingFlags invokeAttr、バインダー バインダー、オブジェクトのパラメーター、カルチャの CultureInfo、ブール値の skipVisibilityChecks) で
System.Reflection.RuntimeMethodInfo.Invoke (オブジェクト obj、BindingFlags invokeAttr、バインダー バインダー、オブジェクトのパラメーター、カルチャの CultureInfo) で
Microsoft.Office.Server.WebServiceDirectProxy.WebMethodInfo.Invoke (webServiceInstance のオブジェクト、オブジェクトの引数) に
Microsoft.Office.Server.WebServiceDirectProxy.Invoke (文字列の methodName、オブジェクトの引数) に
Microsoft.Office.Server.UserProfiles.ManagementAgent.ProfileImportExportDirect.GetPartitionIds() で
で Microsoft.Office.Server.UserProfiles.ManagementAgent.ProfileImportExportExtension.Microsoft.MetadirectoryServices.IMAExtensibleFileImport。
GenerateImportFile (文字列のファイル名、文字列フォントサーバが接続待ち、文字列のユーザー、パスワードの文字列、ConfigParameterCollection configParameters、ブール値の fFullImport、TypeDescriptionCollection 型、文字列と customData)
Forefront ユーザー マネージャーの 4.0.2450.11」

イベントの Xml:
< イベント xmlns ="http://schemas.microsoft.com/win/2004/08/events/event">
<System>
< プロバイダー名 ="FIMSynchronizationService"/>
< イベント Id 修飾子「49152」を = > 6801 </イベント Id >
<Level>2</Level>
<Task>3</Task>
<Keywords>0x80000000000000</Keywords>
< TimeCreated SystemTime ="[日付と時刻] T20:30:12.000000000Z"/>
<EventRecordID>42502</EventRecordID>
<Channel>Application</Channel>
<Computer>ComputerName</Computer>
< セキュリティ/>
</System>
<EventData>
< データ > System.Reflection.TargetInvocationException: 呼び出しのターゲットによって例外がスローされました。---& gt;Microsoft.Office.Server.UserProfiles.UserProfileApplicationNotAvailableException: ユーザー プロファイル アプリケーション要求を処理できます。ファーム管理者に問い合わせてください。
Microsoft.Office.Server.UserProfiles.ProfileManagerInstance.GetApplicationProxy() で
Microsoft.Office.Server.UserProfiles.ProfileImportExportService.GetPartitionIds() で
------内部例外のスタック トレースの終了
System.RuntimeMethodHandle._InvokeMethodFast (対象のオブジェクト、オブジェクトの引数が SignatureStruct と sig、MethodAttributes methodAttributes、RuntimeTypeHandle typeOwner) で
System.Reflection.RuntimeMethodInfo.Invoke (オブジェクト obj、BindingFlags invokeAttr、バインダー バインダー、オブジェクトのパラメーター、カルチャの CultureInfo、ブール値の skipVisibilityChecks) で
System.Reflection.RuntimeMethodInfo.Invoke (オブジェクト obj、BindingFlags invokeAttr、バインダー バインダー、オブジェクトのパラメーター、カルチャの CultureInfo) で
Microsoft.Office.Server.WebServiceDirectProxy.WebMethodInfo.Invoke (webServiceInstance のオブジェクト、オブジェクトの引数) に
Microsoft.Office.Server.WebServiceDirectProxy.Invoke (文字列の methodName、オブジェクトの引数) に
Microsoft.Office.Server.UserProfiles.ManagementAgent.ProfileImportExportDirect.GetPartitionIds() で
で Microsoft.Office.Server.UserProfiles.ManagementAgent.ProfileImportExportExtension.Microsoft.MetadirectoryServices.IMAExtensibleFileImport。
GenerateImportFile (文字列のファイル名、文字列フォントサーバが接続待ち、文字列のユーザー、パスワードの文字列、ConfigParameterCollection configParameters、ブール値の fFullImport、TypeDescriptionCollection 型、文字列と customData)
Forefront ユーザー マネージャー 4.0.2450.11 </データ >
</EventData>
</Event>

原因


この問題は、ユーザー プロファイル サービス アプリケーションのプロキシが破損または削除される場合に発生する可能性があります。

解決策


この問題を解決するために削除し、次の Powershell コマンドを使用してユーザー プロファイル サービス アプリケーション プロキシを再作成します。

  1. ユーザー プロファイル サービス アプリケーション プロキシを削除します。
    $proxy = Get-SPServiceApplicationProxy | where {$_.typename -eq "User Profile Service Application Proxy"}
    Remove-SPServiceApplicationProxy -Identity $proxy -confirm:$false
  2. ユーザー プロファイル サービス アプリケーション プロキシを作成します。
    $upa = Get-SPServiceApplication | where {$_.name -eq "<name here>"}
    New-SPProfileServiceApplicationProxy -Name <proxyName> -Uri $upa.uri.absoluteURI
新しいユーザー プロファイル サービス アプリケーション プロキシを既存の web アプリケーションに関連付ける

Microsoft SharePoint Server 2010 のサービス アプリケーションを作成するサービス アプリケーションの接続が作成されます。サービス アプリケーション接続は、アプリケーション プロキシとも呼ばれます。サービス アプリケーション接続は、サービス アプリケーション接続グループ(アプリケーション プロキシ グループとも呼ばれます) 内のメンバーシップを使用して Web アプリケーションにサービス アプリケーションを関連付けます。

追加したり、サーバーの全体管理を使用するか、Windows PowerShell 2.0 コマンドレットを使用して、サービス アプリケーション接続グループにサービス アプリケーション接続を削除することができます。
  1. サーバーの全体管理を使用してサービス接続グループを編集するには
    • この手順を実行しているユーザー アカウントは、ファーム管理者 SharePoint グループのメンバーであることを確認します。
    • サーバー全体管理のホーム] ページで、アプリケーションの管理] をクリックします。
    • アプリケーションの管理] ページの [サービス アプリケーション] セクションで [サービス アプリケーションの関連付けの構成] をクリックします。
    • [サービス アプリケーションの関連付け] ページで、[表示] ドロップ ダウン メニューからWeb アプリケーションを選択します。
    • アプリケーション プロキシ グループ] 列で、Web アプリケーションの一覧で、変更するサービス アプリケーション接続グループの名前をクリックします。
    • グループにサービス接続を追加するには、接続グループに追加するサービス アプリケーションの横にあるチェック ボックスを選択します。接続グループからサービス アプリケーション接続を削除するには、サービス アプリケーション接続グループから削除する] チェック ボックスをオフにします。とき[ok]をクリックして、必要な変更を加えた。

    注: サーバー全体管理のホーム ページからWeb アプリケーションの管理をクリックすると、一覧表示されている Web アプリケーションを選択すると、リボンの [サービスへの接続をクリックして、カスタム サービス アプリケーション接続グループを変更することもできます。ただし、このページで既定のサービス アプリケーション接続グループを変更できません。
  2. Windows PowerShell を使用して、サービス アプリケーション接続グループにサービス アプリケーション接続を追加するのには
ファーム管理者の資格情報を使用して SharePoint 管理シェルを開きし、次の PowerShell コマンドを実行します。
Add-SPServiceApplicationProxyGroupMember [-Identity <the service application proxy group>] [-Member <members to add to the service application proxy group>]
追加またはサービス アプリケーション接続グループにサービス アプリケーション接続を削除する方法については、追加または削除する Web アプリケーション (SharePoint Server 2010) へのサービス アプリケーション接続を参照してください。