Forefront Client Security 2011 年 3 月の更新を使用するときに更新をインストールしてシャット ダウンを適用した後に、ウイルス対策エージェントが削除されます。


現象


Windows インストールを使用して更新し、Forefront クライアント セキュリティを適用する機能をシャット ダウンするで Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行中のクライアント セキュリティのウイルス対策エージェントを削除する場合があります 2011 年 3 月のウイルス対策の更新プログラムの次の資料に記載されています。

2508823 forefront Client Security のマルウェア対策クライアント更新プログラム: 2011 年 3 月

%ProgramFiles%\Microsoft Forefront\Client の Security\Client\Logs\mp_ambits.logでは一般に、更新プログラムのインストール ログ ファイルには、ような情報が含まれているの下。
MSI (s) (90:84) [14:44:28:764]: 製品: Microsoft Forefront クライアント セキュリティのウイルス対策サービス - エラー 1923。サービス Microsoft Forefront クライアント セキュリティのウイルス対策サービス '' (FCSAM) をインストールできませんでした。システム サービスをインストールするための十分な特権があることを確認します。MSI (s) (90:84) [14:44:28:951]: 実行中のオペレーション数: ActionStart(Name=ExecSecureObjects,,)

MSI (s) (90:84) [14:44:29:013]: 実行中の op: CustomActionSchedule(Action=ExecServiceConfig,ActionType=3073,Source=BinaryData,Target=ExecServiceConfig,CustomActionData=FCSAM restart restart none 1 15) MSI (s) (90:50) [14:44:29:013]: リモートのカスタム アクションを呼び出します。DLL: C:\Windows\Installer\MSI255E.tmp、エントリ ポイント: ExecServiceConfig ExecServiceConfig: エラー 0x80070430: サービスの構成を変更することはできません。エラー: 指定されたサービスは削除にマークされています。

このような場合は、セキュリティ状態の Assessment(SSA) および Microsoft オペレーション マネージャー コンポーネントが、インストールされたままにします。

原因


マイクロソフトでは、Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 で実行するときに Forefront Client Security エージェントの問題を確認しましたか、更新プログラムをインストールするのには、Windows 機能の「更新プログラムのインストールし、シャット ダウン」と、2011 年 3 月の更新プログラムに正しくアップグレードされないように Windows Server 2008 R2 を使用します。

: 現象"エラー: 指定されたサービスが削除対象としてマークされている"さまざまな原因のためにも発生する可能性があります。

回避策


問題を回避します。
  • WSUS 管理者が拒否または KB2508823 インストールの承認
  • KB2508823 をインストールする「更新プログラムをインストールしてシャット ダウン」は避けてください。 これは、によって達成することがあります。
    • 管理者ユーザーに推奨
    • 自動更新グループ ポリシーの適用:コンピューター構成 \ 管理用テンプレート]、[Windows コンポーネント]、[Windows 更新プログラムには表示されない更新をインストールしてシャット ダウン' Windows のシャット ダウン] ダイアログ ボックスでオプション
    • KB2508823 WSUS の期限は、更新プログラムのインストールこれにより、インストールがすぐに起動されます。WSUS の期限の詳細については、TechNet の記事の更新期限があるクライアントの動作を参照してください。

問題の修正

詳細情報を参照してください Microsoft の更新および WSUS での自動修正は、以下のセクションです。



手動で修正は、いくつかのオプション
  • KB2508823 を手動でインストールをダウンロードしています。資料の修正プログラム情報セクションでの手順がある: http://support.microsoft.com/kb/2508823
  • WSUS の [Microsoft Forefront クライアント セキュリティ (1.0.1728.0) のクライアントの更新] で承認し、Microsoft Forefront Client Security (1.0.1736.0) (2508824) の 3 月の update(KB2508823) と、クライアント用更新プログラムの両方を拒否します。これは、次の自動更新の検出とインストールは、次のサイクルで後に以前のウイルス対策エージェントを再展開します。
  • 「クライアント更新プログラムの Microsoft Forefront クライアント セキュリティ (1.0.1736.0) の」スリップ ストリームの更新プログラムを承認します。
    NOTE: 場合によってはこれは失敗します 0x666 と ERROR_PRODUCT_VERSION
    スリップ ストリームをインストールする ERROR_PRODUCT_VERSION のエラーが表示される場合は、SSA をアンインストールすることができ、作業を可能にする必要があります。

状況


マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細


修正は、2011 年 3 月、Forefront Client Security のインストールに関する問題が発生したコンピューターの更新のマイクロソフトから利用できるようになりました。修正プログラムは、次の資料に記載されている 2011 年 3 月の更新プログラムを再展開する方法でこれらのコンピューターを修正するように設計された、新しいソフトウェア更新プログラム パッケージです。
2508823 forefront Client Security のマルウェア対策クライアント更新プログラム: 2011 年 3 月

この修正プログラムは、Microsoft update および Windows Server Update Services (WSUS) から利用できます。更新プログラムでは、次の条件を使って、2011 年 3 月の更新プログラムを適用するかどうかを決定します。すべての条件が満たされた場合は、更新プログラムがインストールされます。

  1. Forefront クライアント セキュリティ状態評価 (SSA) エージェントをインストールします。
  2. Forefront クライアント セキュリティのウイルス対策エージェントがインストールされていません。
  3. 特定のウイルス対策エージェントのレジストリ キーが存在します。
  4. コンピューターのオペレーティング システムは、Vista、Windows Server 2008、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 です。
この修正プログラムは、アップグレードの失敗の非常に特定のケースのみを修正するものです。扱わないをインストールするのにはアップグレードが失敗する可能性があります多くの技術的な理由があります。例には、レジストリの破損、Windows インストーラーのリポジトリの問題、または当社が制御できない外部のプロセスによって保持されているバイナリが含まれます。追加する必要がある場合支援、サポート担当者に問い合わせるかしてくださいhttp://support.microsoft.com/ph/12632を参照してください。