Excel 2007 条件付き書式をコピーした場合、以前より条件付き書式が増加する

現象

条件付き書式を含む .xls 形式のブックを Excel 2007 以降で開くと、状況により条件付き書式が複数作成されます。

原因

以前の Excel 2003 までは、条件付き書式が 3 個までしか設定できません。
このため、選択した範囲に全て同じ条件付き書式が設定されている場合には、1 つのルールとしてまとめて管理されます。
Excel 2007 以降は、条件付き書式の制約をなくしたため、範囲ごとにルールが保持されます。
この影響を受け、意図しない数の条件付き書式が作成される場合があります。

また、この意図しない条件付き書式の処理によって、動作が遅くなる場合があります。

回避策

条件付き書式の増加により動作が遅くなった場合、 以下の手順で条件付き書式を削除後、条件付き書式を再度設定します。

  1. [ホーム] タブの [ルールのクリア]-[シート全体からルールをクリア] を選択します。
  2. 同じ条件を設定するセルを適宜選択し、条件付き書式を設定します。

状況

この動作は仕様です。

詳細

問題の再現手順
  1. Excel 2003 を起動します。
  2. 新規ブックの A1:A15 に数字を入力後、範囲選択します。
  3. [書式]-[条件付き書式] を選択し、適宜条件付き書式を設定します。
  4. A5 と A10 のセルを選び、[編集]-[クリア]-[すべて] を選択します。
  5. A1:A15 を範囲選択し、[書式]-[条件付き書式] を選択します。
  6. 条件が 1 つしかないことを確認後、"キャンセル" をクリックします。
  7. ブックを保存し、 保存したブックを Excel 2007 または Excel 2010 で開きます。
  8. A1 のセルをコピーし、A5 と A10 のセルに貼り付けます。
  9. A1:A15 を範囲選択し、[ホーム] タブの [条件付き書式]-[ルールの管理] を選択します。 

結果
条件付き書式が 複数表示されます。


関連情報

貼り付け、フィル、および書式のコピー/貼り付けが条件付き書式のルールに及ぼす影響に関しましては、以下の資料をご参照ください。

条件付き書式のルールの優先順位を管理する - Excel - Microsoft Office
http://office.microsoft.com/ja-jp/excel-help/HA010074373.aspx
プロパティ

文書番号:2537195 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック