初心者でもわかる! IE でアドオンを無効にする


アドオンを無効にしてみる (概要)


IE の機能を拡張するアドオン機能が、正常な表示の障害になることもある





アドオンは、Internet Explorer の機能を拡張するためのプログラムのことです。アドオンを使うことで、独自のツール バーを追加したり、標準状態の Internet Explorer では表示できない動画やアニメーションを再生できるようにしたりします。アドオンは、パソコン購入時から登録されていることもあれば、何かのアプリケーションをインストールする際に同時に Internet Explorer に組み込まれることもあります。しかし通常はアドオンが、Internet Explorer の動作に悪い影響を与えることはありません。
アドオンによって追加されたツールバー

しかしまれにアドオンが、Internet Explorer の動作に影響を与えることがあります。その結果として、Web ページが表示されなくなったり、Internet Explorer が起動しなくなったり、動作が遅くなったりするのです。この場合は、原因となるアドオンを無効にすることで解決します。


アドオン無効後に必要なアドオンは再度インストール



無効後に必要なアドオンがあれば改めてインストールして構いません。また、アドオンを必要とする Web ページにアクセスしたときは、該当するアドオンをインストールするようメッセージが表示されますので、画面に従ってインストールできます。

次のページでは、アドオンが問題の原因かどうかを確認する手順を説明します。アドオンにトラブルの原因があると判断できる場合は、手順にしたがってアドオンを無効にしてください。

「無効にする前にアドオンが原因かを確認する」に進む