Windows 7 または Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 をインストールした後、イベント ID 10 がアプリケーション ログに記録されます。

適用対象: Windows 7 EnterpriseWindows 7 Enterprise NWindows 7 Home Basic 詳細

現象


Windows 7 Service Pack 1 (SP1) をインストールするか、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) 統合されたメディアを使用して、次の WMI エラーが表示ことがありますはログに記録アプリケーション ログにすべての再起動: ログ名 - ApplicationSource - WMIEventID - 10Level - 後ErrorUser - N/AOpCode ・ InfoTask 猫 - NoneKeywords - ClassicDetails - イベント クエリ フィルター」を選択 * 60 WHERE TargetInstance ISA"Win32_Processor"と TargetInstance.LoadPercentage 内の __InstanceModificationEvent から > 99」ができませんでした。0x80041003 のエラーのため、"//./root/CIMV2"の名前空間で再アクティブ化します。問題が修正されるまで、このフィルターによってイベントを配信できません。

原因


これは Windows 7 SP1 の DVD または ISO 作成プロセスで発生します。DVD または ISO のままにするには WMI の登録の原因となった作成プロセスで問題が発生しました。登録は、DVD または ISO 作成プロセス中にのみ機能するよう設計されています、稼働中のシステム上で実行に失敗して、これらのイベントが発生します。これらのイベントは、システム内の問題を示唆していないし、安全に無視することができます。ただしこれらのイベントが生成されることを防止し、この特定の WMI 登録を手動で削除をする場合は、回避策のスクリプトを実行するためには、この資料に記載されている手順に従ってください。

解決策


問題を解決するには、イベント ID の 10 メッセージを停止するためのスクリプトを実行します。 スクリプトに実行するには、これらの手順: 1) には、メモ帳では、Workaround.txt2 をという名前の新しいドキュメントを作成)、次のスクリプトをメモ帳にコピーstrComputer ="."ObjWMIService の設定 = GetObject ("して:"_&"{留意 = 偽装}! \\"_& strComputer &"\root\subscription")Obj1 を設定 = objWMIService.ExecQuery ("選択 * __eventfilter から、名前 = 'BVTFilter' とクエリ =' 選択 * __InstanceModificationEvent 内で 60、TargetInstance ISA""Win32_Processor""と TargetInstance.LoadPercentage から > 99'」)Obj1 では、各 obj1elem のの設定 obj2set = obj1elem。Associators_("__FilterToConsumerBinding")obj3set の設定 = obj1elem。References_("__FilterToConsumerBinding")obj2set では、各 obj2 の 「オブジェクトを削除する」WScript.echo WScript.echo obj2 を。GetObjectText_ obj2。Delete_obj3set では、各 obj3 の 「オブジェクトを削除する」WScript.echo WScript.echo obj3 のです。GetObjectText_ obj3。Delete_WScript.echo obj1elemWScript.echo を「オブジェクトを削除する」のです。GetObjectText_obj1elem。Delete_3) テキストを Workaround.vbs4 として保存) 閉じる Notepad5)、管理者特権のコマンド prompta を開きます。 Startb をクリックします。 Programsc をクリックします。 コマンド Promptd を右クリックします。 Administrator6 として実行] を選択) を含んでいる 1 つの workaround.vbs ディレクトリを変更します: (例 CD c:\users\%username%7) 実行の cscript workaround.vbsAfter スクリプトを実行するこのイベントに関連するイベント ID の 10 のエラーが発生しているを停止する必要があります。 これは削除されません、既存のエントリのいずれかのイベント ログは必要なアプリケーション イベント ログを手動でクリアします。注: イベント ID の 10 のエラー メッセージの他の理由が存在することができます、これが発生してから上記のエラー メッセージに与えるようにするだけです。

詳細情報


イベント ID 10 エラー メッセージ上の一覧には、安全に無視され、これはサービス パックまたはオペレーティング システムの問題を示唆しています。