修正プログラム: HTTPS 検査を有効にし、HTTPSiClientProtocols を設定する場合は、TLS v1.0 をサポートしていない web サイトにアクセスすることはできません。

適用対象: Forefront Threat Management Gateway 2010 EnterpriseForefront Threat Management Gateway 2010 Standard

現象


次のような状況で問題が発生します。
  • Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ (TMG) 2010 環境では、HTTPS 検査を有効にします。
  • HTTPSiClientProtocols定数の SE_VPS_VALUE値を設定するには160にします。982876、マイクロソフト サポート技術情報の記事でこの値が記載されています。
  • TLS v1.0 をサポートしていない HTTPS の web サイトにアクセスしようとするとします。
このシナリオでは、web サイトにアクセスすることはできません。

原因


TMG 2010 が TLS を提供する「こんにちは」メッセージをクライアントに送信されるため、問題が発生します。ただし、web サーバーが TLS をサポートしていないため、メッセージを拒否し、接続を閉じます。このシナリオでは、クライアント通常に戻ります SSL v3.0。ただし、TMG はありません SSL v3.0 に HTTPS 検査を有効にします。

解決方法


この問題を解決するには、次の資料、マイクロソフト サポート技術情報に記載されているソフトウェア更新プログラムをインストールします。
2517957ソフトウェア アップデート 1 プログラムのロールアップ 4 については、Forefront 脅威管理ゲートウェイ (TMG) 2010 Service Pack 1
この修正プログラムを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. メモ帳を起動します。
  2. コピーし、次のスクリプトをメモ帳に貼り付けます。
    '''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''' Copyright (c) Microsoft Corporation. All rights reserved.' THIS CODE IS MADE AVAILABLE AS IS, WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND. THE ENTIRE' RISK OF THE USE OR THE RESULTS FROM THE USE OF THIS CODE REMAINS WITH THE' USER. USE AND REDISTRIBUTION OF THIS CODE, WITH OR WITHOUT MODIFICATION, IS' HEREBY PERMITTED.''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''' This script disables the use of old client protocols like PCT and SSLv2''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''Const SE_VPS_GUID = "{143F5698-103B-12D4-FF34-1F34767DEabc}"Const SE_VPS_NAME = "HTTPSiDontUseOldClientProtocols"Const SE_VPS_VALUE = TRUESub SetValue()    ' Create the root object.    Dim root    ' The FPCLib.FPC root object    Set root = CreateObject("FPC.Root")    'Declare the other objects that are needed.    Dim array       ' An FPCArray object    Dim VendorSets    ' An FPCVendorParametersSets collection    Dim VendorSet    ' An FPCVendorParametersSet object    Set array = root.GetContainingArray    Set VendorSets = array.VendorParametersSets    On Error Resume Next    Set VendorSet = VendorSets.Item( SE_VPS_GUID )    If Err.Number <> 0 Then        Err.Clear        ' Add the item.        Set VendorSet = VendorSets.Add( SE_VPS_GUID )        CheckError        WScript.Echo "New VendorSet added... " & VendorSet.Name    Else        WScript.Echo "Existing VendorSet found... value- " &  VendorSet.Value(SE_VPS_NAME)    End If    if VendorSet.Value(SE_VPS_NAME)  <>  SE_VPS_VALUE Then        Err.Clear        VendorSet.Value(SE_VPS_NAME) = SE_VPS_VALUE        If Err.Number <> 0 Then            CheckError        Else            VendorSets.Save false, true            CheckError            If Err.Number = 0 Then                WScript.Echo "Done with " & SE_VPS_NAME & ", saved!"            End If        End If    Else        WScript.Echo "Done with " & SE_VPS_NAME & ", no change!"    End IfEnd SubSub CheckError()    If Err.Number <> 0 Then        WScript.Echo "An error occurred: 0x" & Hex(Err.Number) & " " & Err.Description        Err.Clear    End IfEnd SubSetValue
  3. .Vbs ファイル名の拡張子を使用してメモ帳ファイルを保存します。このファイルを保存すると、たとえば、次の名前を使用します。
    EnableHTTPSiDontUseOldClientProtocols.vbs
  4. コマンド プロンプトでスクリプトを実行します。たとえば、スクリプトを実行するのには次の構文を使用します。
    cscript.exe EnableHTTPSiDontUseOldClientProtocols.vbs

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。