MS11-036: PowerPoint の脆弱性がリモートでコードが実行できます: 2011、月 10

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS11 036 をリリースしました。セキュリティ情報の詳細を表示するには、いずれか、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

ヘルプとサポートでは、このセキュリティ更新プログラムを入手する方法

ホーム ユーザーの場合は、無料のサポートは、か、各国のマイクロソフトに連絡して呼び出し 1 まで、アメリカ合衆国とカナダでは、利用可能です。各国のマイクロソフトのセキュリティ更新プログラムのサポートに関する問題への問い合わせ方法の詳細については、マイクロソフト インターナショナル サポートの web サイトを参照してください。北米地域のお客様は、次のマイクロソフト web サイトにアクセスして、インスタントへのアクセス、無制限の無料電子メール サポートまたは無制限の個別チャット サポートも取得できます。 セキュリティ更新プログラムは、通常のサポート窓口を通じて利用可能なエンタープライズ規模のお客様をサポートします。

このセキュリティ更新プログラムの詳細については、

既知の問題」および「このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報

個々 の製品のバージョンに関連する、このセキュリティ更新プログラムの詳細については、次の記事を含みます。既知の問題についての記事があります。このような場合は、既知の問題では、それぞれの下には、この記事へのリンクが一覧表示されます。
  • 2535818 MS11-036: 説明の PowerPoint 2007 セキュリティ更新プログラム: 2011 月 10日
  • 2540162 セキュリティ更新プログラムは、PowerPoint 2007 のコンバーターの MS11-036: 説明: 2011 月 10日
  • 2535812 PowerPoint 2003 セキュリティ更新プログラムの MS11-036: 説明: 2011 月 10日

    2535812 の既知の問題では、セキュリティの更新を次に示します。これらの既知の問題の詳細については、「セキュリティの 2535812 を更新する」を参照してください。
    • このセキュリティ更新プログラムを手動で適用すると、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
      この更新プログラムは既に適用されているか、既に適用されている更新プログラムに含まれています。
    • このセキュリティ更新プログラムは、Windows サーバー更新サービス (WSUS) または Microsoft ベースライン セキュリティ アナライザー (MBSA) を使用して、更新プログラムをスキャンする場合は、該当する場合表示されます。
    • 複数のマスターが、プランを持ち、保存した場合、適用後のファイルの更新 2464588、それを変更した後に固定するのには、プレゼンテーションが継続する可能性があります。
  • 2535802 PowerPoint 2002 セキュリティ更新プログラムの MS11-036: 説明: 2011 月 10日

    2535802 の既知の問題では、セキュリティの更新を次に示します。これらの既知の問題の詳細については、「セキュリティの 2535802 を更新する」を参照してください。
    • このセキュリティ更新プログラムをインストールした後、Microsoft Office XP プログラムを起動すると、マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意する必要があります。マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意しない場合は、Office XP プログラムを起動可能性があります。
    • このセキュリティ更新プログラムを手動で適用すると、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
      この更新プログラムは既に適用されているか、既に適用されている更新プログラムに含まれています。
    • このセキュリティ更新プログラムは、Windows サーバー更新サービス (WSUS) または Microsoft ベースライン セキュリティ アナライザー (MBSA) を使用して、更新プログラムをスキャンする場合は、該当する場合表示されます。
    • 複数のマスターが、計画があるし、セキュリティ更新プログラム 2464617 を適用した後、ファイルを保存する場合は、それを変更した後に固定するのには、プレゼンテーションを続行可能性があります。

プロパティ

文書番号:2545814 - 最終更新日: 2011/05/11 - リビジョン: 1

フィードバック