初心者でもわかる! Windows 7 の Windows Live メールへのメール移行術 : パターン 3 - ステップ 1

適用対象: Microsoft Office Outlook 2003Microsoft Office Outlook 2007

ステップ 1 : Windows XP パソコンで、Windows Live メール のメールデータを、ファイルとして保存する


作業の流れ図

保存用フォルダーの作成


最初に、メールデータを保存するためのフォルダーを作っておきます。このフォルダーにメール、アドレス帳、アカウントのデータを保存することになります。

  1. デスクトップを右クリック
  2. [新規作成] をクリック
  3. [フォルダ] をクリック

    [フォルダ] をクリック

  4. 新しいフォルダーができたことを確認

    新しいフォルダーができたことを確認
    上のようにフォルダー名が、青い背景に白抜き文字の状態のとき、キーボードから文字を入力すると、フォルダー名が書き換えられます。もしそうでないときは、フォルダーのアイコンを右クリックして、[名前の変更] をクリックしてください。
  5. 異なるフォルダー名を入力して、Enter を押す

    異なるフォルダー名を入力して、Enter を押す
    フォルダー名は、作業するユーザーが判別できれば、どのような名前でも構いません。ここでは [メール移行用] と付けています。

  6. フォルダー名が変更されたことを確認

    フォルダー名が変更されたことを確認

Windows Live メールの起動


  1. [スタート] ボタンをクリック
  2. [電子メール Windows Live メール] をクリック

    [電子メール Windows Live メール] をクリック

  3. Windows Live メールの起動を確認
  4. ▼ をクリック
  5. [メニューバーの表示] をクリック

    [メニューバーの表示] をクリック

    Windows Live メールは通常メニュー バーが隠されています。しかし保存の操作には メニュー バーを使いますので、表示しておきます。

  6. ツール バーの表示を確認

    ツール バーの表示を確認

メールの保存


これまで使っていた Windows Live メールで送受信していたメールのデータを、 「メール移行用」 フォルダーに保存します。
  1. [ファイル] をクリック
  2. [エクスポート] をクリック
  3. [メッセージ] をクリック

    [メッセージ] をクリック

  4. [Microsoft Windows Live メール] をクリック
  5. [次へ] をクリック

    [次へ] をクリック

  6. [参照] をクリック

    [参照] をクリック

  7. [メール移行用] をクリック
  8. [OK] をクリック

    [OK] をクリック

    この操作で、デスクトップに作った 「メール移行用」 というフォルダーを指定することになります。

  9. [次へ] をクリック

    [次へ] をクリック

  10. [すべてのフォルダー] をクリック
  11. [次へ] をクリック

    [次へ] をクリック

  12. [完了] をクリック

    [完了] をクリック
以上で、メールの保存は終了です。

アドレス帳の保存


アドレス帳のデータを 「メール移行用」 フォルダに保存します。この作業は、Windows Live メール を起動してから行います。
  1. [アドレス帳] をクリック

    [アドレス帳] をクリック

  2. アドレス帳が開いたことを確認

    アドレス帳が開いたことを確認

  3. [ファイル] をクリック
  4. [エクスポート] をクリック
  5. [カンマ区切り (CSV)] をクリック

    [カンマ区切り (CSV)] をクリック

  6. [参照] をクリック

    [参照] をクリック

  7. [デスクトップ] をクリック
  8. [メール移行用] をダブル クリック

    [メール移行用] をダブル クリック

    この操作で、デスクトップに作った 「メール移行用」 というフォルダーを指定することになります。

  9. [保存する場所] が 「メール移行用」 になっていることを確認
  10. [アドレス帳] と入力
  11. [保存] をクリック

    [保存] をクリック

  12. [次へ] をクリック

    [次へ] をクリック

  13. [×] をクリック

    [×] をクリック
    アドレス帳の画面を閉じます。

以上で、アドレス帳の保存は終了です。

アカウント設定の保存


メールを送受信するために必要なアカウントの設定情報を保存します。
  1. [ファイル] をクリック
  2. [エクスポート] をクリック
  3. [アカウント] をクリック

    [アカウント] をクリック

  4. 移行したいメールアカウントをクリック
    一覧に複数のアカウントが並んでいるときは、自分が使っているアカウントを選んでください。

  5. [エクスポート] をクリック

    [エクスポート] をクリック

  6. [デスクトップ] をクリック
  7. [メール移行用] をダブル クリック

    [メール移行用] をダブル クリック
    この操作で、デスクトップに作った 「メール移行用」 というフォルダーを指定することになります。

  8. [保存する場所] が 「メール移行用」 になっていることを確認
  9. [保存] をクリック

    [保存] をクリック

  10. [閉じる] をクリック

    [閉じる] をクリック

  11. [×] をクリック

    [×] をクリック
以上で、アカウント設定の保存は終了です。

保存したファイルの確認


デスクトップにある 「メール移行用」 フォルダーをダブル クリックして、中身を確認

保存したファイルの確認

以上で「メール移行用」 フォルダーには、メール、アドレス帳、アカウント設定の 3 つのデータが保存されました。
保存の作業後には、Windows Live メール でメールの送受信は行わないでください。新しく受信したメールは、新しいパソコンに移行されないからです。


ステップ 2 Windows XP パソコンで、メールデータを USB メモリーにコピーする に進みます。