Access 2010 で、Access 2000 で作成したピボットテーブルフォームで[ピボットテーブル オブジェクトの編集]をクリックするとメモリ不足エラー

適用対象: Access 2010

現象


Access 2010 で Access 2000 で作成したピボットテーブル フォームの [ピボットテーブルの編集] ボタンをクリックすると、以下のエラーが発生し Excel を起動してピボットテーブルの構成を変更することができません。

メモリ不足のため、ワークシート オブジェクトに対してオートメーションを実行できません。

回避策


Access 2010 でピボットテーブル フォームを作成し直します。

状況


マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

詳細


  • Access 2007 以前のバージョンで開いた場合は発生しません。
  • Access 2003 以降では Excel を起動しなくても構成変更を行うことができるようになり Access 2003 以降で作成したピボットテーブルフォームには [ピボットテーブルの編集] ボタンがないため、この現象は発生しません。