KB2576118-FIX: ssis 2008 R2 または SSIS 2008 で区切り記号が2文字で構成されている場合、SSIS はフラットファイルソースデータを転送しません。

適用対象: SQL Server 2008 Service Pack 3SQL Server 2008 R2 Service Pack 1SQL Server 2008 R2

Microsoft は、Microsoft SQL Server 2008 R2 の修正プログラムを1つのダウンロード可能なファイルとして配布します。 修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとに、以前の SQL Server 2008 R2 fix release に含まれていたすべての修正プログラムとセキュリティの修正プログラムが含まれています。
この記事は、次の製品に適用されます。
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 統合サービス
  • Microsoft SQL Server 2008 統合サービス

現象


次のような状況で問題が発生します。
  • コンピューターに Microsoft SQL Server 2008 R2 Integration Services (SSIS 2008 R2) または Microsoft SQL Server 2008 Integration Services (SSIS 2008) をインストールします。
  • SSIS パッケージを実行して、フラットファイルソースからデータを転送します。
  • フラットファイルソースでは、2つの文字で構成される区切り記号を使います。 たとえば、区切り記号として "{{" 文字を使用します。
  • フラットファイルソースに空の列が含まれています。
このシナリオでは、SSIS パッケージではフラットファイルソースデータは転送されません。

原因


この問題は、フラットファイルソースを解析するパーサーが区切り記号として不適切な文字を使用していることが原因で発生します。区切り記号が2文字で構成されていて、フラットファイルソースに空の列が含まれている場合、パーサーは区切り記号として不適切な文字を使用します。 たとえば、区切り記号を "{{{{" 文字に設定した後、最後の2文字ではなく中央の2文字が読み込まれます。 そのため、内部エラーが生成され、「現象」セクションで説明されている問題が発生します。

解決方法


累積的な更新プログラムの情報

累積更新プログラム 11 (SQL Server 2008 Service Pack 3)

この問題の修正プログラムは、累積更新プログラム11で最初にリリースされました。SQL Server 2008 Service Pack 3 用の累積更新プログラムパッケージの入手方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。
2834048 累積的な更新プログラムパッケージ 11 (SQL Server 2008 Service Pack 3)
注: ビルドは累積的であるため、それぞれの新しい修正プログラムには、以前の SQL Server 2008 Service Pack 3 fix release に含まれていたすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。
2629969 SQL Server 2008 Service Pack 3 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 ビルド

SQL Server 2008 R2 Service Pack 1

この問題の修正プログラムは、SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 の累積更新プログラム3で最初にリリースされました。この累積的な更新プログラムパッケージの入手方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。
2591748 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 の累積更新プログラムパッケージ3
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラムには、以前の SQL Server 2008 R2 fix release に含まれていたすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。
2567616 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 R2 ビルド

SQL Server 2008 R2

この問題の修正プログラムは、累積的な更新プログラムパッケージ9で最初にリリースされました。SQL Server 2008 R2 用の累積的な更新プログラムパッケージの入手方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。
2567713 SQL Server 2008 R2 の累積更新プログラムパッケージ9
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラムには、以前の SQL Server 2008 R2 fix release に含まれていたすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。
981356 SQL Server 2008 R2 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2 ビルド

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報


フラットファイルソースの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。SQL Server の段階的サービスモデルの詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。
935897 SQL Server チームが段階的なサービスモデルを利用して、報告された問題の修正プログラムを提供する
SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。
822499 Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラムパッケージの新しい名前付けスキーマ
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明