FIX「を記録できませんでした Forefront TMG に」エラー メッセージが表示後、新しい Web 公開ルール ウィザードで、LDAP サーバーの認証の設定には、ドメイン名は明記されていない、公開された web サイトにログオンしようとするとき

適用対象: Forefront Threat Management Gateway 2010 EnterpriseForefront Threat Management Gateway 2010 Standard

現象


次のような状況で問題が発生します。
  • Web 公開ルールを作成するには、新しい Web 公開ルール ウィザードを使用します。
  • 認証の設定のオプションでは、次の設定を設定します。
    • HTML フォーム認証
    • LDAP (Active Directory)
  • LDAP サーバーのオプションでは、グローバル カタログ サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を追加します。次に、 Active Directory ドメイン名 (完全修飾ドメイン名を使用します) を入力する設定を指定しません。
  • [認証の委任] オプションでは、基本認証を選択します。
  • TMG の公開 web サーバーにアクセスすると名、ユーザー名を入力し、パスワードを入力します。
このシナリオでは、公開された web サイトにログオンしようとするときにログオンできません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
Forefront TMG にログオンする。ドメイン名、ユーザー名とパスワードが正しい確認、もう一度やり直してください。

解決方法


この問題を解決するには、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている service pack をインストールします。
Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ 2010 Service Pack 2 の2555840の説明

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

関連情報


ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明