[MS11-081] Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2011 年 10 月 11 日)

注意事項


この資料に記載されている更新プログラムは、新しい更新プログラムによって置き換えられました。この問題を解決するには、Internet Explorer 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムをインストールします。最新の更新プログラムをインストールするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Internet Explorer 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムに関する技術情報の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS11-081 を公開しました。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法:

ホーム ユーザー向けの無料サポートをご用意しています。米国およびカナダのお客様は、電話で (866) PCSAFETY にお問い合わせください。他の地域のお客様は、各地域の支社にお問い合わせください。セキュリティ更新プログラムのサポートに関する各地域の支社の問い合わせ先については、以下のマイクロソフトの世界のサポート Web サイトを参照してください。 北米のお客様は、次のマイクロソフト Web サイトから、無条件の無償電子メール サポートまたは無条件の個人チャット サポートもご利用ください。 法人のお客様向けのセキュリティ更新プログラムのサポートについては、通常ご使用のサポート連絡先をご利用ください。

詳細

このセキュリティ更新プログラムに関する既知の問題

セキュリティ更新プログラムをインストールした後、Internet Explorer 7 で一部のドロップダウン リストやコンボ ボックスが表示されない

Web ページが異なるドメイン内にある別の Web ページをホストし、ホストされる Web ページでウィンドウの制限が有効になっていて (既定の構成)、リスト ボックスやコンボ ボックスなどの選択コントロールが含まれている場合、ホストしているページが、ホストされるページからコンボ ボックスやドロップダウン値を表示しようとすると、コンボ ボックスやリストは表示されません。

この問題の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
2628724 セキュリティ更新プログラム 2586448 をインストールした後、Internet Explorer 7 で一部のドロップダウン リストやコンボ ボックスが表示されない


この問題を解決するには、セキュリティ更新プログラム 2618444 をインストールします。この問題の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
2618444
[MS11-099] Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2011 年 12 月 13 日)

このセキュリティ更新プログラムに含まれるセキュリティ関連以外の修正プログラム

GDR (General Distribution Release) の修正プログラム

Windows のバージョンおよび影響を受けるアプリケーションのバージョンによって、個々の更新プログラムがインストールされない場合があります。それぞれの資料を参照して、更新プログラムの状態を確認してください。

文書番号資料のタイトル
2575790 Internet Explorer 9 で、パスワード入力ボックスに大きすぎる日本語文字用のパスワードマスク文字が表示される (リンク先は英語の場合があります)
2607445 Internet Explorer 8 でファイルのダウンロードを確認するために金色の情報バーをクリックした後にダウンロード コンテンツが失われる (リンク先は英語の場合があります)
2601307 Internet Explorer 9 でセキュリティ保護されたサイトを参照するためのカスタマイズされたプラグ可能なプロトコルを使用するリンクをクリックするとナビゲーションが失敗する (リンク先は英語の場合があります)
2601254 Internet Explorer 9 の標準モードで IHTMLEventObj::put_keyCode プロパティが機能しない
2601253 Internet Explorer 9 をインストールした後で Windows Live メールまたは Windows メールでフォント サイズを変更できない
2600932 Internet Explorer で Web ブラウザー コントロールを使用するアプリケーションがクラッシュすることがある (リンク先は英語の場合があります)
2534550 Internet Explorer 8 で保護モードを有効にすると、モーダル ウィンドウを作成するための window.createPopup メソッドが機能しない (リンク先は英語の場合があります)
2515657 Windows 7 ガジェットが機能しない、または正しく表示されない

修正プログラム

Windows XP および Windows Server 2003 用のセキュリティ更新プログラム 2586448 パッケージには、Internet Explorer の修正プログラム ファイルと、GDR (General Distribution Release) のファイルが含まれています。既存の Internet Explorer のファイルが hotfix 環境のファイルではない場合、セキュリティ更新プログラム 2586448 をインストールすると、GDR のファイルがインストールされます。

修正プログラムは、その修正プログラムに関連付けられているサポート技術情報に記載された問題のみを修正することを目的としており、障害があったコンピューターに対してのみ適用することを推奨します。

これらの修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題で深刻な影響を受けていない場合は、これらの修正プログラムが含まれる次の Service Pack がリリースされるまで待つことを推奨します。セキュリティ更新プログラム 2586448 に含まれている修正プログラムをインストールする方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
897225
Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラムに含まれる修正プログラムをインストールする方法

注: 修正プログラム ファイルをインストールするだけでなく、インストールする修正プログラムに関連付けられているサポート技術情報を参照して、修正プログラムを有効にするためにレジストリの変更が必要かどうかを確認してください。

既存の Internet Explorer のファイルが hotfix 環境と GDR 環境のどちらのファイルであるかを特定する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824994
Windows XP Service Pack 2 および Windows Server 2003 ソフトウェア更新プログラム パッケージの内容に関する説明

ファイル情報

これらのパッケージ内で提供されるファイルの一覧については、以下のリンクをクリックしてください。

Windows の 32 ビット版と 64 ビット版のどちらを搭載しているかを確認する方法

搭載している Windows のバージョン、または 32 ビット版の Windows を搭載しているのか、64 ビット版の Windows を搭載しているのかを確認するには、システム情報 (Msinfo32.exe) を起動して、[システムの種類] の項目に記載されている値を確認します。この作業は、以下の手順で実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] または [検索の開始] をクリックします。
  2. msinfo32.exe」と入力して、Enter キーを押します。
  3. [システム情報] の [システムの種類] の値を確認します。
    • 32 ビット版の Windows の場合は、[システムの種類] の値は [x86-ベース PC] です。
    • 64 ビット版の Windows の場合は、[システムの種類] の値は [x64-ベース PC] です。
搭載している Windows が 32 ビット版か 64 ビット版かを確認する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
827218
コンピューターに搭載されている Windows オペレーティング システムが 32 ビット版か 64 ビット版かを確認する方法
プロパティ

文書番号:2586448 - 最終更新日: 2011/12/19 - リビジョン: 1

フィードバック