Windows PowerShell 用 Azure Active Directory モジュールで「Set-MsolADFSContext」コマンドレットを使用すると認証エラーが表示される

適用対象: Azure Active DirectoryCloud Services (Web roles/Worker roles)Azure Backup

現象 


Windows PowerShell 用Microsoft Azure Active Directory モジュールで、「Set-MsolADFSContext –Computer」 コマンドレットを実行すると、次のエラーが表示されます:
Set-MsolADFSContext : The connection to <ServerName> Active Directory Federation Services 2.0 server failed due to invalid credentials.
≪参考訳:Set-MsolADFSContext :資格情報が無効なため、<ServerName> Active Directory Federation Services 2.0サーバーへの接続は失敗しました。≫

原因 


-computer」パラメータが参照するActive Directory Federation Services (AD FS) フェデレーションサーバーで、リモート PowerShell が有効化されていないためにこの問題が発生します。 

ドメインが Microsoft Office 365 ポータルに正しく追加、確認されると、Windows PowerShell 用 Azure Active Directory モジュールを使用して、管理ワークステーションからリモー ト PowerShell を用いて シングルサインオン (SSO) を構成することが出来ます。

しかし、Windows PowerShell 用 Azure Active Directory モジュールのインストールが可能なのは、Windows 7 とWindows Server 2008 SR2 のみです。 Windows PowerShell 用 Azure Active Directory モジュールは、Windows Server 2008 Service Pack 2 (SP2) にはインストールできません。そのため、この問題はAD FS がインストールされている Windows Server 2008 SP2 プラットフォームに生じます。この場合、AD FS に関連するWindows PowerShell 用Azure Active Directory モジュールコマンドは、リモートコンピューターから発せられます 。

解決方法 


AD FS フェデレーションサーバーでリモートPowerShellを有効化するには、次の手順を行います: 
  1. 管理者として Windows PowerShell を開始します。Windows PowerShell ショートカットを右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
  2. Windows PowerShell のリモート構成には、次のコマンドを入力し、ENTERを押します:
    Enable-PSRemoting -force

詳細


 
リモート PowerShell 要件については、次のMicrosoftウェブサイトを参照してください:リモート PowerShellの機能については、次のMicrosoft ウェブサイトを参照してください:その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。または、Azure Active Directory フォーラム Web サイトを参照してください。