「データ収集および発行用 Microsoft Access Outlookアドイン」を有効にするとリコールに失敗する場合がある

現象

キャッシュ モードの Outlook 2007 で「データ収集および発行用 Microsoft Access Outlookアドイン」を有効にし、Access 2007 と Outlook 2007 を連携させてデータ集計を行っていると他者からリコール要求が行われた場合に失敗の通知が返る場合があります。

- 再現手順
1. UserA にて Outlook 2007 をキャッシュモードに設定します。

2. UserA にて Access 2007 を起動し、[外部データ]-[電子メールの作成] で [自動的に返信を処理して テーブル に追加する] を使用します。

3. UserA にて「データ収集および発行用 Microsoft Access Outlookアドイン」が有効であることを確認します。

確認箇所:[Outlook 2007]-[ツール]-[セキュリティ センター]-[アドイン]-[アクティブなアプリケ-ション アドイン]

※ もしも有効でない場合は [セキュリティ センター]-[アドイン] ウィンドウにて [設定] ボタンを押下し、チェックを入れて有効にします。



4. UserB からリコール対象のメールを送信します。

5. UserB にて上記 4. で送付したメールに対してリコールを行います。

6. リコール処理に失敗する事を確認します。

原因

「データ収集及び発行用 Microsoft Access Outlook アドイン」により受信トレイが監視されている場合に、取り消しメッセージが取り消されるメッセージより先に処理が行われると、リコール処理に失敗します。

回避策

データ集計が終了したら、以下の手順により「データ収集および発行用 Microsoft Access Outlook アドイン」を無効化します。

- 回避手順
1. Outlook 2007 にて以下の場所を開きます。
[ツール]-[セキュリティセンター]-[アドイン]-[設定]

2. [COM アドイン] ウィンドウにて「データ収集および発行用 Microsoft Access Outlook アドイン」のチェックを外し、[OK] をクリックして無効化します。

詳細

Outlook のリコール機能についてはこちらをご覧ください。
送信したメッセージを取り消す、または置き換える

Access から電子メールを使用してデータ収集を行う場合の参考情報はこちらです。
電子メール メッセージを使ってデータを収集する
プロパティ

文書番号:2587743 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック