Office 365 専用の MMSSPP 同期エラーメッセージのトラブルシューティングを行う方法

適用対象: Office ProductsMicrosoft Business Productivity Online DedicatedMicrosoft Business Productivity Online Suite Federal

概要


この記事では、Microsoft Managed Services Service Provisioning Provider (MMSSPP) の同期エラーコードと、それらのコードが表すエラーの解決策を示します。現在、お客様は MMSSPP 同期レポートにリストされている同期エラーを見つけることができます。 MMSSPP Sync レポートは、Microsoft Office 365 専任のお客様に1日1回提供されます。注:顧客が同期エラーレポートをより頻繁に受信したい場合は、サービス配信マネージャーを通じて変更要求を送信できます。 レポートの頻度は、MMSSPP 同期サイクルごとに1回以内に増やすことができます。すべての同期エラー (つまり、コードが "SE" で始まるエラー) では、特定の同期エラーにかかわらず、同じ影響を受けることがあります。 この影響の説明は次のとおりです。 プロビジョニングエラー (つまり、コードが "PE" で始まるエラー) には影響はありません。

一般的な同期エラーの影響

オブジェクトが、既に MMSSPP によってホストされているディレクトリに対してエラーなしで同期されていた場合、そのオブジェクトに対する新しい属性の変更は、MSO によってホストされるグローバルアドレス一覧 (GAL) に同期されません。 このオブジェクトが MMSSPP によって同期されるのが初めての場合、そのオブジェクトは MSO がホストされるディレクトリと同期されません。 新しいメールアドレス、新規または削除されたグループメンバーシップなど、customer オブジェクトに対する属性の更新は、MSO がホストされるディレクトリに同期されません。 そのため、このような属性の更新は、「特定の同期エラーの影響」セクションで説明されている解決策を通じてこのエラー状態が修正されるまで、MSO ホストの GAL に表示されません。 特定の同期エラーメッセージに記載されている影響ステートメントは、ここで説明するように、全般的な影響に加えています。 その他の影響がない場合は、説明は次のように読み上げられます。
その他の影響はありません。 この同期エラーの影響の説明については、この記事の最初の「全般的な同期エラーの影響」セクションを参照してください。

詳細情報


注: 同期エラーを検索するときは、オブジェクトのソース識別名 (DN) を使用する必要があります。 ソース DN が機能しない場合は、オブジェクトの管理された DN を使用する必要があります。
注: グループとグループメンバーシップに関連付けられているエラーの場合は、「配布グループ内にメンバーが存在しない」セクションを参照してください。 
  • ユーザーオブジェクトの SE1008No targetAddress ユーザーオブジェクトにメールボックス (homeMDB) がなく、 targetAddress 値もありません。 この結果、配信不能メールエラーが発生します。 向上 その他の影響はありません。 この同期エラーの影響の説明については、この記事の最初の「全般的な同期エラーの影響」セクションを参照してください。 解決方法: ユーザーオブジェクトのメールボックスを作成します。 または、 targetAddress の値を既存のメールボックスにポイントします。  
  • SE1101The mail 属性値が有効ではありません 簡易メール転送プロトコル (SMTP) メールアドレスの形式が間違っているか、サポートされていない文字が含まれています。 向上 顧客のメールボックスが存在する場合は、この問題が修正されるまで、そのユーザーのメールボックスを MSO がホストするディレクトリに移行することはできません。 解決方法: MMSSPP で同期を再開するには、メール属性を修正する必要があります。 SMTP アドレス形式の修正方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。
    316061 XADM: 無効な文字が使用されているときに、SMTP コネクタからエラーメッセージが返される
  • SE1102 Mail 属性値が、管理された SMTP ドメインリストにない メール属性の SMTP サフィックスは、メールボックスのプロビジョニングが許可されている SMTP ドメインの一覧に含まれていません。 (このリストは、[管理された SMTP ドメイン] リストとも呼ばれます)。 向上 顧客のメールボックスが存在する場合は、この問題が修正されるまで、そのユーザーのメールボックスを MSO がホストするディレクトリに移行することはできません。 解決方法: この SMTP ドメインを [管理された SMTP ドメイン] リストに追加する必要がある場合は、MSO に連絡してください。 または、メールアドレスが有効でない場合は修正します。  
    • MMSSPP は、ユーザーのオンプレミスのメールシステムでメールボックス (homeMDB または構成可能なメールボックスインジケータタグ [CMIT]) を持つすべてのユーザーオブジェクトに対して、管理された SMTP ドメインリストでサフィックスを含むメールアドレスを持つことを想定しています。
    • 例外は、 targetAddress 値も設定されている場合にのみ発生します。 たとえば、顧客のメールボックスがオンプレミスでホストされておらず、顧客のメールシステムの外部にある場合に、例外が発生します。
    • 慎重 顧客オブジェクトでメールアドレスが変更され、そのサフィックスが [管理された SMTP ドメイン] の一覧ではなくなっていて、そのユーザーが MSO がホストされているメールボックスを持っている場合は、MSO-ホスト型メールボックスはサービス提供となり、SE1153 の同期エラーが生成されます。 SE1153 の同期エラーの詳細については、「 SE1153」を参照してください。
  • SE1103Mail 属性が null [メール] 属性が [グループ] または [連絡先オブジェクト] (null 値) に設定されていない。 向上 その他の影響はありません。 この同期エラーの影響の説明については、この記事の最初の「全般的な同期エラーの影響」セクションを参照してください。 解決方法: 顧客フォレスト内のオブジェクトにメール属性値を割り当てます。 注:MMSSPP では、すべてのグループオブジェクトと連絡先オブジェクトに定義済みの有効な SMTP メールアドレスが指定されていることを前提としています。  
  • SE1104The targetAddress は存在しません TargetAddress属性は連絡先オブジェクトに存在しません (null 値)。 [管理された SMTP ドメイン] ボックスの一覧にメールアドレスがあるすべての連絡先オブジェクトの targetAddress 値は、外部 SMTP アドレスをポイントしている必要があります。 向上 その他の影響はありません。 この同期エラーの影響の説明については、この記事の最初の「全般的な同期エラーの影響」セクションを参照してください。 解決方法: 影響を受ける連絡先オブジェクトごとに有効な外部 targetAddress 値を割り当てます。 注:有効な targetAddress 値の例を次に示します。
    SMTP:userA@domainX.fabrikam.com
  • SE1106 mail 属性値が一意ではありません MMSSPP の同期スコープ内のいずれかの顧客フォレストの別のオブジェクトのメールアドレスが同じである。 向上 顧客のメールボックスが存在する場合は、この問題が修正されるまで、そのユーザーのメールボックスを MSO がホストするディレクトリに移行することはできません。 解決方法: メール属性を一意の値に変更します。 次のライトウェイトディレクトリアクセスプロトコル (LDAP) クエリを使用して、同じメールアドレスを持つオブジェクトを特定します。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(mail=<email>))
    たとえば、メールアドレス Kim.Akers@contoso.com のクエリは、次のようになります。
     
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(mail=Kim.Akers@contoso.com))
  • SE1107The targetAddress 値が無効です TargetAddress値の形式が間違っているか、サポートされていない文字が含まれています。 向上 その他の影響はありません。 この同期エラーの影響の説明については、この記事の最初の「全般的な同期エラーの影響」セクションを参照してください。 解決方法: TargetAddress値を修正する必要があります。 SMTP アドレス形式の修正方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。
    316061 XADM: 無効な文字が使用されているときに、SMTP コネクタからエラーメッセージが返される
    • メールボックスが MSO でホストされていない場合、メールが有効なユーザーオブジェクトの targetaddress ドメインサフィックスは、[管理された SMTP ドメイン] の一覧に表示されません。
    • メールボックスが MSO でホストされている場合、メールが有効なユーザーオブジェクトの targetaddress ドメインサフィックスは、[管理された SMTP ドメイン] の一覧にある必要があります ([新しい採用メールボックスのプロビジョニング] オプションが[無効] に設定されている場合)。
    • 有効な targetAddress 値の例を次に示します。
      SMTP:userA@domainX.fabrikam.com
    • TargetAddress値に空白または他の無効な文字が含まれていないことを確認します。 末尾の空白は無効であり、特に見にくい場合があります。
  • SE1112 targetAddress 値は、[管理された SMTP ドメイン] の一覧にあります。 TargetAddress値の SMTP サフィックスは、管理された Smtp ドメインリストをポイントします。 向上 その他の影響はありません。 この同期エラーの影響の説明については、この記事の最初の「全般的な同期エラーの影響」セクションを参照してください。 解決方法: TargetAddressのサフィックスを変更して、管理された SMTP ドメインリストに含まれていないドメインをサフィックスが指すようにします。そのため、メールボックスのプロビジョニングの範囲外です。 これらのオブジェクトには、(顧客を対象としないメールシステムではなく) 外部システムでホストされ、メールが有効なユーザーとして MSO がホストされるディレクトリに同期されるメールボックスが含まれています。  
  • SE1115 mail 属性が contact オブジェクトの targetAddress 値と一致しません Contact オブジェクトの mail 属性が、[管理された SMTP ドメイン] の一覧に表示されず、 targetAddress 値が mail 属性と一致していません。 MMSSPP は、メールアドレスと targetAddress 属性を一致させるために、SMTP ドメインリストのメールアドレスドメインサフィックスを持つすべての内部連絡先オブジェクトを想定しています。 向上 その他の影響はありません。 この同期エラーの影響の説明については、この記事の最初の「全般的な同期エラーの影響」セクションを参照してください。 解決方法: すべての内部連絡先オブジェクトについて、mail 属性と targetAddress 属性が一致している必要があります。 内部の連絡先は、[管理された SMTP ドメイン] リストにメールサフィックスがあるものです。  
  • SE1117 プロキシアドレスの値が一意ではありません プロキシ proxyAddresses 属性には、MMSSPP の同期スコープのいずれかの顧客フォレストの1つに重複するアドレスが含まれています。 他のオブジェクトの Microsoft 管理 proxyAddresses 属性に、既に同じプロキシアドレスが設定されています。 重複する managed た proxyaddress 属性は、次のいずれかの方法で表示される場合があります。  
    • ソースメールの属性
    • Source た proxyaddress 属性
    • Source TargetAddress 属性 この属性は、管理された Active Directory スキーマにセカンダリ た proxyaddress 属性としてフローします。
    向上 その他の影響はありません。 この同期エラーの影響の説明については、この記事の最初の「全般的な同期エラーの影響」セクションを参照してください。 解決方法: アドレスを持たない適切なオブジェクトの proxyAddresses 属性から、重複するプロキシアドレスを削除します。 これを行うには、次の LDAP クエリを使用して、同じプロキシアドレスを共有するオブジェクトを特定します。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(proxyAddresses=<address>))
    たとえば、プロキシメールアドレス Kim.Akers@contoso.com のクエリは、次のようになります。
     
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(proxyAddresses=SMTP:kim.akers@contoso.com))
    注:従来のアドレスに返信する機能を維持するために、一部の管理プロキシアドレスが誤って削除されることはありません。ソースから消去された場合、管理対象の Active Directory スキーマが自動的にクリアされることはありません。 この問題を解決するには、次の手順を実行します。  
    • 管理されたルーティングドメイン (contoso.com @mgd など) にあるプロキシアドレスがエラーで指定されている場合は、Microsoft Online Services のサポートによってプロキシアドレスを削除する必要があります。
    • プレ12.2 バージョンの MMSSPP では、ソース Active Directory スキーマから消去された場合、x500 プロキシ型のプロキシアドレスは削除されませんでした。 現在のバージョンでは、顧客フォレストから削除された x500 プロキシアドレスは、管理されたフォレストから直ちに削除されます。 以前に顧客のフォレストから削除されているが、管理された Active Directory スキーマにまだ存在している x500 プロキシアドレスは、削除できるようになりました。 これらの x500 プロキシアドレスを削除するには、次の手順を実行します。  
      1. 不要な x500 プロキシアドレスを元のソースオブジェクトに追加します。
      2. 2つの同期サイクルを待ちます。
      3. ソースオブジェクトから不要な x500 プロキシアドレスを削除します。 次の同期サイクル中に、管理された Active Directory スキーマから不要なプロキシアドレスが消去されます。
  • SE1118 Mailnickname is null Mailnicknameは顧客の連絡先オブジェクトでは空であり、MMSSPP はMailnickname属性ジェネレーターの規則を使用して顧客の連絡先オブジェクトを生成することはできません。 既定の属性ジェネレーターの規則では、ユーザーオブジェクトで定義された値を持たない連絡先のmailNickname値を生成するために、Active Directory のgivenName (名とも呼ばれます) とSn (姓とも呼ばれる) 属性を使用しています。 向上 その他の影響はありません。 この同期エラーの影響の説明については、この記事の最初の「全般的な同期エラーの影響」セクションを参照してください。 解決方法: 顧客連絡先オブジェクトの MailNickname 値または givenName (名とも呼ばれる) と Sn (姓とも呼ばれます) 属性値を設定します。  
  • SE1119 Mail 属性サフィックスが、管理されたルーティングアドレスサフィックスと一致する メール属性サフィックスは、管理されたルーティングアドレスサフィックスと一致しない必要があります。 管理されたルーティングアドレスサフィックスは、顧客の従来のメール環境が MSO を使用した共存フェーズである場合に、customer オブジェクトから MSO がホストされるメールボックスにメールをルーティングするために使用されます。 したがって、 targetAddress とセカンダリ smtp proxyAddresses の一部としてのみ使用し、顧客オブジェクトのメールアドレスまたはプライマリ smtp アドレスには使用しないようにします。 通常、管理されるルーティングアドレスサフィックスは、contoso.com の @mgd 形式を受け取ります。 向上 この問題が修正されるまで、顧客のメールボックスが存在する場合は、MSO がホストするディレクトリに移行することはできません。 解決方法: メールアドレスを、管理されたルーティングアドレスサフィックスではないサフィックスを含む有効な SMTP 値に変更します。  
  • SE1125 オブジェクトの DN のユーザーオブジェクトの検証に失敗しました [CN =...エクスポートメールフローの DC = com] (mail = [user@contoso.com]; targetAddress = [SMTP:user@northwindtraders.com]) Mail 属性と TargetAddress 属性の組み合わせでは、有効な構成は使用されません。 向上 顧客オブジェクトで無効な状態が発生したため、プロビジョニング操作を完了できません。 この無効な状態では、次の操作がブロックされることがあります。  
    • メールボックスのプロビジョニング解除
    • メールボックスのプロビジョニング
    • メールユーザーのプロビジョニング
    • メールユーザーのプロビジョニング解除
    解像度: source オブジェクトには、mail 属性と targetAddress 属性の有効な組み合わせが適用されていることを確認します。 また、ターゲットアドレスに末尾のスペースが含まれていないことを確認してください。 注意事項  
    • メールユーザーの場合: targetAddress 属性は mail 属性と一致する必要があります。また、null である必要があります。 (プロビジョニングルールを確認してください。)
    • メールボックスの場合: targetAddress suffix は、新しい採用機能が有効になっていない場合は、管理されたルーティングドメイン (つまり @mgd を含むドメイン) である必要があります。 または、新しい採用機能が有効になっている場合は、 targetAddress サフィックスを null にする必要があります。 メール属性ドメインは、MMSSPP に含まれる SMTP ドメインの一覧に表示されている必要があります。 MMSSPP に含まれる SMTP ドメインの一覧は、顧客ごとにカスタマイズされています。
    新入社員向け新機能の詳細については、「新入社員に関する詳細情報」のセクションを参照してください。
  • SE1129 によって、ユーザーのメールボックスとオブジェクト DN の管理されたメールボックスが検出されました [CN =...]HomeMDB 値は、お客様と管理された環境の両方に存在します。 向上 この問題が修正されるまで、ソースオブジェクトから管理された Active Directory オブジェクトへの属性フローが行われます。 解決方法: ユーザーが MSO でホストされているメールボックスを所有している場合は、ユーザーの Active Directory から homeMDB を削除します。 ユーザーが MSO でメールボックスを持っていない場合は、一時的にソースの homeMDBを消去し、明示的なプロビジョニング解除属性を使って、管理されたメールボックスをプロビジョニング解除します。 管理メールボックスがサービス提供された後、ソース homeMDB を復元することができます。 通常、このエラーは、customer homemdb 属性に MSO homeMDB 値が誤ってスタンプされている場合に発生します。
  • SE1131 プロキシアドレスの値が有効ではありません SMTP プロキシアドレスの値の形式が間違っているか、サポートされていない文字が含まれています。 向上 この問題が修正されるまで、顧客のメールボックスが存在する場合は、MSO がホストするディレクトリに移行することはできません。 解決方法: SMTP プロキシアドレス値を修正する必要があります。 既定では、トップレベルのドメインサフィックスは、プライマリ proxyAddresses 値の場合は3文字、セカンダリ た proxyaddress 値では5文字に制限されています。 SMTP アドレス形式の修正方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。  
    316061 XADM: 無効な文字が使用されているときに、SMTP コネクタからエラーメッセージが返される
  • SE1137 という DN のオブジェクトを [CN =...]、[DC = COM] と指定します。顧客属性の EXTENSIONATTRIBUTE [NN] = [aaaaaaaa-aaaa-aaaa-aaaa-aaaaaaaaaaaa] を指定しますが、他のオブジェクトには参加できません。正確な拡張子属性は、ユーザー環境ごとにカスタマイズされています。 このエラーは、ASR を使用して、ソースオブジェクトが既存のメールボックスに接続するように設定されていることを示しています。 ただし、指定したソースオブジェクト GUID に現在関連付けられているマネージオブジェクトは接続できません。 エラー状態 SE1139 と SE1140 では、同じメッセージが生成され、同じ解像度が設定されます。 向上 ソースオブジェクトは、管理されたメールボックスに接続されている管理対象オブジェクトに結合することはできません。 さらに、新しい管理メールボックスを作成することはできません。  解決方法: ASR extension 属性値をクリアする必要があります。 次の同期サイクルが実行されると、MMSSPP によって新しいマネージオブジェクトが作成されます。 顧客が適切に同期を構成すると、MMSSPP によって、新しい空の管理メールボックスが作成されます。 Microsoft Online Services サポートチーム (MOSSUP) は、接続されていない古いメールボックスの内容を新しい空のメールボックスに復元します。 このエラーは、新しいオブジェクトで ASR extension 属性が設定される前に、古い損失またはソースオブジェクトがフィルター処理されたか、MMSSPP スコープから移動されたときに発生します。 つまり、保留中の削除組織単位 (OU) で既に管理対象オブジェクトが期限切れになった後、新しいオブジェクトの ASR プロセスが開始されます。 フォレスト間の移行でこれらのエラーを回避するには、新しいオブジェクトで ASR extension 属性値をスタンプし、以前の損失またはソースオブジェクトがフィルター処理される前に ASR プロセスが正常に完了したことを確認します。
  • SE1144 で、idis の1つの行を見つけることができません。 sourceobjectguid [{0}] と secondaryverification [{1}] 一致と pendingdeletion は、オブジェクト DN [{2}] に対して1に設定されています。 このエラーは、自動サービス再接続 (ASR) に失敗した場合、またはオブジェクトが MMSSPP スコープからプルされ、スコープに戻された後に発生する可能性があります。 ASR または PendingDeletions の再接続に成功した場合、メールと顧客オブジェクトの GUID のソースと管理対象オブジェクトの間で一致する必要があります。 このエラーが発生すると、これらの条件のいずれかが満たされなかったことになります。 向上 ソースオブジェクトは、管理されたメールボックスに接続されている管理対象オブジェクトに結合することはできません。 さらに、新しい管理メールボックスを作成することはできません。  解決方法: 新しい取得またはターゲットオブジェクトと、古いオブジェクトまたはソースオブジェクトのメール値が同じであることを確認します。 ASR シナリオでは、ASR 属性でスタンプされている GUID は、対応するマネージオブジェクトの GUID ではなく、古いソースオブジェクトの GUID である必要があります。 これらの条件が満たされている場合は、Microsoft オンラインサポートにお問い合わせください。 このエラーは、ASR プロセスが完了する前に、古い (紛失またはソース) オブジェクトでメールアドレスが変更された場合に発生します。 フォレストの移行でこれらのエラーを回避するには、新しいオブジェクトで ASR extension 属性値をスタンプし、以前の (紛失またはソース) オブジェクトがフィルター処理または変更される前に ASR プロセスが正常に完了したことを確認します。 オブジェクトが MMSSPP スコープから削除され、マネージオブジェクトが PendingDeletions OU から削除される前にスコープに戻された場合、メール値は、スコープから最初に削除されたときと同じである必要があります。 そうしないと、オブジェクトは再接続されず、PendingDeletion 期間の有効期限が切れるまで待機する必要があります。
  • SE1153 [不整合状態]: MBU->MEU の切り替えが検出されますが、DN が "CN =...DC = Net] は管理メールボックスを明示的にプロビジョニング解除しません (DeprovisionMailboxEnabledUser rule = FALSE) このエラーは、メールボックスが Microsoft オンライン環境に存在することを示します。 ただし、ソースオブジェクトはメールが有効なユーザー構成に変更されます (エラーが原因で発生した場合は、この問題を修正する方法について説明します)。 意図しないメールボックスのプロビジョニング解除を避けるため、ユーザーは、オブジェクトのメールの種類が変更される前に、プロビジョニング解除属性を明示的にスタンプする必要があります。 エラー状態 SE1151、SE1152、および SE1154 では、同じメッセージが生成され、同じ解像度が設定されます。 向上 プロビジョニング解除の対象となるメールボックスは、引き続き Microsoft Online 環境に存在します。 マネージオブジェクトのソース属性の変更はオブジェクトには反映されず、管理されているメールボックスはサービス提供されません。 解決方法
    1. メールが有効なユーザーにオブジェクトを変更する場合は、変更を元に戻し、次の手順に従って、メールが有効なユーザーに正しく変更します。  
      1. Mail と targetAddress の値を元の値に戻します (targetAddress には @mgd が含まれています)。 [Mail] と [ targetAddress ] の値が有効であることを確認します。 どちらの属性にも、先頭または末尾の空白がないことを確認します。 次に、2つの同期サイクルが実行するまで待ちます。 この手順では、エラーを解決し、有効なメールボックスを有効にした状態にオブジェクトを返します。
      2. 明示的なプロビジョニング解除属性を設定し、管理されたルーティングドメイン (@mgd) にないサフィックスが含まれるように、 targetAddress の値を変更します。
    2. オブジェクトがメールボックスオブジェクトであり、予期せずこのエラーが表示される場合は、次の操作を実行します。  
      • メールおよび targetAddress の値が、メールボックスに必要なプロビジョニングルールと一致していることを確認します。 一方または両方が変更された可能性があります。 ソースの値を確認し、次の条件が満たされていることを確認します。
        • どちらの属性にも、先頭または末尾の空白はありません。
        • TargetAddressサフィックスには、転置された文字がありません。 たとえば、contoso.com @mgd の代わりに @mdg を使用しないようにします。
        • Mail 値には、管理プロキシアドレスと同等の @mgd または会社が含まれていません。 メールドメインは、SMTP の信頼のリストに含まれている必要があります。
    注: 新しい採用機能が有効になっていない場合は、 targetAddress 値にサフィックスの @mgd を含める必要があります。 サフィックスに @mgd が含まれていることを確認し、適切な管理されたルーティングドメインを指定していることを確認します。 新しい採用機能が有効になっている場合、 targetAddress の値には有効な @mgd が含まれている必要があります。 ルーティングアドレス。または、お客様が EOP を使用していないか、vNext/MT に移行している場合は、null の可能性があります。
  • SE1155 {1} オブジェクト DN の proxyaddresses 属性のプロキシアドレス値 {0} [{2}] は、セカンダリ SMTP アドレスの無効な SMTP アドレスであり、削除されます。プロキシアドレスの有効性を訂正してください。 このエラーは、セカンダリ SMTP プロキシに対して無効な SMTP アドレスが存在することを示します。 向上 その他の影響はありません。 この同期エラーの影響の説明については、この記事の最初の「全般的な同期エラーの影響」セクションを参照してください。 解決方法:  
    1. MMSSPP がこのオブジェクトの同期を再開する前に、SMTP プロキシアドレス値を修正する必要があります。 先頭または末尾の空白が存在しないことを確認します。 SMTP アドレス形式の修正方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。
      316061 XADM: 無効な文字が使用されているときに、SMTP コネクタからエラーメッセージが返される
    2. 入力規則は、プライマリ た proxyaddress 値およびセカンダリ た proxyaddress 値とは異なります。 たとえば、プライマリ SMTP アドレスは、3桁のトップレベルドメインサフィックス (@contoso .com または contoso.net) に制限されます。 セカンダリ SMTP アドレスの上限は、上位レベルのドメインサフィックス (@contoso local) で5文字に制限されています。 この規則は、ローカルのニーズに応じたさまざまな名前付け規則に対応するように要求する場合に構成できます。
  • SE1290 は、属性 [name] の REFERENCE DN の値を解決できません クロスフォレストグループの reference 属性は、MSO でホストされるディレクトリでは解決できません。 たとえば、このエラーは、フォレスト間のグループメンバーにメール属性値がない場合、または一致するメールアドレスが MSO でホストされている環境に存在しない場合に発生します。 向上 参照先のオブジェクトは、MSO がホストされている環境ではフォレスト間グループの属性名としては表されません。 解決方法: [アンカー] 属性 (mail 属性など) を、MSO でホストされている環境に存在する値に設定します。
  • 自動サービス再接続属性で指定されている SE1401 Object GUID が無効であるか存在しません このエラーとその他の ASR 関連のエラー (SE1404、SE1405、SE1406) は、次の問題を示しています。  
    • ASR 属性で指定された値が有効な GUID ではありません。
    • GUID によって参照されるオブジェクトは、MMSSPP スコープに存在しません。セカンダリゲート属性 (mail) と組み合わせて使用します。
    • 参照先の GUID とセカンダリゲートの属性 (mail) が、MMSSPP スコープ内の複数のオブジェクトに一致しています。
    向上 顧客のメールボックスが存在する場合、一方のフォレストから別のフォレストに移行することはできません。また、オブジェクトの同期は中断されます。 解決方法: ASR がこのオブジェクトに適している場合は、別のフォレストの別の範囲内のオブジェクトの有効なオブジェクト GUID を指定します。 セカンダリゲート値 (mail) も両方のオブジェクトに一致している必要があります。 ASR が意図されていない場合は、この値をクリアする必要があります。
  • 保留中の削除状態の SE1409 オブジェクトが別の範囲内のオブジェクトと競合しています スコープ内のオブジェクトの mail 属性値が、現在保留中の削除状態にある別のオブジェクトと競合しています。 このエラーは、保留中の削除が N 日 (既定では3日) に完了し、スコープ内のオブジェクトがプロビジョニングされている場合に、自動的に解決されます。 向上 保留中の削除状態の競合するオブジェクトが物理的に削除されるまで、新しい範囲内のオブジェクトはプロビジョニングも同期もされません。 解決方法: 新しいオブジェクトに別のメールアドレス (および可能なプロキシアドレス) を指定します。 または、保留中の削除期間が終了するまで待ちます。 このエラーが頻繁に発生する場合は、保留中の削除の期間を短くするために、Microsoft オンラインサービスを使って顧客からのリクエストを提出することを検討してください。 最初の ASR の実装後、推奨される期間は、ユーザーとグループに対して1日、および連絡先の日数0日間です。
  • SE1514 エラーキー [extensionattribute10] が存在しません。オブジェクトのエラーを処理することができない [CN =...」DC = com 注: 厳密な拡張子属性は ASR 属性であり、顧客環境ごとにカスタマイズされています。 通常、このエラーは、ASR 拡張属性に無効な値が設定されている場合に発生します。 ASR 拡張属性は、有効な GUID 文字列である必要があります。 オブジェクトが ASR 移行を意図していない場合は、この値をクリアする必要があります。 向上 この状態では、オブジェクトは変更、プロビジョニング、またはサービス提供されません。 解決方法: ASR 属性に有効な GUID 文字列を設定します。 承認された文字列書式は、MMSSPP プロビジョニングインターフェイスハンドブックのセクション8.2 で利用できます。 末尾にスペースが含まれておらず、文字列の末尾に他の文字 (セミコロンなど) が含まれていないことを確認します。 ASR 属性は、ターゲットソースオブジェクトの GUID に対してのみ使うことができます。 オブジェクトが ASR 移行を意図していない場合は、この値をクリアする必要があります。
  • SE1647 DN が [{0}] のソースユーザーオブジェクトはスコープから削除されましたが、ホストされているメールボックスの訴訟ホールドは [{1}] の [{2}] で設定されています。管理オブジェクトとメールボックスは削除されません。このメールボックスを削除するには、訴訟ホールドを削除します。 管理メールボックスが訴訟ホールド用に構成されている。 ただし、関連するソースオブジェクトは、MMSSPP スコープからフィルター処理または削除されます。 MMSSPP は、訴訟ホールドが削除されるまで、マネージオブジェクトを削除しません。 向上 この状態では、オブジェクトはサービス提供されません。 解決方法: 訴訟ホールドは、メールボックスの整合性を維持するための明示的な設定であるため、この動作は仕様です。 メールボックスを削除する必要がある場合は、顧客が訴訟ホールドを削除する必要があります。
  • SE1648 [{0}] というソースユーザーオブジェクトのホストされるメールボックスは、MMSSPP によってサービス提供されますが、ホストされているメールボックスの訴訟ホールドは [{2}] の [{1}] に設定されています。管理オブジェクトとメールボックスは削除されません。このメールボックスをプロビジョニング解除するには、訴訟ホールドを削除します。 管理メールボックスが訴訟ホールド用に構成されている。 ただし、関連するソースオブジェクトは、管理されたメールボックスをプロビジョニング解除するように構成されています。 MMSSPP は、訴訟ホールドが削除されるまで、管理されたメールボックスを切断しません。 向上 この状態では、オブジェクトはサービス提供されません。 解決方法: 訴訟ホールドは、メールボックスの整合性を維持するための明示的な設定であるため、この動作は仕様です。 メールボックスを削除する必要がある場合は、顧客が訴訟ホールドを削除する必要があります。
  • PE1 エラー: MSO-ホスト型メールボックスを有効にできませんでした MMSSPP が MSO でホストされるメールボックスを有効にしようとすると、エラーが発生します。 向上 MMSSPP は、この問題が修正されるまで、MSO がホストするメールボックスを作成することはできません。 解決方法: 問題の詳細と修復手順については、そのオブジェクトのエラーレポートの具体的な詳細を参照してください。 問題または解決策がまだ不明確である場合は、Microsoft の担当者にお問い合わせください。
  • PE1 エラー: 指定されたリージョンコード (' ') (' CN =..., DC = ・・・、dc = msft, DC = net ') が無効です... 特定の Office 365 専用環境で、2つの地理的地域内のデータセンター (北米、ヨーロッパなど) を利用できる場合、値は新しいメールボックスの場所を指定するように決定されます。 このエラーは、メールボックスプロビジョニング属性に有効な値が含まれていない場合に発生します。 Microsoft Online Services が会社の特定の地理的な場所に対して構成されている場合、[メールボックスのプロビジョニング] 属性では、地域コードを使用することが必須です。 向上 このエラーが修正されるまで、メールボックスはプロビジョニングされません。 解決方法: メールボックスのプロビジョニング属性に有効な領域が設定されていることを確認します ( XX は有効な地域コードです)。 さらに、メールボックスの種類またはプロビジョニングの値が有効であることを確認します。 例: extensionattribute10: の場合、ST;REG =NA; メールボックスのプロビジョニングの拡張属性は、顧客環境ごとにカスタマイズされています。
  • PE1 エラー: WPS エラー [メールボックスを有効にする]: プロパティの値が無効です。値には、先頭または末尾の空白を含めることはできません。プロパティ名: * * * 表示名 * * * または * * * Name * * * Dispと Active Directory の属性には、末尾または先頭のスペースが無効です。 向上 このエラーが修正されるまで、マネージオブジェクトはプロビジョニングされません。 解決方法:  
    • DisplayName属性の末尾に空白を使用してオブジェクトが構成されている場合は、空白を削除します。 この操作を行うと、メールボックスまたはメールが有効なユーザーがプロビジョニングされます。
    • DisplayName属性で先頭の空白を使ってオブジェクトをプロビジョニングする場合は、空白を削除します。 管理オブジェクトは、エスカレーションして Microsoft Online Services サポートチーム (MOSSUP) に修正する必要があります。
  • PE1 エラー: WPS エラー [メールボックスを有効にする]: アドレス ' smtp:.username@contoso.com ' は無効です 指定したメール属性は無効です。 向上 マネージオブジェクトは、エラーが修正されるまでプロビジョニングされません。 解決方法: 属性を修正する必要があります。 一般的なエラーとしては、無効な文字、空白 (困難な末尾のスペースを含む)、先行または末尾のピリオド、繰り返しの期間があります。  
  • PE1 エラー: WPS エラー [有効-メールボックス]: プロキシアドレス "smtp:user.one@mgd.contoso.com" は、[managedDN] で既に使用されています。別のプロキシアドレスを選択してください。ManagedDN:...ProxyAddresses属性には、MMSSPP の同期スコープのいずれかの顧客フォレストの1つの重複アドレスが含まれています。 他のオブジェクトの Microsoft 管理 proxyAddresses 属性に、既に同じプロキシアドレスが設定されています。 重複するマネージ た proxyaddress 属性は、ソースメール属性、source た proxyaddress 属性、または source targetAddress 属性から取得できます。 (これにより、管理された Active Directory スキーマがセカンダリた proxyaddress として流れるようになります)。 向上 その他の影響はありません。 この同期エラーの影響の説明については、この記事の最初の「全般的な同期エラーの影響」セクションを参照してください。 解決方法: 重複していないオブジェクトの targetAddress 属性またはプロキシアドレスを変更または削除します。 次の LDAP クエリを使用して、同じプロキシアドレスを共有するオブジェクトを特定します。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(proxyAddresses=<address>)) 
    たとえば、プロキシメールアドレス Kim.Akers@contoso.com のクエリは、次のようになります。
    (&(|(objectCategory=user)(objectCategory=contact)(objectCategory=group))(proxyAddresses=SMTP:kim.akers@contoso.com)) 
    注:従来のアドレスに返信する機能を維持するために、偶発的な削除から保護されている一部の管理プロキシアドレスは、ソースから消去されたときに、管理された Active Directory スキーマから自動的にクリアされません。 この問題を解決するには、次の手順を実行します。  
    • エラーに管理されたルーティングドメイン (contoso.com @mgd など) があるプロキシアドレスが指定されている場合、そのプロキシアドレスは Microsoft Online Services のサポートによって削除される必要があります。
    • プレ12.2 バージョンの MMSSPP では、ソース Active Directory オブジェクトから消去された場合、x500 プロキシ型のプロキシアドレスは削除されませんでした。 現在のバージョンでは、顧客フォレストから削除された x500 プロキシアドレスは、管理されたフォレストから直ちに削除されます。 以前に顧客のフォレストから削除されているが、管理された Active Directory スキーマにまだ存在している x500 プロキシアドレスは、削除できるようになりました。 これを行うには、次の手順を実行します。  
      1. 不要な x500 プロキシアドレスを元のソースオブジェクトに追加します。
      2. 2つの同期サイクルを待ちます。
      3. ソースオブジェクトから不要な x500 プロキシアドレスを削除します。 不要なプロキシアドレスは、次の同期サイクルで管理されている Active Directory スキーマから消去されます。
  • PE1 エラー: WPS エラー [有効-メールボックス]: ExternalEmailAddress の値が無効です: 指定された引数は有効な値の範囲外です。パラメーター名: アドレス ユーザ...@contosoは有効な SMTP アドレスではありません。 エラーソースは、以前に Office 365 targetAddress属性に同期された無効なアドレスが含まれているtartgetaddress属性です。 TargetAddress属性値は、ソースオブジェクトで修正する必要があります。 一般的なエラーとしては、無効な文字、空白 (困難な末尾のスペースを含む)、先行または末尾のピリオド、繰り返しの期間があります。 通常、 targetAddress 属性の値は、無効な値から最近変換されました。 たとえば、次のようになります。シートタブ PE7 で報告された @contoso .com のアドレスを User@mgd.contoso.com に変換し、有効な値User@mgd.contoso.comに修正しました。 ただし、無効な targetAddress 属性の値は、既に Office 365 に同期されています。また、メールボックスのプロビジョニングエラーをクリアするために元に戻す必要があります。 解決方法: メールが有効なユーザーに対して有効な targetAddress 属性の値を設定します。 たとえば、 User@contoso.com アドレスが同期され、Office 365 targetAddress 属性値が更新されます。 不適切な targetAddress 値が Office 365 で修正されるまで、メールボックスを有効にしたユーザーとして変換しないようにします。 修正された targetAddress 属性値を Office 365 に同期した後、 targetAddress 属性の値を変更して、メールボックスが有効なユーザーをプロビジョニングします。 たとえば、値が User@mgd.contoso.comであるとします。  
    1. TargetAddress属性の値を、 User@contoso.comなどのメールが有効なユーザーの有効なエントリに変更します。
    2. 新しい targetAddress 属性の値が Office 365 オブジェクト targetAddress 属性値 User@contoso.comに同期されるまで待ちます。
    3. TargetAddress属性の値を、 User@mgd.contoso.comなどのメールボックスを使用できるユーザーの有効なエントリに変更します。
    4. メールボックスのプロビジョニングが完了するまで待ちます。
    5. Office 365 targetAddress 属性値は存在しなくなりました。
  • PE3 がホストされたリソースメールボックスを有効にできない MMSSPP が MSO ホストのリソースメールボックスを有効にしようとすると、エラーが発生します。 向上 この問題が修正されるまで、MMSSPP は MSO がホストされるリソースメールボックスを作成できません。 解決方法: 問題と修復手順については、そのオブジェクトのエラーレポートの具体的な詳細を参照してください。 この問題または修正手順でも不明な点がある場合は、Microsoft の担当者にお問い合わせください。
  • PE7 MSO-ホスト型メールが有効なユーザーの作成に失敗しました MMSSPP が MSO でホストされるディレクトリでメールが有効なユーザーを作成しようとすると、エラーが発生します。 向上 この問題が修正されるまで、MMSSPP は MSO がホストするメールが有効なユーザーを作成できません。 解決方法: 問題と修復手順については、そのオブジェクトのエラーレポートの具体的な詳細を参照してください。 この問題または修正手順でも不明な点がある場合は、Microsoft の担当者にお問い合わせください。
  • PE10 WPS エラー [接続-メールボックス]: メールボックス "..."・の GUID"データベースに存在しません "..."・データベースのデータベース..."ManagedDN: MMSSPP は、ソフトに削除された状態のメールボックスに自動的に再接続しません。 この条件は、メールボックスが別の環境 (たとえば、office のオンプレミスサーバーまたは O365 サービスなど) に移行された後、ユーザーが O365 専用の元のメールボックスに再接続する必要がある場合に発生します。 向上 ユーザーのメールボックスに再接続することはできません。 解決方法: 問題を Microsoft オンラインサポートにエスカレーションして、修復を行います。
 
  • MSO-ホスト型リソースメールボックスでの PE11Setting の予定表設定の失敗 MMSSPP が、MSO でホストされているリソースメールボックスでメールボックスの予定表の設定を設定しようとすると、エラーが発生します。 向上 この問題が修正されるまで、MMSSPP は、MSO がホストされているリソースメールボックスでメールボックスの予定表の設定を行うことができません。 これにより、リソースメールボックスの操作性が影響を受ける可能性があります。 たとえば、リソースメールボックスによる会議の自動承諾などの機能は、この問題が修正されるまで機能しないことがあります。 解決方法: 問題と修復手順については、そのオブジェクトのエラーレポートの具体的な詳細を参照してください。 この問題または修正手順でも不明な点がある場合は、Microsoft の担当者にお問い合わせください。
  • PE17によってホストされるメールが有効な連絡先または配布グループの作成に失敗した場合 このエラーは、MMSSPP が、MSO でホストされるディレクトリでメールが有効な連絡先または配布グループを作成しようとしたときに発生します。 向上 この問題が修正されるまで、MMSSPP は、MSO がホストするメールが有効な連絡先または配布グループを作成することはできません。 解決方法: 問題と修復手順については、そのオブジェクトのエラーレポートの具体的な詳細を参照してください。 問題または解決策がまだ不明確である場合は、Microsoft の担当者にお問い合わせください。
  • 拡張子-attribute-存在しないというエラー: MailNickname が null このエラーは、以前のバージョンの MMSSPP の SE1118 と同じです。 MailNickname属性は customer contact オブジェクトでは空であり、MMSSPP は MailNickname attribute generator の規則を使ってMailNickname属性を生成することはできません。 既定の属性ジェネレーターの規則では、ユーザーオブジェクトで定義されているmailNickname属性を持たない連絡先のmailNickname属性を生成するために、Active Directory のgivenName (名とも呼ばれる) とSn (姓とも呼ばれます) の属性を使用しています。 向上 その他の影響はありません。 この同期エラーの影響の説明については、このヘルプファイルのヘッダーにある「一般的な同期エラーの影響」セクションを参照してください。 解決方法: 顧客連絡先オブジェクトの Mailnickname 値または givenName (名とも呼ばれる) と Sn (姓とも呼ばれます) 属性値を設定します。
  • 拡張子-attribute-存在しないエラー: MailNickname は無効MailNickname値に無効な文字が含まれています。 向上 その他の影響はありません。 この同期エラーの影響の説明については、このヘルプファイルのヘッダーにある「一般的な同期エラーの影響」セクションを参照してください。 解決方法: MailNickname値が顧客によって null のままになっている場合、可能であれば、MMSSPP によって自動的にmailNickname値が作成されます。 そのため、1つの選択肢として、 mailNickname の値をクリアすることができます。 顧客が mailNickname 値を設定する必要がある場合、値は RFC 821 で定義されている条件を満たしている必要があります。 一般的な無効文字にはスペース、有効なダッシュ、アットマーク (@)、かっこが含まれています。 先頭または末尾の空白が表示されにくくなっていないことを確認します。
  • mv-制約違反 このエラーは、ダイレクトインポート属性のフローが発生し、ソースの属性値が metaverse 属性の長さ制限を超えたときに発生します。 向上 MMSSPP は、この問題が修正されるまで、属性の変更やサービスの設定を行うことはできません。 解決方法: 属性値のサイズを、スキーマによって有効になる最大長まで下げます。
  • [ワークキュー Ins]メールを null にすることはできません。お客さまのリクエストを完了できません。 このエラーは、MSO がホストするディレクトリに同期されているソースオブジェクトでメールが消去された場合に発生します。 ソースの Active Directory オブジェクトで値が復元された後も、エラーが発生します。 向上 その他の影響はありません。 この同期エラーの影響の説明については、このヘルプファイルのヘッダーにある「一般的な同期エラーの影響」セクションを参照してください。 解決方法: ソースオブジェクトに有効なメール値があり、少なくとも1つの MMSSPP 同期サイクルが完了していることを確認します。 これを確認したら、この問題を Microsoft Online サポートサービスにエスカレーションして修復してください。 スクリプトまたは手動でメール属性を編集しても、値が変更される前に値がクリアされないようにしてください。
  • 配布グループのメンバーが見つからない 配布グループにメンバーが含まれていない。 この欠損メンバーは、ユーザ、連絡先、または別のグループである可能性があります。 グループがクロスフォレストグループの場合は、 SE1290 エラーが表示されることがあります。 グループがクロスフォレストグループではない場合は、他のエラー (メールの重複など) が存在する可能性があります。 向上 グループメンバーは、配布リストに送信されたメールを受信できない場合があります。 解決方法:  
    • メンバーが有効なメール値を持っていることを確認します。
    • メンバーがアクティブな同期エラーを持っていないことを確認します。
    • メンバーが MSO に表示されることを確認します。
    グループが通常のグループであるか、フォレストがまたがるグループであるかを確認します。 フォレスト間グループは、ユーザーによって構成され、他のフォレストのメンバーが含まれます。 フォレスト間グループは、特定の OU またはユーザー定義の属性による顧客の位置によって、各顧客に対して定義されます。 標準グループには、そのユーザーが住んでいるフォレストのメンバーのみが含まれます。 通常の配布グループ:  
    • 不足しているメンバーが MSO に表示され、同期エラーがないことを確認します。
    • 見つからないオブジェクトが、入れ子になったグループのメンバーである場合は、入れ子になったグループにメールがあり、かつそのグループが MSO に表示されることを確認します。
    • 親グループが (クロスフォレストグループではなく) 通常のグループである場合は、入れ子になったグループがクロスフォレストグループでもないことを確認してください。 クロスフォレストグループには、通常のグループ、またはその他のクロスフォレストグループを含めることができます。 ただし、通常のグループにフォレスト間グループを含めることはできません。
    フォレスト間グループ:  
    • 不足しているメンバーが MSO に表示され、同期エラーがないことを確認します。
    • グループのメンバーが [MSO] に表示されていて、グループに表示されていない場合は、移行元のクロスフォレストグループメンバーのメール値が一致していることを確認します。
    • 見つからないオブジェクトが、入れ子になったグループのメンバーである場合は、入れ子になったグループにメールがあり、かつそのグループが MSO に表示されることを確認します。
    • 不足しているメンバーがクロスフォレストグループの場合は、このグループの親が通常のグループであるかどうかを確認します (つまり、クロスフォレストグループではありません)。 クロスフォレストグループには、通常のグループ、またはその他のクロスフォレストグループを含めることができます。 ただし、通常のグループにフォレスト間グループを含めることはできません。
  • LargeGroup [大規模なグループ] タブを使用する同期エラーレポートが増えました。これにより、ユーザーは大量の受信者に通知を送ることができます。 この情報は、次の推奨事項に従って、ユーザーが追加の手順を実行するのに役立ちます。 向上 MMSSPP の範囲に含まれている大規模なグループは、同期のサイクル時間 (最大10-12 時間) の大幅な遅延を引き起こす可能性があります。 MMSSPP sync は、同期の属性 (nominally、30分ごと) の変更に応答します。 これにより、O365D GAL に対する応答が迅速になり、ユーザーの人事システムまたは Active Directory によって行われた変更を反映できます。 ユーザーエクスペリエンスの向上に加えて、特定の重要なエンタープライズプロセス (フォレスト間のユーザー移行など) が最適化されています。 MMSSPP スコープで非常に大きなメンバーシップカウントを持つグループが変更された場合、MMSSPP/FIM はこれらの変更を列挙する必要があります。 たとえば、25000のグループからメンバーを追加または削除した場合、FIM はその属性のデルタイベントを確認します。 ただし、4万メンバーのリスト全体を読み上げるまで、何が変更されたかはわかりません。 これは、5000メンバーを持つグループの読み取りよりも大幅に長くかかる場合があります。 この遅延は、新しいフォレスト (ASR) にログオンしているユーザーが生産性を高め、次の日にビジネスの開始によってメールアクセス権を持っている必要がある、すべての顧客プロセス (ASR など) に影響する可能性があります。 また、すべてのグループの品質管理チェックを行うことも検討してください。 これは、同じ顧客のフォレストに同じオブジェクトクラスとメールアドレスの複数のオブジェクトが存在する可能性がある、あまり一般的ではないシナリオです。 この条件では、複数のオブジェクトをグループメンバーとして含める必要があるかどうかを判断するために、追加の分析手順が必要です。 この条件が検出されると、品質管理ワークフローが実行されます。 大規模なグループが含まれている場合は、費用がかかることがあります。 今後、15000メンバーを超えるグループの場合、MMSSPP はグループメンバーシップの変更を処理します。 ただし、同じ種類の複数のオブジェクトのチェックを実行するワークフローは中断されます。 これは、同期サイクルとプロビジョニングの遅延を防ぐための最適な手順です。 管理しやすいサイズのグループを使用すると、同期サイクルを予測可能な長さに保つことができます。また、グループメンバーシップの変更を処理する信頼性も高くなります。 解決方法:  
    • 理想的には、グループは5000のメンバー数を超えないようにする必要があります。 ただし、ワークフロー品質制御の目的で、グループに最大で15000メンバーを割り当てることができます。 ユーザーは、単純なロジック (アルファベット順、地域など) を使用して、15000より大きいグループを小さいグループに分割できます。
    • O365 でメールが有効になっている必要がない場合 (セキュリティグループの一般的なシナリオ)、ユーザーは、MMSSPP の範囲外の OU にグループを移動する必要があります。 (メールを削除するなどの方法で) グループをフィルター処理しても問題が解決しないことに注意してください。 これは、ユーザーがグループをインポートする必要がないことを決定する前に、FIM がすべての属性を読み取り (そしてすべてのメンバーを列挙します) するためです。

新入社員のシナリオに関する詳細情報

以下は、Microsoft Managed Solutions Service Provisioning Provider (MMSSPP) プロビジョニングインターフェイスハンドブックのセクション5.2 から抜粋したものです。新入社員シナリオ:
MMSSPP によって、要求された型と要求された領域に、メールボックス対応のユーザーオブジェクトが作成されます。
注意事項
  1. このシナリオでは、 targetAddress 属性と一致するセカンダリ SMTP た proxyaddress 属性がないことを示しています。このシナリオでは、顧客の組織がすべての従来のメールシステムを廃止したため、顧客の従来のメールシステムから O365 のホスト型メールボックスにメールをルーティングする必要はありません。
  2. 新しい採用 メールボックスのプロビジョニング オプションが [オン] に設定されている場合、新しい採用シナリオが有効になります。 (既定では、このオプションは [ オフ] に設定されています)。 この機能と展開選択オプションの概要については、MMSSPP Customer Deployment Guide の「新規採用のメールボックスのプロビジョニング機能」セクションを参照してください。 この機能の技術的な側面については、このドキュメントの「メールボックスプロビジョニングコンポーネント」セクションを参照してください。