ディスク書き込みキャッシュの有効/無効を手動で切り替える方法

概要

サードパーティ プログラムの中には、ディスク書き込みキャッシュを有効または無効にする必要があるものがあります。また、ディスク書き込みキャッシュを有効にすると、オペレーティング システムの性能が向上する場合があります。この資料では、ディスク書き込みキャッシュの有効と無効を切り替える方法について説明します。

詳細

ディスク書き込みキャッシュを有効または無効にするには、次の操作を行います。
  1. [マイ コンピュータ] アイコンを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [ハードウェア] タブをクリックします。
  3. [デバイス マネージャ] をクリックします。
  4. [ディスク ドライブ] の左にあるプラス記号 (+) をクリックし、展開します。
  5. ディスク書き込みキャッシュを有効または無効にするドライブを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  6. [ディスクのプロパティ] タブをクリックします。
  7. [書き込みキャッシュを有効にする] チェック ボックスをクリックして、オンまたはオフにします。
  8. [OK] をクリックします。
: 書き込みキャッシュを有効にすると、次の警告が表示されます。これが通常の状態です。
書き込みキャッシュを有効にすることによって、コンピュータに電源、デバイス、またはシステム障害が生じて正しくシャットダウンできない場合に、ファイルシステムの破損またはデータの損失が発生する可能性があります。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID
259716 (最終更新日 2000-10-26) をもとに作成したものです。


プロパティ

文書番号:259716 - 最終更新日: 2004/05/11 - リビジョン: 1

フィードバック