Excel 2010 修正プログラム パッケージ (Excel の x-none.msp、グラフの x-none.msp): 2012 年 4 月 24 日

適用対象: Excel 2010

概要


2012 年 4 月 24 日にリリースされた修正プログラム パッケージで修正されている Microsoft Office Excel 2010 の問題について説明します。

はじめに


この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • サーバー上またはネットワーク共有上で、情報権利管理 (IRM) によって保護されている .xls ファイルを使用するいると仮定します。次に、複数のユーザーは、Excel 2010 を使用してファイルを開きます。この状況では、使用中のファイルダイアログ ボックスは、無効なユーザー情報を表示します。
  • を選択してリンクを貼り付け貼り付け、テキスト インポート ウィザードの Excel 2010 で表示中に、ダイアログ ボックスが更新され、貼り付けたコンテンツを想定しています。この状況では、Excel 2010 がクラッシュします。
  • プリンターでネイティブにサポートしていない場合、部単位で印刷機能 Excel 2010 では、この機能は機能しません。
  • 「を実行している合計」フィールドまたは Excel 2010 での違いのフィールドを含むピボット テーブルを使用するいると仮定します。フィールドには、エラーが含まれています。ピボット テーブルが更新または計算は、エラーではなくフィールド内の誤った値が表示されます。
  • 2598127使用されていないスタイルは、1 つのブックから Excel 2010 で別のブックへ
  • 2598308 Excel 2010 のテーブルのサイズ変更が予期せずズーム レベルが PowerPoint で 100% 未満である場合

詳細


修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、この資料に記載された問題があったシステムのみに対して適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。したがって、この問題の影響が深刻でない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことをお勧めします。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。

注: さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。注: [修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

Microsoft Office 2010年または Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (SP1) この修正プログラム パッケージを適用するためにインストールする必要があります。

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
2510690 ] ボックスの一覧のすべての Office 2010 SP1 パッケージ

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

レジストリ情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルが含まれていない可能性があります。この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を解決するに必要なファイルのみが含まれています。
この修正プログラム パッケージの英語バージョンは、修正プログラム パッケージをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルが記載されている世界協定時刻 (UTC) で次の表にします。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換します。UTC とローカル時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] で、[タイム ゾーン] タブを使用します。
x86

ダウンロード情報
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻
Office2010-kb2598143-fullfile-x86-glb.exe14.0.6120.500058,018,2565-Apr-1215:22
Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻
Excel-x-none.msp該当なし66,846,2085-Apr-124:09
Graph-x-none.msp該当なし1,988,6085-Apr-124:09
修正プログラムをインストールした後、ファイル属性、またはそれ以降のバージョンのファイル属性は、次の表に記載されているこの修正プログラムのグローバル バージョンがあります。

Excel-x-none.msp
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻
Excel.exe14.0.6120.500020,776,5364-Apr-1218:38
Excelcnv.exe14.0.6120.500017,821,2723-Apr-1221:05
Xlicons.exe14.0.6120.50001,480,2803-Apr-1218:17
Graph-x-none.msp
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻
Graph.exe14.0.6120.50004,302,4563-Apr-1219:40
x64

ダウンロード情報
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻
Office2010-kb2598143-fullfile-x64-glb.exe14.0.6120.500059,727,9605-Apr-1214:01
Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻
Excel-x-none.msp該当なし65,835,0085-Apr-124:09
Graph-x-none.msp該当なし3,172,8645-Apr-124:09
修正プログラムをインストールした後、ファイル属性、またはそれ以降のバージョンのファイル属性は、次の表に記載されているこの修正プログラムのグローバル バージョンがあります。

Excel-x-none.msp
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻
Excel.exe14.0.6120.500028,263,0004-Apr-1218:55
Excelcnv.exe14.0.6120.500025,021,5283-Apr-1221:48
Xlicons.exe14.0.6120.50001,480,2803-Apr-1218:22
Graph-x-none.msp
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻
Graph.exe14.0.6120.50006,443,1283-Apr-1220:02

関連情報


ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明