Office 2010 更新プログラムの説明: 2013 年9月10日

適用対象: Office Home and Business 2010Office Home and Student 2010Office Professional 2010

はじめに


Microsoft は、Microsoft Office 2010 の更新プログラムをリリースしました。 この更新プログラムは、32ビット版の Office 2010 の最新の修正プログラムを提供します。 また、この更新プログラムでは、安定性とパフォーマンスが向上しています。

この更新プログラムで修正される問題

  • 次のような状況で問題が発生します。
    • データシートビューで、列見出しのユーザー設定フィルターを構成します。 列見出しは、SharePoint Server 2010 サイトのリストに含まれています。
    • 標準ビューに切り替えて、データシートビューに戻ります。
    • 別のユーザー設定フィルターを構成しようとしている。
    このシナリオでは、ユーザー設定フィルターにドロップダウンフィールドが表示されません。
  • Windows 8 から Windows 8.1 preview にアップグレードした後、office Starter およびクイック実行ベースの Office 2010 アプリケーションをインストールすることはできません。

詳細情報


この更新プログラムの既知の問題

  • お客様は、すでにインストールされている場合でも、この更新プログラムを繰り返し提供している可能性があります。注: この問題は、2013年9月13日にリリースされた検出変更によって解決されます。 この変更によって、更新されたファイルは影響を受けませんでした。 この変更は、ユーザーに更新プログラムを提供する方法にのみ影響します。 更新プログラムが正常にインストールされているユーザーは、一切の操作を行う必要はありません。

解決方法


詳細の更新

この更新プログラムを適用しても、これまでにリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

更新プログラムの入手方法およびインストール方法

この更新プログラムの単体パッケージを取得するには、 Microsoft Update カタログの web サイトにアクセスしてください。マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、 配布ファイルのウイルス チェックを行っています。 配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。再起動の情報この更新プログラムのインストール後、コンピューターを再起動する必要はありません。 「Microsoft Office TechCenter」には、Office のすべてのバージョンの最新の管理者用更新プログラムと展開用リソースが掲載されています。 Office System TechCenter の詳細については、次の Microsoft web サイトを参照してください。