ポリシーの構成後にイベント ID 1000 および 1202 が発生する

現象

Windows 2000 ベースのサーバーでグループ ポリシーを修正すると、次のエラー メッセージが 5 分ごとにアプリケーション ログに記録される場合があります。
種類 : 警告

ソース : SceCli

分類 : なし

イベント ID : 1202

日付 : 21/09/1999

時刻 : 18:15:14

ユーザー : N/A

コンピュータ : マシン名

説明 :

Security policies are propagated with warning. 0x4b8 : An extended error occurred. Please look for more details in TroubleShooting section inSecurity Help.


種類 : エラー

ソース : Userenv

分類 : なし

イベント ID : 1000

日付 : 21/09/1999

時刻 : 18:15:14

ユーザー : NT AUTHORITY\SYSTEM

コンピュータ : SLDN220IN

説明 :

The Group Policy client-side extension Security was passed flags (17)and returned a failure status code of (1208).

原因

グループ ポリシー内の競合によって、これらのイベントが発生する可能性があります。これらのエラー メッセージは、[Administrator アカウント名の変更] セキュリティ ポリシーが有効にされ、すでに使用されているアカウント名に設定されている場合に発生します。

解決方法

この問題を解決するには、[Administrator アカウント名の変更] セキュリティ ポリシーを無効にするか、または存在していないアカウント名を使用するようにポリシーを構成します。
関連情報については、次の資料番号をクリックして「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
259576 Group Policy Application Rules for Domain Controllers
258595 Gpresult Does Not Enumerate Resultant Computer Security Policy
258595 [NT] Gpresult がコンピュータ セキュリティ ポリシーの結果を列挙しない

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID
260715 (最終更新日 2000-10-26) をもとに作成したものです。


プロパティ

文書番号:260715 - 最終更新日: 2004/05/11 - リビジョン: 1

フィードバック