Word 2003 以前と Word 2007 以降で、印刷レイアウトにおける表内のオブジェクトの表示位置が異なる

現象

印刷レイアウト表示を使用した場合、表のセル内に配置したオートシェイプの表示位置が、Word 2002/2003 と Word 2007/2010 で異なる場合があります。この現象は、以下のすべての条件を満たす場合に発生することがあります。

条件1) 表のプロパティで、[表] タブの"文字列の折り返し"の設定が"する"になっている。また、[位置] ボタンを押して表示される"表の位置"の"オプション"で"文字列と一緒に移動する"がオフになっている。

条件2) オートシェイプを挿入する際に描画キャンバスを使わず、レイアウトの設定を "背面" または "前面" のフローティング オブジェクトとして構成している。また、オートシェイプのアンカーが表のセル内の段落に存在し、文字列と一緒に移動する設定が有効になっている。

条件3) Word のオプション設定として、[保存] タブの "標準の形式" の項目である "以下のバージョンより後に追加された機能はサポートしない" が オフ になっている Word 2003 で、表およびオートシェイプの編集をした。 

条件4) 前述のすべての条件を満たした状態で、表内のオートシェイプのアンカーが存在する段落またはそれより前に表示される段落に、新しい段落を挿入したり、削除をした。

補足: 
このときの前後の入力内容に応じて、どの程度ずれるかが異なります。段落の編集内容によっては発生しない場合もあります。

原因

Word 2002/2003 と Word 2007/2010 の印刷レイアウトの実装の差異によって生じる現象です。Word 2002/2003 の印刷レイアウトにおけるオートシェイプのアンカー段落の算出に問題があり、オートシェイプのレイアウト (位置) 情報とは異なる位置に表示してます。 
 

回避策

条件1 から 条件3 のいずれかの設定を変更し、オートシェイプの位置を修正します。


詳細


再現手順
1.   Word 2003 を起動します。
2.   [ツール] - [オプション] メニューをクリックします。
3.   表示された [オプション] ダイアログの [保存] タブを選択し、"以下のバージョンより後に追加された機能はサポートしない" を オフ にします。
4.   続けて、[全般] タブを選択し、[オートシェイプの挿入時、自動的に新しい描画キャンバスを作成する] を オフ にします。
5.   [OK] をクリックして、[オプション] ダイアログを閉じます。
6.   新規文書を作成し、[表示] メニューから [印刷レイアウト] を選択します。
7.   [罫線] - [挿入] - [表] メニューをクリックし、1 行 x 1 列の表を挿入します。
8.   表のセルにカーソルを合わせ、セルの中に複数行の任意の文字を入力します。
9.   右クリックメニューから [表のプロパティ] を選択します。
10.  表示された [表のプロパティ] ダイアログの [表] タブを選択し、"文字列の折り返し" の設定から "する" を選択します。
11.  続けて、右側にある [位置] ボタンをクリックし、表示されたダイアログの "文字列と一緒に移動する" を オフ にして [OK] をクリックします。
12.  [表のプロパティ] ダイアログに対しても [OK] をクリックし、ダイアログを閉じます。
13.  表のセルの中に納まる様に、任意のオートシェイプを挿入します。
14.  [Page Up] キーを押し、セルの左上の文字の左側にカーソルを移動します。
15.  [Enter] キーを押します。この操作によって、手順 13 で挿入したオートシェイプがセルの外側に移動することを確認します。
補足: この時点で、このオートシェイプはセルの外側に位置しますが、このオートシェイプのアンカーは、セルの中に存在します。

16.  ファイルを保存します。
17.  [表示] メニューから [Web レイアウト] を選択します。

結果1: 印刷レイアウトでは表の外で表示されるオートシェイプが、セルの中で表示されます。

18.  ファイルを閉じ、Word 2007 以降で開き、[印刷レイアウト] の表示を確認します。

結果2: Word 2003 の印刷レイアウトでは表の外で表示されるオートシェイプが、セルの中で表示されます。




プロパティ

文書番号:2629862 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック