初心者でもわかる! Outlook のバックアップ : Outlook 2010 のデータを復元

ホーム Outlook 2010 のデータを復元

Outlook 2010 のデータを復元する

バックアップした Outlook 2010 のデータを元に戻すのが「復元」です。Outlook 2010 でデータを復元するときは「インポート機能」を利用します。ここでは、Outlook 2010 の PST ファイルを USB メモリーからデスクトップにコピーしたあと、デスクトップから Outlook 2010 にインポートする手順を説明します。作業は次のように 2 つに分かれていますが、実行する際には 2 つの作業を通して実行してください。




作業の流れは以下です。手順 A から順に進めてください。

手順 A. USB メモリーの PST ファイル (backup) をデスクトップにコピー

手順 B. デスクトップの PST ファイル (backup) からデータを Outlook にインポート


○ パソコンを新規購入した場合:
    新しいパソコンに Outlook をインストールして、メールの送受信ができるよう設定したあと、復元作業を行います。
○ パソコンを修理した場合:
    Outlook が正常に動作していれば復元する必要はありません。
    正常に動作しない場合は Outlook を再インストールし、メールの送受信ができるよう設定したあと、復元作業を行います。
○ Windows を再インストールした場合:
    Outlook をインストールし、メールの送受信ができるよう設定したあと、復元作業を行います。 


手順 A. USB メモリーの PST ファイル (backup) をデスクトップにコピーする

  1. USB メモリーを USB ポートに挿す
    Outlook を起動してインポートをクリック

  2. [自動再生] ダイアログ ボックスが表示されたら、[フォルダーを開いてファイルを表示] をクリック
    ファイルエクスポートを選択して次へ

    利用環境によっては [自動再生] ダイアログ ボックスが表示されないで、すぐに USB メモリーのウィンドウが開く場合もあります。また、[自動再生] ダイアログ ボックスも USB メモリーのウィンドウも開かない場合もあります。その場合は、[スタート] ボタンをクリックして [スタート] メニューを開き、[コンピューター] をクリックしてコンピューターのウィンドウを開いたあと、USB メモリーのドライブをダブルクリックしてウィンドウを開きます。

  3. USB メモリーのウィンドウが開いたことを確認
    プロセスの終了

  4. PST ファイルの「backup」をデスクトップにドラッグ アンド ドロップ
    プロセスの終了

    初期設定では、PST ファイルの名前は「backup」となります。バックアップするとき別の名前に変更した場合は、そのファイルをドラッグ アンド ドロップしてください。

  5. デスクトップに PST ファイルの「backup」がコピーされたことを確認
    6.[プロセスの終了


手順 B. デスクトップの PST ファイル (backup) からデータを Outlook にインポートする

  1. USB メモリーを USB ポートに挿す
  2. [開く] をクリック
  3. [インポート] をクリック
    「outlook.exe」と入力

  4. [他のプログラムまたはファイルからのインポート] を選択
  5. [次へ] ボタンをクリック
    「outlook.exe」と入力

  6. [Outlook データファイル (.pst)] を選択
  7. [次へ] ボタンをクリック
    [管理者として実行] をクリック

  8. [参照] ボタンをクリック
    ユーザーアカウント制御

  9. [デスクトップ] を選択
  10. PST ファイルの 「backup」 を選択
  11. [開く] ボタンをクリック
    ユーザーアカウント制御

  12. [重複した場合、インポートするアイテムと置き換える] をオン
  13. [次へ] ボタンをクリック
    [はい] をクリック

  14. [Outlook データファイル] を選択
  15. [サブフォルダーを含む] チェック ボックスをオン
  16. [以下のフォルダーにアイテムをインポートする] をオン
  17. インポート先のフォルダーを指定
  18. [完了] ボタンをクリック

    Outlookが起動

    [インポートするフォルダーの選択] で「Outlook データファイル」を選択した場合は、メールや連絡先などの Outlook のすべてのデータが復元されます。一部のデータだけを復元する場合は、復元したいデータを選択します。たとえば、[受信トレイ] を選択すると受信したメール、[連絡先] を選択すると連絡先だけを復元することができます。


    カテゴリ

    カテゴリ
  19. Outlook 2010 のアカウントを設定

    アカウントの設定方法は、「電子メール アカウントを設定する」を参照してください。



プロパティ

文書番号:2633156 - 最終更新日: 2016/10/31 - リビジョン: 1

フィードバック