初心者でもわかる! Outlook のバックアップ : Outlook 2007 のデータをバックアップ

ホーム Outlook 2007 のデータをバックアップ

Outlook 2007 のデータをバックアップする

Outlook 2007 でデータをバックアップするときは「エクスポート機能」を利用します。ここでは、エクスポート機能を使って Outlook 2007 の PST ファイルをデスクトップに保存したあと、デスクトップから USB メモリーにコピーする手順を説明します。作業は次のように 2 つに分かれていますが、実行する際には 2 つの作業を通して実行してください。




作業の流れは以下です。作業 A から順に進めてください。

作業 A. Outlook 2007 のデータ (PST ファイル) をデスクトップに保存 (エクスポート)

作業 B. デスクトップの PST ファイル (backup) を USB メモリーにコピー



作業 A. Outlook 2007 のデータ (PST ファイル) をデスクトップにエクスポート (保存)

  1. Outlook を起動したら [ファイル] をクリック
  2. [インポートとエクスポート] をクリック


  3. [ファイルにエクスポート] を選択
  4. [次へ] ボタンをクリック


  5. [個人用フォルダ ファイル (.pst)] を選択
  6. [次へ] ボタンをクリック


  7. [個人用フォルダ] を選択
  8. [サブフォルダを含む] チェック ボックスをオン
  9. [次へ] ボタンをクリック


    利用環境によっては、[個人用フォルダ] には他の名称がついている場合があります。その場合は、[エクスポートするフォルダー] 内で一番上に表示されたフォルダーを選択して下さい。


  10. [参照] ボタンをクリック


  11. [デスクトップ] を選択
  12. [OK] ボタンをクリック


    初期設定では、バックアップするファイル名は「backup」となります。[ファイル名] でファイル名を変更することもできますが、ここでは初期設定の「backup」で手順を説明します。

  13. [重複した場合、エクスポートするアイテムと置き換える] をオン
  14. [完了] ボタンをクリック


  15. そのままの設定で [OK] ボタンをクリック


  16. デスクトップに「backup」という名前のファイルが作成されたことを確認



作業 B. デスクトップの PST ファイル (backup) を USB メモリーにコピー

  1. USB メモリーを USB ポートに挿す


    PST ファイルのコピー先には、外付けハード ディスク ドライブ (HDD) や書き込み可能な DVD/CD を利用することもできます。

  2. [自動再生] ダイアログ ボックスが表示されたら、[フォルダーを開いてファイルを表示] をクリック


    利用環境によっては [自動再生] ダイアログ ボックスが表示されないで、すぐに USB メモリーのウィンドウが開く場合もあります。また、[自動再生] ダイアログ ボックスも USB メモリーのウィンドウも開かない場合もあります。その場合は、[スタート] ボタンをクリックして [スタート] メニューを開き、[コンピューター] をクリックしてコンピューターのウィンドウを開いたあと、USB メモリーのドライブをダブルクリックしてウィンドウを開きます。

  3. USB メモリーのウィンドウが開いたことを確認


  4. PST ファイルの「backup」を USB メモリーのウィンドウまでドラッグ アンド ドロップ


    USB メモリーの空き容量が少ない場合は、以下のようなエラー メッセージが表示されます。[キャンセル] をクリックしてコピーを中止した後に、十分な空き容量のある USB メモリーを用意して、作業を再度実行してください。




  5. USB メモリーのウィンドウに「backup」がコピーされたことを確認


  6. 図の赤枠で示した画面右下の三角マークをクリック
  7. [ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す] アイコンをクリック


  8. [(USB メモリーの名前) の取り出し] をクリック。なお、USB メモリーの名前はご利用の環境によって異なります。


  9. 'USB 大容量記憶装置' はコンピューターから安全に取り外すことができます。" と表示されたら USB メモリーを USB ポートから取り外す。


以上で Outlook 2007 の PST ファイルのバックアップは完了です。PST ファイルを保存した USB メモリーは復元する際に使用しますので、大切に保管しておきましょう。



プロパティ

文書番号:2633157 - 最終更新日: 2016/10/31 - リビジョン: 1

フィードバック