SCVMM 2008 R2 で管理している高可用性仮想マシン リソース グループからディスク リソースが削除される

現象

System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) 2008 R2 で、ホスト クラスターを構成し、高可用性の仮想マシンを管理している場合に、以下の手順を実行すると、仮想マシン リソース グループに登録されているディスク リソースが削除される事があります。

手順:
  1. ホスト クラスター上に高可用性仮想マシンを作成します。
  2. Hyper-V ホスト上でクラスター マネージャを開き、作成した高可用性仮想マシン リソース グループに任意のディスク リソースを追加します。
  3. SCVMM 管理コンソール上で、ホスト クラスターの更新を実行し、仮想マシンのプロパティが変更されることを確認します。
  4. 「バーチャル マシン」ビューから、該当の仮想マシンのプロパティを開きます。
  5. 「全般」タブの「説明」欄 (*) に任意の文字列を記入し、[OK] ボタンを押して、更新します。
  6. Hyper-V ホスト上で、クラスター マネージャーから、作成した高可用性仮想マシン リソース グループを開きます。
  7. 手順 2. で追加した ディスク リソースが解除されています。

(*) 説明以外でも、プロパティ内容が変更される操作であれば全て同じです。
 

原因

SCVMM では、以下の状況が発生すると、高可用性仮想マシンに関連しないディスク リソースを全て削除します。
  • 仮想マシンのプロパティが変更された
  • 仮想マシンが複製、保管、配置された
  • 仮想マシンのエラーが「修復」された
  • 仮想マシンのチェックポイントが削除、結合された 

解決方法

削除されたディスク リソースを手動で追加します。

回避策

追加したディスク リソース上に、ダミーの VHD ファイルを作成し、高可用性仮想マシンのドライブとして、マウントします。
SCVMM は、仮想マシン に関連付けられたディスク リソースを削除しません。

状況

この動作は、製品の仕様による意図された動作です。 
プロパティ

文書番号:2638836 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック