KB2641971-FIX: SSIS 2008 R2 のフラットファイル接続マネージャーで複数の文字を列区切り記号として使用すると、"エラー: データの変換に失敗しました。" というエラーが発生する

適用対象: SQL Server 2008 R2

Microsoft は、1つのダウンロード可能なファイルで Microsoft SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) の修正プログラムを配布します。 修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとに、以前の SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) 更新プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとセキュリティ更新プログラムが含まれています。

現象


次のような状況で問題が発生します。
  • データフロータスクは、Microsoft SQL Server 2008 R2 Integration Services (SSIS 2008 R2) で作成します。
  • データフロータスクでは、フラットファイルソースまたはフラットファイルターゲットを使用します。
  • フラットファイル接続マネージャーで、フラットファイルの形式を [ 区切り記号付き] に設定します。
  • フラットファイル接続マネージャーでは、列区切り記号として複数の文字を使用しています。
このとき、次のエラー メッセージが表示されます。
[フラットファイルソース]エラー: データの変換に失敗しました。 列 "columnname" のデータ変換は、状態値4と状態テキスト "テキストが切り捨てられました。または、1つ以上の文字がターゲットコードページで一致しませんでした。"
注: この問題は、Microsoft SQL Server 2008 Integration Services (SSIS 2008) と Microsoft SQL Server 2005 Integration Services (SSIS 2005) でも発生します。 ただし、この修正プログラムは SSIS 2008 R2 のみを対象としています。

解決方法


累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2008 R2 SP1 の累積更新プログラムパッケージ4

この問題の修正プログラムは、累積的な更新プログラム4で最初にリリースされました。SQL Server 2008 R2 SP1 用の累積更新プログラムパッケージの入手方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。
2633146 SQL Server 2008 R2 SP1 の累積更新プログラムパッケージ4
注: ビルドは累積的であるため、それぞれの新しい修正プログラムには、以前の SQL Server 2008 R2 SP1 修正プログラムに含まれていたすべての修正プログラムとセキュリティ修正プログラムが含まれています。 この修正プログラムを含む最新の修正プログラムを適用することを検討することをお勧めします。 詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報番号をクリックしてください。
2567616 SQL Server 2008 R2 SP1 がリリースされた後にリリースされた SQL Server 2008 R2 ビルド

状態


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。