Ipconfig.exe コマンドにて表示される DHCPから取得したIP アドレスのリース取得日時

現象

Ipconfig.exe コマンドにて表示される DHCPから取得したIP アドレスのリース取得日時の表示は、OS によって表示動作が異なります。


- Windows XP
DHCP から取得した IPアドレスのリースの取得日時は、取得または更新を行った日時が表示されます。
このため、ipconfig /renew コマンドを実行し、リースの更新を実施した場合、ipconfig コマンドにて表示されるリースの取得日時が更新されます。


- Windows Vista 以降
DHCP から取得した IPアドレスのリースの取得日時は、最初に取得を行った日時が表示されます。
ipconfig /renew コマンドを実行し、リースの更新を実施した場合でも、ipconfigコマンドにて表示されるリースの取得日時は更新されません。



原因

本動作はデザインです。

 「リースの取得時刻」 については、実装の方針として以下の 2 通りあります。
 ・IP アドレスを最初に取得した時刻(更新時間は含まない)
 ・IP アドレスを取得、あるいは更新した時刻

 Windows XP までは後者をデザインとして採用しており、Windows Vista 以降は前者を採用しています。
 これは、Windows Vista以降のネットワークコンポーネントに関する処理が変更になっている事も関係し、デザインを変更しています。
 
プロパティ

文書番号:2642685 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック