Exchange 200x で SMTP コネクタを構成する方法

概要

Exchange 2000 および Exchange 2003 では、混在モード環境用に、以前のバージョンの Exchange で使用されていたインターネット メール サービスの代わりに、SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) コネクタが使用されています。ただし、Exchange 200x のみの環境では、インターネットでのメール フローにコネクタは不要であることに注意する必要があります。この資料では、SMTP コネクタの構成方法について説明します。

詳細

Exchange 2000 および Exchange 2003 の動作は、Exchange Server 5.5 とは異なります。Exchange Server 5.5 の場合、SMTP はインターネット メール サービスを使用したアドオンです。Exchange 2000 および Exchange 2003 では、SMTP はネイティブであり、すべてが SMTP ベースです。デフォルトの SMTP 仮想サーバーはそれ自体で、すべてのインターネット トラフィック (送受信) を処理できます。


通常、SMTP コネクタを使用する主な目的は、特定の方法で特定のドメインへメールを送信すること (たとえば、特定のドメイン宛てのメッセージのみを指定したスマート ホストへメッセージを転送する場合や、EHLO ではなく HELO を送信する場合など)、または Exchange Server 5.5 を含む環境で IMS の代わりをすることです。


SMTP コネクタを作成し、安全に構成するには、次の手順を実行します。
  1. Exchange システム マネージャを起動します。


    : Exchange 2003 組織または Exchange 2000 組織に Exchange Server をインストールしても、Exchange システム マネージャでは、ルーティング グループおよび管理グループは自動的には表示されません。ルーティング グループおよび管理グループを表示するように Exchange 組織を構成する必要があります。

    Exchange システム マネージャを構成して Exchange サーバーのルーティング グループおよび管理グループを表示する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

    312411 [HOW TO] Exchange 2000 Server でシステム マネージャにルーティング グループと管理グループを表示する方法
  2. [管理グループ] を展開します。展開するには、[管理グループ] の左側にある正符号 (+) をクリックします。
  3. 構成する管理グループをクリックし、展開します。
  4. [ルーティング グループ] を展開します。
  5. 構成するルーティング グループをクリックし、展開します。
  6. [コネクタ] をクリックします。[コネクタ] を右クリックし、[新規作成] をポイントします。
  7. [SMTP コネクタ] をクリックします。
  8. [全般] タブで、コネクタに適切な識別名を付けます。
  9. DNS を使用するか、スマート ホストに転送するかを選択します (インターネット サービス プロバイダの送信メール サーバーを利用して中継する場合)。スマート ホストに転送する場合は、スマート ホストの IP アドレスを角かっこで囲んで使用します。
  10. [ローカル ブリッジヘッド サーバー] の下にある [追加] をクリックします。ルーティング グループのブリッジヘッド サーバーとなるサーバーを追加します。SMTP 仮想サーバーを、SMTP コネクタのブリッジヘッド サーバーとして指定します。作業を行っているサーバーか、同じルーティング グループ内の別のサーバーを指定できます。また、この役割は複数のサーバーで共有させることもできます。


    重要 : SMTP 仮想サーバーは、デフォルトの SMTP ポート 25 とは異なる TCP (接続要求待ち) ポートを使用するように構成できます。SMTP コネクタのローカル ブリッジヘッドとして選択する SMTP 仮想サーバーでは、必ず TCP (接続要求待ち) ポート 25 を使用する必要があります。こうすることで、TCP (発信要求) ポートがデフォルトの 25 である他の SMTP 仮想サーバーから、その SMTP 仮想サーバーに到達できます。
    関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    274842 [XFOR] Exchange 2000 で SMTP ポート 25 を別のポートに変更する方法
  11. [アドレス スペース] タブをクリックします。[コネクタのスコープ] の下にある [組織全体] または [ルーティング グループ] のいずれかをクリックします。以前のバージョンの Exchange Server でインターネット メール サービスを構成するときと同様に、[追加]、[SMTP]、[OK] の順にクリックします。送信メールのドメイン制限が不要な場合は、デフォルト (*) のままにし、コストは 1 のままにします。デフォルトの (*) を指定した場合は、[これらのドメインへのメッセージの中継を許可する] チェック ボックスは必ずオフのままにしてください。[これらのドメインへのメッセージの中継を許可する] チェック ボックスをオンにすると、サーバーが世界中に公開され、中継可能になります。[これらのドメインへのメッセージの中継を許可する] チェック ボックスは、セキュリティで保護されたドメイン間の接続のみに使用します。[OK] をクリックします。
  12. すべてのメールをスマート ホストに転送するように選択した場合は、[詳細設定] タブをクリックします。[送信セキュリティ] をクリックし、中継ホストに適した認証方法を選択します。デフォルトは [匿名アクセス] です。ISP と別のセキュリティ レベルを使用する取り決めを事前に行っていない限り、ISP に転送する場合は匿名の認証方法を使用する必要があります。独自のサーバーまたは現在の環境外の別のサーバーに転送する場合は、そのサーバーの管理者と協力して、両方のサーバーに適したセキュリティ レベルを選択します。次の書式を使用すると、このボックスに複数のスマート ホストを追加できます。
    [IP];[IP];[IP];[IP]
  13. [OK] をクリックし、[送信セキュリティ] ダイアログ ボックスを閉じます。
  14. [OK] をクリックして [詳細設定] タブを閉じます。
  15. [OK] をクリックして、SMTP コネクタを終了します。
  16. この変更を有効にするには、Microsoft Exchange Routing Engine サービスおよび SMTP サービスを再起動する必要があります。
プロパティ

文書番号:265293 - 最終更新日: 2007/11/25 - リビジョン: 1

フィードバック