Outlook 2010 または 2013 で電子メールを送受信する際に表示される 0x8004010F エラー

適用対象: Microsoft Outlook 2010Outlook 2013

概要


この問題は、Outlook プロファイルが壊れることで発生します。 新しいプロファイルを作成することで、問題を解決できる場合があります

現象


Outlook 2010 を使用して電子メールを送信または受信しようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

0x8004010F: Outlook データ ファイルにアクセスできません。

または

0x8004010F: 操作は失敗しました。 オブジェクトが見つかりませんでした。

解決方法


エラー 0x8004010F を解決するには、既定の Outlook データ ファイルについて現在の場所を特定し、新しい Outlook プロファイルを作成します。 これを行うには、以下の手順を実行します。
 

手順 1 - 既定の Outlook データ ファイルを見つける

  1. [スタート]
    Windows の [スタート] ボタン
     
    ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. コントロール パネルの [メール] をクリックします。
  3. [メール設定 - Outlook] ダイアログ ボックスで [プロファイルの表示] をクリックします。

    In the Mail Setup - Outlook dialog box, click Show Profiles.
     
  4. 現在の Outlook プロファイルを選択し、[プロパティ] をクリックします。

    Select your current Outlook profile, and then click Properties.
     
  5. [メール設定 - Outlook] ダイアログ ボックスの [データ ファイル] をクリックします。

    In the Mail Setup - Outlook dialog box, click Data Files.
     
  6. [アカウント設定] ダイアログ ボックスの [データ ファイル] タブを選択し、プロファイルの既定のデータ ファイル (既定のデータ ファイルにはチェック マークが付いています) の名前と場所をメモします。

    Select the Data Files tab in the Account Settings dialog box, and then note the name and location of the default data file for your profile (a check mark will denote the default data file).
     
  7. [閉じる] をクリックします。

詳細情報


注: 既定ではないいくつかの .pst ファイルを Outlook プロファイルに含める必要がある場合には、次の手順を実行します。
  1. Outlook を起動します。
  2. [ファイル] タブの [開く] をクリックします。
  3. [Outlook データ ファイルを開く] をクリックします。
  4. 他の .pst ファイルが格納されているフォルダーを参照し、そのファイルを選択し、[OK] をクリックします。
新しく追加した .pst ファイルがナビゲーション ウィンドウに表示されます。