FIX: SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2012 または SQL Server 2008 で並列クエリを実行する時の "bufferLen > = colLen" というアサーション

マイクロソフトは、Microsoft SQL Server 2008 を配布して、1 つのダウンロード可能なファイルとして Microsoft SQL Server の 2008 R2 または Microsoft SQL Server 2012 を修正します。修正プログラムは累積的であるため、新しいリリースごとにすべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008、SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2012 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。

現象

SQL Server 2008 で、SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2012 では、並列クエリを実行することを想定しています。クエリ オプティマイザーによって作成されたクエリ プランは、並列クエリの実行のハッシュ結合を使用すると、"bufferLen > = colLen"アサーションが発生する可能性があります。さらに、SQL Server ログ フォルダーに最小ダンプ ファイルが生成され、次のエラー メッセージが SQL Server エラー ログ ファイルに記録。
< 日付 >< >< spid > エラー: 17066、レベル: 16、状態: 1 です。
< 日付 >< >< spid > SQL Server アサーション: ファイル: < e:\sql10_katmai_t\sql\ntdbms\storeng\dfs\access\sebind.h >、行 = 1139 失敗したアサーション = ' bufferLen > = colLen' です。このエラーは、タイミングに関連する可能性があります。ステートメントを再実行した後、エラーが解決しない場合は、DBCC CHECKDB を使用して、データベースの構造上の整合性をチェックするか、サーバーを再起動してメモリ内の データ構造が破損していないことを確認します。

< 日付 >< >< spid > * 開始スタックをダンプします。
<Date><Time> <spid> * <Date><Time> <spid>
<Date><Time> <spid> *
< 日付 >< >< spid > * 場所: e:\sql10_katmai_t\sql\ntdbms\storeng\dfs\access\sebind.h:1139
< 日付 >< >< spid > * 式: bufferLen > = colLen

解決策

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2008 R2 Service Pack 2

この問題の修正プログラムは、SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 の累積的な更新 1 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム パッケージ 1 2720425
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
2730301 SQL Server 2008 R2 の「SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 がリリースされた後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2012

この問題の修正プログラムは、SQL Server 2012 の累積的な更新 2 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2703275累積では、SQL Server 2012 のパッケージ 2 を更新します。
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2012 で含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。マイクロソフトでは、この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
2692828 SQL Server 2012 の「SQL Server 2012 のリリース後にリリースされたビルド
SQL Server 2012 のインストールに SQL Server 2012 の修正プログラムを適用する必要があります。

SQL Server 2008 R2 Service Pack 1

この問題の修正プログラムは、SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 の累積的な更新 6 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム パッケージ 6 2679367
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
2567616 SQL Server 2008 R2 の「SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 がリリースされた後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 R2

この問題の修正プログラムは累積的な更新プログラム 13 にまずリリースされました。詳細については SQL Server 2008 R2 でこの累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
SQL Server 2008 R2 の累積的な更新プログラム パッケージ 13 2679366
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
981356 SQL Server 2008 R2 の「SQL Server 2008 R2 のリリース後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 Service Pack 3

この問題の修正プログラムは、SQL Server 2008 Service Pack 3 の累積的な更新 4 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2673383関数形式は、SQL Server 2008 Service Pack 3 の 4 のパッケージを更新します。
注: ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースには、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラムの更新プログラムのリリースします。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用することを検討することをお勧めします。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
2629969 SQL Server 2008 SQL Server 2008 Service Pack 3 がリリースされた後にリリースされたビルドします。

状況

マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

回避策

この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。
  • 1に、 MAXDOPクエリ ヒント オプションを設定します。
  • 1に、並列処理の最大限度] オプションを設定します。

関連情報

SQL Server の増分サービス モデルについては、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。
935897 「の増分サービス モデルは、SQL Server チームは、報告された問題に対する修正プログラムを提供
SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
Microsoft SQL Server ソフトウェアの822499の名前付けスキーマの更新プログラム パッケージ
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明
プロパティ

文書番号:2665649 - 最終更新日: 2017/01/31 - リビジョン: 1

フィードバック