初心者でもわかる! Windows 7 でバックアップ : 特定のフォルダーやファイルを復元

ホーム 特定のフォルダーやファイルを復元

特定のフォルダーやファイルを復元する

特定のフォルダーやファイルの状態を元に戻すには、「Windows バックアップ」の復元機能を利用します。

バックアップに利用できるメディアの種類はいくつかあります。(利用できるメディアについてはこちらを参照)
ここでは、外付けハード ディスク ドライブ (HDD) に保存したバックアップを使って、特定のフォルダーのデータを復元する方法を説明します。なお、HDD 以外のメディアでも復元の方法は同じです。


復元には時間がかかりますので、ノート パソコンの場合はバッテリーではなく AC 電源に接続しておきましょう。また、作業の途中で [ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスが表示された場合は、[はい] ボタンをクリックしてください。

「Windows バックアップ」では、バックアップするときはフォルダー単位でバックアップしますが、復元するときはフォルダー単位でもファイル単位でも復元できます。

特定のフォルダーやファイルを復元する手順

  1. パソコンに外付け HDD を接続
    1. パソコンに外付け HDD を接続

  2. [自動再生] ダイアログ ボックスが表示された場合には [×] ボタンをクリックして閉じる
    2. [自動再生] ダイアログ ボックスが表示された場合には [×] ボタンをクリックして閉じる

  3. [スタート] ボタンをクリック

  4. [コンピューター] をクリック
    3. [スタート] ボタンをクリック 4. [コンピューター] をクリック

  5. コンピューターのウィンドウが表示されたら外付け HDD のアイコンの表示 (接続されていること) を確認

  6. [×] ボタンをクリック
    5.コンピューターのウィンドウが表示されたら外付け HDD のアイコンの表示 (接続されていること) を確認 6. [×] ボタンをクリック

  7. [スタート] ボタンをクリック

  8. [コントロール パネル] をクリック
    7. [スタート] ボタンをクリック 8. [コントロール パネル] をクリック

  9. [システムとセキュリティ] の [バックアップの作成] をクリック
    9. [システムとセキュリティ] の [バックアップの作成] をクリック
    コントロール パネルの右上にある [表示方法] が「カテゴリ」になっていない場合は、クリックして「カテゴリ」に変更してください。

    カテゴリ

  10. [ファイルの復元] ボタンをクリック
    10. [ファイルの復元] ボタンをクリック

  11. [フォルダーの参照] ボタンをクリック
    11. [フォルダーの参照] ボタンをクリック
    [ファイルの参照] ボタンをクリックすると、フォルダー単位ではなくファイル単位で指定することができます。また、[検索] ボタンをクリックすると、フォルダーやファイルをキーワードで検索することができます。

    [ファイルの参照] ボタン [検索] ボタン

  12. ここでは例として自分のファイルをすべて復元するので、「(ユーザー名) のバックアップ」と表示されたフォルダーを選択

  13. [フォルダーの追加] ボタンをクリック
    12. ここでは例として自分のファイルをすべて復元するので、「(ユーザー名) のバックアップ」と表示されたフォルダーを選択 13. [フォルダーの追加] ボタンをクリック

  14. [次へ] ボタンをクリック
    14. [次へ] ボタンをクリック

  15. [元の場所] をオン

  16. [復元] ボタンをクリック
    15. [元の場所] をオン 16. [復元] ボタンをクリック
    [次の場所] を指定した場合は、元の場所とは別の場所に復元することができます。
    復元する場所は、[参照] ボタンをクリックすれば指定できます。

    [次の場所] ボタン [参照] ボタン

  17. [同じ処理をすべての競合に適用] チェック ボックスをオン

  18. [コピーして置き換える] をクリック
    17. [同じ処理をすべての競合に適用] チェック ボックスをオン 18. [コピーして置き換える] をクリック
    [同じ処理をすべての競合に適用] チェック ボックスをオンにして [コピーして置き換える] をクリックすると、すべてのファイルを元のファイルに上書きすることができます。

    復元先に同じ名前のファイルがあるときは、次の 3 つの処理を選択できます。
    • コピーして置き換える
      元のファイルに上書きします。
    • コピーしない
      コピーしないで元のファイルを残します。
    • コピーするが両方のファイルを保存する
      元のファイルはそのまま残し、コピーするファイルは名前の後ろに (2) を付けてコピーします。たとえば「書類.xls」というファイルあれば、元のファイルは「書類.xls」のまま残り、コピーするファイルが「書類 (2).xls」となります。

  19. [完了] ボタンをクリック
    19. [完了] ボタンをクリック

  20. 復元完了
プロパティ

文書番号:2666282 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate

フィードバック