初心者でもわかる! Windows 7 でバックアップ : パソコン全体を復元

適用対象: Windows 7 EnterpriseWindows 7 Home PremiumWindows 7 Professional 詳細

ホーム パソコン全体を復元

パソコン全体を復元する


『パソコン全体を丸ごとバックアップする「必要なときに実行 」』または『パソコン全体を丸ごとバックアップする「定期的に実行」 』の方法で作成したバックアップ データを復元すれば、パソコン全体を元の状態に戻すことができます。

また、復元するときに最新のフォルダーとファイルをバックアップすることで、フォルダーとファイルも最新の状態に復元できます。

なお、ここで説明する作業内容は大きく 4 つに分かれています。ただし、作業はすべて連続していますので、実行する際にはすべての作業を通して実行してください。

パソコン全体を復元 - 作業の流れ


パソコン全体を丸ごとバックアップするには大容量のメディアが必要になりますので、外付けハード ディスク ドライブ (HDD) を使用して保存したバックアップを使って、元の場所にデータを復元する方法を説明します。

なお、復元には時間がかかりますので、ノートパソコンの場合はバッテリーではなく AC 電源に接続しておきましょう。また、作業の途中で [ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスが表示された場合は [はい] ボタンをクリックしてください。

作業 A. システムイメージの復元の準備


  1. パソコンに外付け HDD を接続
    1. パソコンに外付け HDD を接続

  2. [自動再生] ダイアログ ボックスが表示された場合には [×] ボタンをクリックして閉じる
    2. [自動再生] ダイアログ ボックスが表示された場合には [×] ボタンをクリックして閉じる

  3. [スタート] ボタンをクリック

  4. [コンピューター] をクリック
    3. [スタート] ボタンをクリック 4. [コンピューター] をクリック

  5. コンピューターのウィンドウが表示されたら外付け HDD のアイコンの表示 (接続されていること) を確認

  6. [×] ボタンをクリック
    5.コンピューターのウィンドウが表示されたら外付け HDD のアイコンの表示 (接続されていること) を確認 6. [×] ボタンをクリック

  7. [スタート] ボタンをクリック

  8. [コントロール パネル] をクリック
    7. [スタート] ボタンをクリック 8. [コントロール パネル] をクリック

  9. [システムとセキュリティ] の [バックアップの作成] をクリック
    9. [システムとセキュリティ] の [バックアップの作成] をクリック
    コントロール パネルの右上にある [表示方法] が「カテゴリ」になっていない場合は、クリックして「カテゴリ」に変更してください。

    カテゴリ

  10. [システム設定またはコンピューターの回復] をクリック
    10. [システム設定またはコンピューターの回復] をクリック

  11. [高度な回復方法] をクリック
    11. [高度な回復方法] をクリック

  12. [以前に作成したシステム イメージを使用してコンピューターを回復する] をクリック
    12. [以前に作成したシステム イメージを使用してコンピューターを回復する] をクリック


作業 B. 最新のフォルダー・ファイルのバックアップ


  1. [今すぐバックアップ] ボタンをクリック
    1. [今すぐバックアップ] ボタンをクリック

  2. バックアップ先を指定 (外付け HDD を選択)

  3. [次へ] ボタンをクリック
    2. バックアップ先を指定 (外付け HDD を選択) 3. [次へ] ボタンをクリック

  4. [自分で選択する] をオン

  5. [次へ] ボタンをクリック
    4. [自分で選択する] をオン 5. [次へ] ボタンをクリック

  6. バックアップしたい項目のチェック ボックスをオンにして選択

  7. [次へ] ボタンをクリック
    6. バックアップしたい項目のチェック ボックスをオンにして選択 7. [次へ] ボタンをクリック
    復元をおこなうとバックアップした時点のパソコンの状態に戻ります。

    つまり、バックアップ後に作成・編集したファイルの状態が失われてしまいます。

    したがって、バックアップ後に作成・編集したファイルも復元して最新の状態にするためには、復元する直前に、バックアップ後に作成・編集したファイルの場所を指定してバックアップをとる必要があります。

  8. [設定を保存してバックアップを実行] ボタンをクリック
    8. [設定を保存してバックアップを実行] ボタンをクリック
    バックアップが始まりますので、処理が終わるまでしばらく待ちましょう。

    処理が終わるまでしばらく待ちましょう。

  9. バックアップが完了したら、[×] ボタンをクリック
    9. バックアップが完了したら、[×] ボタンをクリック

  10. 表示されているもう 1 つのウィンドウの [再起動] ボタンをクリック
    10. 表示されているもう 1 つのウィンドウの [再起動] ボタンをクリック


作業 C. システム イメージの復元


  1. コンピューターが再起動後 、[システム回復オプション] ダイアログ ボックスが表示されたら [次へ] ボタンをクリック
    1. コンピューターが再起動後 、[システム回復オプション] ダイアログ ボックスが表示されたら [次へ] ボタンをクリック
    システム イメージの検出が始まります。検出には時間がかかるので少し待ちましょう。

    検出には時間がかかるので少し待ちましょう。

  2. システム イメージが検出されたら [次へ] ボタンをクリック
    2. システム イメージが検出されたら [次へ] ボタンをクリック

  3. [次へ] ボタンをクリック
    3. [次へ] ボタンをクリック

  4. [完了] ボタンをクリック
    4. [完了] ボタンをクリック

  5. 「ドライブ内の復元対象のデータはすべて、システム イメージ内のデータによって置き換えられます。続行しますか?」と表示されたら [はい] ボタンをクリック
    5. 「ドライブ内の復元対象のデータはすべて、システム イメージ内のデータによって置き換えられます。続行しますか?」と表示されたら [はい] ボタンをクリック
    復元処理には時間がかかりますので、終了するまでしばらく待ちましょう。

    終了するまでしばらく待ちましょう。

  6. 復元完了後「今すぐコンピューターを再起動しますか?」と表示されるので、[今すぐ再起動する] ボタンをクリック

    6. 復元完了後「今すぐコンピューターを再起動しますか?」と表示されるので、[今すぐ再起動する] ボタンをクリック
    [今すぐ再起動する] ボタンをクリックしなくても、60 秒後には自動的に再起動が行われます。

作業 D. バックアップしたフォルダー・ファイルの復元


  1. コンピューターが再起動後、「回復が完了しました。ユーザー ファイルを復元しますか?」と表示されたら、[ファイルの復元] ボタンをクリック
    1. コンピューターが再起動後、「回復が完了しました。ユーザー ファイルを復元しますか?」と表示されたら、[ファイルの復元] ボタンをクリック

  2. バックアップ ファイルが一覧表示されるので、日付の最も新しいバックアップを選択

  3. [次へ] ボタンをクリック
    2. バックアップ ファイルが一覧表示されるので、日付の最も新しいバックアップを選択 3. [次へ] ボタンをクリック

  4. [このバックアップからすべてのファイルを選択する] チェック ボックスをオン
    4. [このバックアップからすべてのファイルを選択する] チェック ボックスをオン

  5. [次へ] ボタンをクリック
    5. [次へ] ボタンをクリック

  6. [元の場所] をオン

  7. [復元] ボタンをクリック
    6. [元の場所] をオン 7. [復元] ボタンをクリック
    [次の場所] を指定した場合は、元の場所とは別の場所にファイルを復元することができます。復元する場所は、[参照] ボタンをクリックすれば指定できます。

    [次の場所] ボタン [参照] ボタン

  8. [同じ処理をすべての競合に適用] チェック ボックスをオン

  9. [コピーして置き換える] をクリック
    8. [同じ処理をすべての競合に適用] チェック ボックスをオン 9. [コピーして置き換える] をクリック
    [同じ処理をすべての競合に適用] チェック ボックスをオンにして [コピーして置き換える] をクリックすると、すべてのファイルを元のファイルに上書きすることができます。

    復元先に同じ名前のファイルがあるときは、次の 3 つの処理を選択できます。
    • コピーして置き換える
      元のファイルに上書きします。
    • コピーしない
      コピーしないで元のファイルを残します。
    • コピーするが両方のファイルを保存する
      元のファイルはそのまま残し、コピーするファイルは名前の後ろに (2) を付けてコピーします。たとえば「書類.xls」というファイルあれば、元のファイルは「書類.xls」のまま残り、コピーするファイルが「書類 (2).xls」となります。

  10. [完了] ボタンをクリック
    10. [完了] ボタンをクリック

  11. 復元完了