Windows server AppFabric 1.1 をマイクロソフトのセキュリティ更新プログラム パッケージ 1

はじめに

Windows server AppFabric 1.1 を Microsoft の累積的な更新プログラム パッケージ 1 があります。この修正プログラム パッケージでは、いくつかの問題を解決し、「関連情報」セクションに記載されているいくつか機能を追加します。

詳細

詳細についてはマイクロソフト製品の更新プログラムを記述するために使用される用語について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。


AppFabric サーバー PowerShell プロンプトを開くときに、この更新プログラムを適用した後、PowerShell は、既存の実行ポリシーを有効にしている場合は、スクリプトを実行するアクセス許可の要求があります。AppFabric PowerShell コマンドレットを使用するには、署名付きのスクリプトの実行を有効にする必要です。
キャッシュ クライアントとローカル キャッシュ (Windows Server AppFabric キャッシュ)
この更新プログラムを適用、ローカル キャッシュ内の項目可能性があります無期限に定義されたポリシーがあるためです。

競合状態の場合、ローカル キャッシュのオブジェクトの一部が無期限に期待どおりにします。したがって、クライアントには必要データが最新ではない可能性がある場合があります。


Windows Server AppFabric キャッシュの GetCache() API

この更新プログラムを適用、 GetCache()メソッドがあります、「同じキーを持つ項目は既に追加されて"が見つかりません。

GetCache()メソッドを呼び出すと、次の例外メッセージが表示されます。

見つかりません: 同じキーを持つ項目は既に追加されています。

System.ThrowHelper.ThrowArgumentException (ExceptionResource リソース) で

System.Collections.Generic.Dictionary'2.Insert で (TKey キー、TValue 値、ブール値を追加)

System.Collections.Generic.Dictionary'2.Add (TKey キー、TValue の値) に

d:\bt\9383251\private\src\core\drm\DRMUtility.cs:line 39 での Microsoft.ApplicationServer.Caching.RoutingClientDrmUtility.AddCacheDRM (文字列のキャッシュ名、DRM の drm) で

d:\bt\9383251\private\src\client\CacheFactory.cs:line 412 での Microsoft.ApplicationServer.Caching.DataCacheFactory.CreateRoutingClient (文字列のキャッシュ名、NamedCacheConfiguration の構成、IClientProtocol プロトコル、CacheLookupTableTransfer initialLookupTable、SimpleSendReceiveModule sendRcvModule) で

d:\bt\9383251\private\src\client\CacheFactory.cs:line 312 で、Microsoft.ApplicationServer.Caching.DataCacheFactory.CreateNewCacheClient (DataCacheDeploymentMode モード、キャッシュ名の文字列、NamedCacheConfiguration 設定、プロトコルの IClientProtocol、CacheLookupTableTransfer initialLookupTable、SimpleSendReceiveModule tempModule) で

d:\bt\9383251\private\src\client\CacheFactory.cs:line 234 で Microsoft.ApplicationServer.Caching.DataCacheFactory.GetCache (文字列のキャッシュ名) で

既知の Windows server AppFabric 1.1 を Microsoft の累積的な更新プログラムでの問題

重要 AppFabric 1.1 キャッシュ機能のみにこの更新プログラムが適用されます。AppFabric キャッシュを実行しているまたは、AppFabric キャッシュ クライアントを使用しているサーバー上でのみ更新プログラムをインストールすることをお勧めします。

問題

更新プログラムをインストールした後、AppFabric 構成ウィザードと誤って報告」構成されていません"として永続化と監視の構成の状態さらに、ユーザー ・ インタ フェースのステータスが正しくありません。

サービスが実行されていることを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. Powershell の管理コンソールを開きます。
  2. 実行、取得-ASAppMonitoring: ルートの状態の構成を確認するコマンドです。
  3. 実行、 Get ASAppInstanceStore – ルートインスタンス ストアの接続文字列を確認するコマンドです。

AppFabric ホスティング サービスまたは AppFabric ホスティング サービスによってホストされているサービスのいずれかの機能には影響しません、この問題を無視しても安全です。

Windows server AppFabric 1.1 を Microsoft の累積的な更新プログラム パッケージ 1 を取得する方法

累積的な更新パッケージの情報

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
Download 累積的な更新パッケージを今すぐダウンロードします。
Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の記事をご参照ください。
119591オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

必要条件

この累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、するには、インストールされている Windows server AppFabric 1.1 を Microsoft が必要です。

再起動の必要性

この累積的な更新プログラム パッケージの適用後にコンピューターを再起動する必要があります。

ファイル情報

この累積的な更新プログラム パッケージの英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。

サポートされている x86 ベースのすべてのバージョンの Windows Server AppFabric 1.1 を Microsoft の
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
distributedcacheadministration.psm1該当なし13,57320-Feb-201216:24該当なし
distributedcacheadministration.psd1該当なし91520-Feb-201216:24該当なし
distributedcacheconfiguration.psm1該当なし11,49020-Feb-201216:24該当なし
distributedcacheconfiguration.psd1該当なし59020-Feb-201216:24該当なし
microsoft.applicationserver.caching.configuration.dll-help.xml該当なし70,76220-Feb-201216:24該当なし
microsoft.applicationserver.caching.managementps.dll-help.xml該当なし176,67120-Feb-201216:24該当なし
setup.exe.config該当なし23520-Feb-201216:24該当なし
Microsoft.applicationserver.caching.client.dll1.0.4639.0178,07220-Feb-201216:24x86
Microsoft.applicationserver.caching.configuration.dll1.0.4639.092,07220-Feb-201216:24x86
Microsoft.applicationserver.caching.configuration.resources.dll1.0.4639.016,83220-Feb-201216:24x86
Microsoft.applicationserver.caching.core.dll1.0.4639.0837,52020-Feb-201216:24x86
Microsoft.applicationserver.caching.managementps.dll1.0.4639.083,88020-Feb-201216:24x86
Microsoft.applicationserver.caching.server.dll1.0.4639.0444,31220-Feb-201216:24x86
Microsoft.applicationserver.configuration.exe1.1.2112.2714,64820-Feb-201216:24x86
すべてサポートされている x64 ベース バージョンの Windows server AppFabric 1.1 を Microsoft の
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
distributedcacheadministration.psm1該当なし13,57320-Feb-201216:28該当なし
distributedcacheadministration.psd1該当なし91520-Feb-201216:28該当なし
distributedcacheconfiguration.psm1該当なし11,49020-Feb-201216:28該当なし
distributedcacheconfiguration.psd1該当なし59020-Feb-201216:28該当なし
microsoft.applicationserver.caching.configuration.dll-help.xml該当なし70,76220-Feb-201216:28該当なし
microsoft.applicationserver.caching.managementps.dll-help.xml該当なし176,67120-Feb-201216:28該当なし
setup.exe.config該当なし23520-Feb-201216:28該当なし
Microsoft.applicationserver.caching.client.dll1.0.4639.0178,07220-Feb-201216:28x86
Microsoft.applicationserver.caching.configuration.dll1.0.4639.092,07220-Feb-201216:28x86
Microsoft.applicationserver.caching.configuration.resources.dll1.0.4639.016,83220-Feb-201216:28x86
Microsoft.applicationserver.caching.core.dll1.0.4639.0837,52020-Feb-201216:28x86
Microsoft.applicationserver.caching.managementps.dll1.0.4639.083,88020-Feb-201216:28x86
Microsoft.applicationserver.caching.server.dll1.0.4639.0444,31220-Feb-201216:28x86
Microsoft.applicationserver.configuration.exe1.1.2112.2714,64820-Feb-201216:28x86

関連情報

Windows server AppFabric 1.1 を Microsoft に関する詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
DataCacheFactory.GetCacheメソッドの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2671763 - 最終更新日: 2017/02/18 - リビジョン: 1

Windows Server AppFabric

フィードバック