2678120 の修正プログラム ロールアップは Microsoft Dynamics RMS ストア操作 2.0 および Microsoft Dynamics RMS 本部 2.0 を利用できます。



領域に適用されます。

この資料は、すべての地域は、Microsoft Dynamics 製品版の管理システムに適用されます。

概要


この資料では、Microsoft Dynamics 製品管理システム (RMS) 店舗運営 2.0 および Microsoft Dynamics 製品管理システム (RMS) 本社 2.0 のいくつかの問題を修正する修正プログラムのロールアップについて説明します。この修正プログラム ロールアップのビルド番号は、2.0.0163 です。
この修正プログラム ロールアップには、次の問題が修正されます。
  • 最初に発注書が保存される前に発注書の発注書の日付フィールドに日付を変更すると、日付の変更は保存されません。BUG #: 950 (小売管理システム SE)
  • スタイル 401:: 要求データ アップロード] のワークシートを処理すると、変更のない顧客が予期せずに更新されます。BUG #: 1341 (小売管理システム SE)
  • 別のコンピューターのユーザーは、同時に別仕入先別の発注書を作成するときは、別のコンピューターで、発注書を 1 台のコンピューターの発注書に追加される項目が追加されます。BUG #: 1359 (小売管理システム SE)
  • Microsoft Dynamics RMS ストア操作 POS を起動しようとして、正味の表示機能を有効に、次のエラー メッセージが表示されます。
    実行時エラー '438': オブジェクトはこのプロパティまたはメソッドをサポートしていません。
    BUG #: 1499 (小売管理システム SE)

解決策


修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールした場合、またはその他のテクニカル ・ サポートのご質問がある場合、パートナーにお問い合わせくださいまたは場合は、マイクロソフトから直接サポート プランに登録すると、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡して新しいサポート要求を作成します。 これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。これらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。 これを行うには、次のマイクロソフト web サイトのいずれかを参照してください。

パートナーお客様かかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

必要条件

この修正プログラム ロールアップをインストールする前に、Microsoft Dynamics RMS Service Pack 4 (SP4) がインストールされている必要があります。Microsoft Dynamics RMS SP4 がインストールされているがあることを確認するには、次の手順を実行します。
  1. Operations Manager のストアを開始します。
  2. [ヘルプ] メニューで、ストア オペレーション マネージャーの概要をクリックします。
  3. Service Pack 4 (2.0.0155) またはそれ以降の service pack がインストールされていることを確認します。

インストール情報

本社

本社と複数のストアを使用する場合は、すべてのコンピューターに修正プログラムのロールアップをインストールします。

重要 ストア内でのアクティビティが発生しないときは、修正プログラムのロールアップをインストールすることを確認します。


インストールされている以下のプログラムのいずれかを各コンピューターに修正プログラムのロールアップをインストールします。

  • 本社クライアント
  • 本社マネージャー
  • 本社のサーバー
  • ストア オペレーション ・ マネージャー
  • POS の操作を保存します。
重要 本社を実行しているか、ストアの操作が実行されている任意の Microsoft Dynamics 製品管理システムのプログラムを使用する前にすべてのコンピューターに修正プログラムのロールアップがインストールされていることを確認します。部分的に更新される環境をテストしましたがないと、マイクロソフト サポートしていないこと。

この修正プログラム ロールアップをインストールする前に、本社のクライアント プログラムとバック オフィスのサーバー プログラム間の通信を停止することをお勧めします。これを行うには、本社のクライアントがインストールされているコンピューターのストアごとにこれらの手順に従います。
  1. 本社クライアントを起動します。
  2. [ファイル] メニューで、[構成] をクリックして、[スケジュール] タブをクリックして、手動接続のみ] チェック ボックスをオンにする] をクリックし、です。
  3. [OK] をクリックします。

店舗運営

保存操作を使用して 1 つまたは複数のコンピューターと 1 つのストアがあれば、すべてのコンピューターに修正プログラムのロールアップをインストールする必要があります。ストア操作の POS またはストア Operations Manager でアクティビティが発生しないときは、修正プログラムのロールアップをインストールします。ストアを閉じたとき、すべてのコンピューターに修正プログラムのロールアップをインストールします。部分的に更新される環境をテストしましたがないと、マイクロソフト サポートしていないこと。

注: すべてのバック オフィスとすべてのストアは、この修正プログラム ロールアップをインストールした後は、定期的にデータのアップロードを再開できます。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル バージョンには、次の表に記載されているファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が含まれています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Retail2.0-kb2678120.exe1.0.0.09,923,46421-Feb-201208:26x86

修正プログラムのロールアップをインストールする手順を実行します。

修正プログラムのロールアップをインストールするには、以下の手順を実行します。
  1. テクニカル サポートから提供された指示に従って、修正プログラムのロールアップをダウンロードします。
  2. ダウンロードした圧縮ファイルをダブルクリックします。
  3. Self-extractor] ダイアログ ボックスで [続行を] をクリックします。
  4. 、ファイルの抽出先となるフォルダーを選択し、[ OK] をクリックします。
  5. テクニカル サポートから入手したパスワードを入力し、し、[ OK] をクリックします。
  6. 自己解凍のダイアログ ボックスを閉じます[ok]をクリックします。
  7. Microsoft Dynamics 製品管理システムのプログラムをすべて閉じます。
  8. Retail2.0KB2678120.exe ファイルをダブルクリックします。
Microsoft Dynamics 製品管理システム 2.0 の修正プログラム インストーラー プログラムでは、インストールの残りの部分を説明します。

修正プログラムのロールアップがインストールされていることを確認する方法

修正プログラムのロールアップがインストールされていることを確認するには、以下の手順を実行します。
  1. 本社の任意のプログラムまたは、店舗運営のプログラムを起動します。
  2. [ヘルプ] メニューをクリックします。表示されているバージョン番号が 2.0.0163 の場合は、修正プログラムのロールアップがインストールされます。

スタイル 401:: 要求データ アップロード] ワークシートがすべての接続上のすべての顧客を更新する問題を完全に解決するには、本社と店舗運営のデータベースから重複するグローバルな顧客を削除する必要があります。

グローバルの顧客データの重複があるかどうかを決定するには、本社の管理者またはストアの管理者を使用してデータベースに接続し、クエリ ツールを使用して次のクエリを実行します。
構文についての詳細、StoreID、GlobalCustomer、COUNT(*) を選択してお客様から
構文についての詳細、StoreID、GlobalCustomer を COUNT(*) することによってグループ 1 >
クエリの結果が返された場合は、パートナー、または重複するレコードをクリーンアップするヘルプについては、Microsoft カスタマー サポートにお問い合わせください。このクリーンアップでは、レコードは、重複では実際には、適切なレコードをマージまたは本社とすべてのストアの削除を保証する必要があります。

マイクロソフト カスタマー サポートは、次の方法のいずれかを使用してお問い合わせいただけます。