IIS Admin オブジェクトのメタベース アクセス許可を変更するための Metabase Explorer ツールについて

重要 この資料には、メタベースの編集方法に関する情報が含まれています。万一に備えて、メタベースを編集する前には必ずバックアップ コピーを作成して、復元できるようにしてください。バックアップ方法の詳細については、Microsoft 管理コンソール (MMC) のヘルプで「メタベースのバックアップと復元の方法」を参照してください。

概要

以前は、インターネット インフォメーション サービス (IIS) メタベースに設定されている既定のアクセス許可を変更するために、MetaAcl.vbs ツールがダウンロードで提供されていましたが、MetaAcl.vbs ツールの提供は終了しました。代わりに、IIS 6.0 Resource Kit に含まれる Metabase Explorer ツールを使用します。

以下の IIS のエラー メッセージから、このサポート技術情報にリダイレクトされる可能性があります。
System.Web.Hosting.HostingEnvironmentException: IIS メタベースにアクセスできませんでした。ASP.NET を実行するのに使用されるプロセス アカウントには IIS メタベース (例: IIS://サーバー名/W3SVC) への読み取りアクセスが必要です。メタベースのアクセス許可の変更に関する詳細は、http://support.microsoft.com/?kbid=267904/ja を参照してください。
このエラー メッセージが表示されるのは、メタベースに対するアクセス許可が不十分であるか、アクセス許可が正しく設定されていないためです。 

このエラーを解決するには、Metabase Explorer ツールを使用してメタベースのアクセス許可を変更します。Metabase Explorer ツールと IIS 6.0 Resource Kit Tools の詳細については、次のページを参照してください。

IIS 6.0 Resource Kit Tools について


詳細

Metabase Explorer ツールは、IIS 6.0 Resource Kit Tools の一部として、次のページからダウンロードできます。

http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=17275


注:
ASP.NET 2.0 を使用していて、Windows ユーザー アカウントにメタベース アクセス許可を付与する必要がある場合は、-ga オプションを指定して ASP.NET IIS 登録ツール コマンドを実行します。たとえば、次のコマンドを実行すると、Windows ユーザー アカウント <WindowsUserAccount> に IIS メタベースへのアクセス許可が付与されます。
aspnet_regiis -ga <Windows ユーザー アカウント>
警告 メタベースの編集を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、メタベースを使用するすべての製品の再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、メタベースの編集を誤ったために発生した問題に関しては一切責任を負わないものとします。メタベースの編集は、自己の責任において行ってください。

注: メタベースを編集する前に、メタベースのバックアップを必ず作成してください。

関連情報

詳細については、次のサポート技術情報を参照するか、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。

IIS メタベース (IIS 6.0)
AdminACL メタベース プロパティ (IIS 6.0) IIS メタベース (IIS 5.0)IIS の Admin Base オブジェクト
プロパティ

文書番号:267904 - 最終更新日: 2012/10/24 - リビジョン: 1

フィードバック