Excel 2007 以降のバージョンでグループ化した図形に対して一括で設定した塗りつぶしの色が、Excel 2003 で開くと「なし」になる

現象

Microsoft Office Excel 2007 以降のバージョンで、グループ化した図形に対して一括で塗りつぶしの色を設定して保存したファイルを、Excel 2003 以前のバージョンで開くと塗りつぶしが「なし」になります。

原因

この動作は、Excel 2003 以前のバージョンと Excel 2007 以降のバージョン間の互換機能における制限事項となります。

Excel 2007 以降のバージョンでは、グループ化した図形に対して一括で設定した塗りつぶしの設定情報は、グループ レベルの情報として管理されます。
このグループ レベルの情報は、Excel 2003 形式ではサポートしていないため、Excel 2003 で開いた場合に塗りつぶしが「なし」になります。

回避策

現象が発生するグループ化した図形で、[グループ解除] をします。
グループ化を解除することで、各メンバ図形の個々の情報として塗りつぶしの設定が保存されるため、その後で再グループ化をした場合には本現象は発生しません。
ここでは Excel 2010 での手順を記載します。

手順
  1. 再現ファイルを Excel 2010 で開きます。
  2. Excel 2003 環境で開くと塗りつぶしがなしになってしまうオブジェクト (グループ化された図形) を選択して右クリックし、[グループ化] - [グループ解除] の順にクリックします。
  3. グループ解除された図形が選択された状態で右クリックし、[グループ化] - [再グループ] の順にクリックします。
  4. ファイルを上書き保存して閉じます。
  5. Excel 2003 環境で開きます。

状況

この動作は仕様です。

詳細

問題の再現手順
  1. Excel 2010 を起動します。
  2. [挿入] タブの [図形] から任意の図形、たとえば "円/楕円" を 2 つ挿入して、グループ化します。
  3. グループ化した図形を選択して、一括で別の色で塗りつぶします。
    このとき、グループ化した図形内の各メンバ図形を [Ctrl] キーや [Shift] キーを押しながらすべて選択した状態で塗りつぶしの色を設定した場合は、各メンバ図形の個々の情報として塗りつぶしの設定が保存されるため、本現象は発生しません。
  4. xls 形式で保存してファイルを閉じます。
  5. 手順 4 で保存したファイルを Excel 2003 環境で開きます。 
結果
手順 3 で設定した塗りつぶしが「なし」の状態で表示されます。
 





プロパティ

文書番号:2679306 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック