Excel 2010 で並べ替え操作後に異常終了する場合がある

現象

Microsoft Excel 2010 で、並べ替え操作後に、タブを切り替えたときや Excel を閉じるときに Excel が異常終了する場合があります。
この現象は、xls 形式のファイルで顕著に発生します。

回避策

ファイルを xlsx 形式で保存することで、現象の発生を抑制することができます。

状況

マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。

詳細

問題の再現手順
  1. Excel 2010 を起動します。
  2. セルに、例えば以下のようなデータを入力します。

    F1          F2          F3          F4
    a           11           1            1
    a           11           2            2
    a           12           3            3
    c           31           1            4
    c           31           2            5
    c           32           3            6
    b           21           1            7
    b           21           2            8
    b           22           3            9
  3. [ホーム] タブの [並べ替えとフィルター] - [ユーザー設定の並べ替え] の順にクリックします。
  4. [並べ替え] 画面で、並べ替えるキーを 1 つ以上設定して [OK] をクリックします。
  5. xls 形式で保存して、ファイルを閉じます。
  6. ファイルを開き、 値を入力したセル範囲を選択して、[ホーム] タブの [並べ替えとフィルター] - [ユーザー設定の並べ替え] の順にクリックします。
  7. [レベルの追加] ボタンをクリックして並べ替えのキーを追加し、合計 3 つ設定したら [OK] をクリックします。
  8. [ファイル] タブをクリックします。
  9. [ホーム] タブをクリックします。
結果
「Microsoft Excel は動作を停止しました」というメッセージが表示され、Excel 2010 が異常終了します。

Notes :
複数回並べ替えを行った後にファイルを上書き保存し、Excel を終了するタイミングで Excel 2010 が異常終了する場合もあります。
 

プロパティ

文書番号:2688995 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック