[OFF2003] インストール時にシステム ポリシーによるエラー メッセージが表示される

概要

この資料では、Office のインストール時に、システム ポリシーによるエラー メッセージが表示される場合の対処方法について説明しています。

現象

Office をインストールしようとしたときに、次のような現象が発生する場合があります。
  • 次のいずれかのエラー メッセージが表示され、[OK] をクリックするとセットアップが中断します。
    システム管理者によって、ポリシーはこのインストールを実行できないように設定されています。

    このインストールは、システム ポリシーで許可されていません。システム管理者に問い合わせてください。
  • 次の例のようなコマンド ラインを使用して詳細ログ ファイルを作成します。
    d:\setup.exe /L*V c:\verboselog.txt
    ワードパッドでログ ファイル Verboselog.txt を開き、ファイルの末尾までスクロールすると、次の例のようなログが記録されています。

    MSI (c) (93:E3): Searching for item Products\904000001E872D116BF00006799C897E in per-user non-managed key
    MSI (c) (93:E3): Found item Products\904000001E872D116BF00006799C897E
    MSI (c) (93:E3): Note: 1: 2720 2: 2
    The system administrator has set policies to prevent this installation.
    F:\data1.msi
    MSI (c) (93:E3): MainEngineThread is returning 1625
    === Verbose logging stopped: 11/17/00 8:45:19 ===

原因

これらの現象は、次の条件を両方とも満たす場合に発生します。
  • コンピュータ上に次のレジストリ キーが存在する。


    Windows NT 4.0、Windows 2000 または Windows XP の場合
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Classes\Installer\Products\圧縮GUID
    Windows 95、Windows 98、または Windows Millennium Edition (Me) の場合
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Installer\Products\圧縮GUID
    ここで、圧縮GUID は、Office の各エディションに対する 32 文字の固有の GUID です。たとえば、Office 2000 Premium を使用している場合、この圧縮 GUID は 904000001E872D116BF00006799C897E になります。
  • レジストリ内に既に存在するものと同じ圧縮 GUID を持つ Office のエディションをインストールしようとしている。

解決方法

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要です。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。


レジストリの編集方法の詳細については、Regedit.exe のヘルプの「キーと値の変更」または「キーと値を変更する」を参照してください。または Regedt32.exe のヘルプの「レジストリ情報の追加と削除」または「レジストリの情報を追加または削除する」、および「レジストリ情報の編集」または「レジストリ情報を編集する」を参照してください。レジストリの編集を行う前に、必ずレジストリのバックアップをとってください。Windows NT または Windows 2000 を実行している場合、システム修復ディスク (ERD) も更新する必要があります。



この問題を解決するには、次の手順に従います。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに、次の例のようなコマンド ラインを入力し、[OK] をクリックします。
    パス\Setup.exe /L*v C:\Verbose.txt
    ここで、パスには Office ソース ファイルへのフル パスを指定します。たとえば、CD-ROM からインストールしている場合には、CD-ROM または DVD-ROM のドライブ文字を指定します。
  3. エラー メッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

    上記のコマンド ラインによって、ドライブ C のルートに Verbose.txt という詳細ログ ファイルが作成されます。
  4. メモ帳などのテキスト エディタで Verbose.txt を開きます。
  5. ファイルをスクロールし、次のようなテキストを含む行を探します。
    Products\904000001E872D116BF00006799C897E
    : "Products\" に続く 32 文字の英数文字列は、インストールしようとしている Office のエディションによって異なります。上記の文字列は、Office 2000 Premium の場合の例です。
  6. この行の \ に続く 32 文字の英数文字列を記録します。
  7. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  8. [名前] ボックスに regedit と入力して [OK] をクリックします。
  9. オペレーティング システムのレジストリで次のキーを探します。


    Windows NT 4.0、Windows 2000 または Windows XP の場合
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Classes\Installer\Products
    Windows 95、Windows 98、または Windows Millennium Edition (Me) の場合
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Installer\Products
  10. Products キーの下で、手順 6. で記録した 32 文字の文字列と一致するキーを選択します。
  11. [編集] メニューの [名前の変更] をクリックします。
  12. OldProductGuid と入力して Enter キーを押します。
  13. [レジストリ] メニューの [レジストリ エディタの終了] をクリックします。
  14. Office セットアップを再実行します。

関連情報

881261 セットアップ中にシステム ポリシーによるエラーが表示される場合の対処方法 (Windows 98 および Windows Me の場合)
881262 セットアップ中にシステム ポリシーによるエラーが表示される場合の対処方法 (Windows 2000 および WIndows XP の場合)
832672 Description of numbering scheme for product code GUIDs in Office 2003
302663 [OFFXP] 製品コード GUID の番号付けの仕組み
230848 [OFF2000] 製品コード GUID の番号付けの仕組み
プロパティ

文書番号:269232 - 最終更新日: 2006/10/19 - リビジョン: 1

フィードバック