システムに Microsoft Dynamics AX 2009 の Service Pack 1 で、OIOUBL 電子請求書ファイルを生成する、デンマークの関数を実行するときに期待どおりの税コードが TaxSubtotal のトランザクションがグループ化できません。

適用対象: Microsoft Dynamics AX 2009 Service Pack 1

この資料は、千葉県 (dk) 地域の Microsoft Dynamics AX に適用されます。

現象


販売注文または Microsoft Dynamics AX 2009 Service Pack 1 (SP1) での複数のトランザクション明細行を含むプロジェクトの請求書を転記することを想定しています。いくつかのトランザクション明細行の売上税コードを使用して、他のトランザクションが別の売上税コードを使用します。デンマーク OIOUBL の電子請求書ファイルを生成する関数を実行するとシステムはグループ化できません TaxSubtotal トランザクション ソース拡張マークアップ言語 (XML) の税コードが期待どおりに。したがって、OIOUBL ファイルを最終的な依存ではないファイルの説明や、公的機関のお客様に請求することはできません。
次のリンクでファイルの説明を表示できます。

原因


ターゲット XML は、TaxSubtotal 各トランザクション明細行のトランザクションを生成してもために発生します。したがって、最終的な OIOUBL ファイルは依存ファイルの説明ではないし、公的機関のお客様に拒否されます。

解決策


修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。発生している問題をダウンロードする、この修正プログラムをインストールした場合、またはその他のテクニカル ・ サポートのご質問がある場合、パートナーにお問い合わせくださいまたは場合は、マイクロソフトから直接サポート プランに登録すると、Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡して新しいサポート要求を作成します。 これを行うには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。これらのリンクを使用して、国の特定の電話番号を電話で Microsoft Dynamics のテクニカル サポートに連絡することができます。 これを行うには、次のマイクロソフト web サイトのいずれかを参照してください。

パートナーお客様かかる料金が免除されるテクニカル サポート担当者 Microsoft Dynamics および関連製品のことは、通常は特別な場合は、特定の更新プログラムは、問題を解決するにを決定します。追加の質問および問題の特定の更新プログラムの対象とならない問題は、通常のサポート料金が適用されます。

インストール情報

メソッドまたはこの修正プログラムの影響を受けるテーブルの 1 つ以上のカスタマイズがあれば、次の手順する必要があります。
  1. .Xpo ファイルに記載されている変更を確認します。
  2. 運用環境で修正プログラムを適用する前にテスト環境でこれらの変更を適用します。


この修正プログラムをインストールする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
Microsoft Dynamics AX の修正プログラムをインストールする方法を893082

必要条件

Microsoft Dynamics AX 2009 サービス パック 1 がインストールされてこの修正プログラムを適用する必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、アプリケーション オブジェクト サーバー (AOS) サービスを再起動する必要があります。

ファイル情報

この修正プログラムのデンマーク語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時刻プラットフォーム
Eprojectinvoice_dk_oioubl.xsl該当なし68,58702-Apr-201205:43該当なし
Esalesinvoice_dk_oioubl.xsl該当なし63,60702-Apr-201205:43該当なし

アプリケーション修正プログラムのインストールの検証

アプリケーション修正プログラムのインストールを検証するには、アプリケーション オブジェクト ツリー (AOT) で、 SysHotfixManifestクラスを開きます。次に、名前持つにはには、インストールされている修正プログラムのサポート技術情報 (KB) 文書番号が含まれています。 メソッドがあることを確認します。さらに、することができますクロス チェックは、影響を受けるオブジェクト AOT 内のオブジェクトに対して KBXXXXXXの .txt ファイルを比較することによって。これを行うには、SYP レイヤーまたは GLP のレイヤーにオブジェクトが正しく変更ことを確認の操作を行うことができます。

注: XXXXXXのプレース ホルダーは、インストールされている修正プログラムのサポート技術情報番号を表します。

状況


マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細


詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。

Dynamics AX 2009 の974255の影響の分析機能

注: これは、マイクロソフト サポートの組織内から直接作成した「高速公開」の資料です。ここに含まれる情報は、新たに発生している問題に応じて現状のまま提供されています。速やかに利用できるようにした結果として、内容には誤植が含まれている可能性があり、事前告知なしで改訂する場合があります。その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。