初心者でもわかる! Outlook 添付ファイルのトラブル対処法 : 送信トラブル 4

適用対象: Outlook 2013Microsoft Outlook 2010Microsoft Office Outlook 2007 詳細

ホーム 送信トラブル 4

受信者から「ファイルが添付されていない」または「winmail.dat が添付されている」と言われた


送信者がファイルを添付したにもかかわらず受信者側に添付ファイルが届かない、または送信者が添付した覚えのない「winmail.dat」という名前のファイルが、受信者側のメールに添付される現象が発生することがあります。「winmail.dat」が添付される場合、受信者側のメール ソフトには、次のように表示されています。

winmail.dat

この現象は、Outlookでメールを送信したときに発生することがあります。Outlook では、書式や画像、添付ファイルなどの情報を「winmail.dat」というファイルに保存して送信します。ところが、受信側のメールソフトやメールサーバーが「winmail.dat」に対応していないと、「winmail.dat」に含まれる情報を認識できず、添付ファイルが消える、または開くことのできない添付ファイルとして扱われることがあります。 

したがって、もしも受信者から「ファイルが添付されていない」または「winmail.dat というファイルが添付されている」と言われた場合は、次の対策を実施してください。

Windows 8 または Windows 7 で Outlook をご利用の場合


Windows 8 または Windows 7 上で Outlook をお使いの場合は、自動実行プログラム (Fix it) が用意されていますので、それを実行したあと、再度、メールを送信してください。自動実行プログラムを実行すると、「winmail.dat」を使用しないでメールが送信されるようになります。自動実行プログラムの実行方法は次のとおりです。
 
注: Outlook 2003 以前の Outlook には対応していません。 
  1. 下の Fix it のボタンをクリック


  2. ウィンドウの下に「MicrosoftFixit20123.mini.diagcab (382KB) を実行または保存しますか?」と表示されたら [ファイルを開く] ボタンをクリック
    MicrosoftFixit20123.mini.diagcab (382KB)
  3. [コンピューターの問題の防止とトラブルシューティング] で [次へ] ボタンをクリック
    コンピューターの問題の防止とトラブルシューティング

  4. [その他のオプションを参照する] で [次へ] ボタンをクリック
    その他のオプションを参照する

  5. [閉じる] ボタンをクリック
    トラブルシューティングが完了しました
  6. Outlook を起動してメールを再送

Windows Vista または Windows XP で Outlook をご利用の場合


Windows Vista または Windows XP をお使いの場合は、自動実行プログラム (Fix it) が用意されていますので、それを実行したあと、再度、メールを送信してください。自動実行プログラムを実行すると、「winmail.dat」を使用しないでメールが送信されるようになります。自動実行プログラムの実行方法は次のとおりです。

注: Outlook 2003 以前の Outlook には対応していません。 
  1. 下の Fix it のボタンをクリック


  2. ウィンドウの下に「MicrosoftFixit50041.msi(963KB) を実行または保存しますか?」と表示されたら [実行] ボタンをクリック
    MicrosoftFixit50041.msi(963KB) を実行または保存しますか?

    別のウィンドウメッセージが表示された場合の手順

    2-1. 「このファイルを実行または保存しますか?」と表示された場合は [実行] ボタンをクリック
    このファイルを実行または保存しますか?

    2-2. 「このソフトウェアを実行しますか」と表示されたら [実行する] ボタンをクリック
    このソフトウェアを実行しますか

  3. [同意する] チェック ボックスをオンにして [次へ] ボタンをクリック
    Microsoft Fix it ライセンス条項

  4. [閉じる] ボタンをクリック
    [閉じる] ボタンをクリック

  5. [はい] ボタンをクリックしてパソコンを再起動
    パソコンを再起動

  6. Outlook を起動してメールを再送

Outlook 2003 をご利用の場合


Outlook 2003 をお使いの場合は、メッセージ形式を「HTML 形式」または「テキスト形式」に変更して送信しなおしてください。

メールの作成ウィンドウで [メッセージ形式] の [▼] ボタンをクリックして、[HTML 形式] または [テキスト形式] を選択します。
[HTML 形式] または [テキスト形式] を選択