初心者でもわかる! Outlook 添付ファイルのトラブル対処法 : 送信トラブル 8

適用対象: Outlook 2013Microsoft Outlook 2010Microsoft Office Outlook 2007

ホーム 送信トラブル 8

添付ファイルが本文中に表示される


ファイルをメールへ添付するために、エクスプローラからメール作成ウィンドウにファイルをドラッグ アンド ドロップすると、次のようにファイルが本文中のアイコンとして表示される場合があります。

ファイルが本文中のアイコンとして表示される

この現象は、メールのメッセージ形式が「リッチ テキスト形式」のとき発生します。添付ファイルを本文中に表示しないようにするためには、メッセージ形式を「HTML 形式」または「テキスト形式」に変更してください。以下では、Outlook のバージョンごとに HTML 形式に変更する操作を説明します。


メッセージ形式を「HTML 形式」に変更する (Outlook 2013)


  1. [書式設定] タブの [形式] で [HTML] ボタンをクリック
    [書式設定] タブの [形式] で [HTML] ボタンをクリック

  2. 本文中に表示されていたアイコンが [添付ファイル] ボックスに表示される
    本文中に表示されていたアイコンが [添付ファイル] ボックスに表示される

    [テキスト] を選択した場合は、[Microsoft Outlook 互換性チェック] ダイアログ ボックスが表示されます。[続行] ボタンをクリックすると、本文中に表示されていたアイコンが [添付ファイル] ボックスに表示されます。なお、テキスト形式にすると本文に設定したフォントやサイズなどの書式は削除されます。Microsoft Outlook 互換性チェック

メッセージ形式を「HTML 形式」に変更する (Outlook 2010)


  1. [書式設定] タブの [形式] で [HTML] ボタンをクリック
    [書式設定] タブの [形式] で [HTML] ボタンをクリック

  2. 本文中に表示されていたアイコンが [添付ファイル] ボックスに表示される
    本文中に表示されていたアイコンが [添付ファイル] ボックスに表示される

    [テキスト] を選択した場合は、[Microsoft Outlook 互換性チェック] ダイアログ ボックスが表示されます。[続行] ボタンをクリックすると、本文中に表示されていたアイコンが [添付ファイル] ボックスに表示されます。なお、テキスト形式にすると本文に設定したフォントやサイズなどの書式は削除されます。Microsoft Outlook 互換性チェック

メッセージ形式を「HTML 形式」に変更する (Outlook 2007)


  1. [オプション] タブの [形式] で [HTML] ボタンをクリック
    [オプション] タブの [形式] で [HTML] ボタンをクリック

  2. 本文中に表示されていたアイコンが [添付ファイル] ボックスに表示されます
    本文中に表示されていたアイコンが [添付ファイル] ボックスに表示される

    [テキスト] を選択した場合は、[Microsoft Outlook 互換性チェック] ダイアログ ボックスが表示されます。[続行] ボタンをクリックすると、本文中に表示されていたアイコンが [添付ファイル] ボックスに表示されます。なお、テキスト形式にすると本文に設定したフォントやサイズなどの書式は削除されます。Microsoft Outlook 互換性チェック

メッセージ形式を「HTML 形式」に変更する (Outlook 2003)


  1. ツールバーの [メッセージ形式] で [▼] をクリックし、メニューから [HTML 形式] を選択
    [メッセージ形式] で [▼] をクリックし、メニューから [HTML 形式] を選択

  2. 本文中に表示されていたアイコンが [添付ファイル] ボックスに表示されます
    本文中に表示されていたアイコンが [添付ファイル] ボックスに表示される

    [テキスト] を選択した場合は、[Microsoft Office Word] ダイアログ ボックスが表示されます。[続行] ボタンをクリックすると、本文中に表示されていたアイコンが [添付ファイル] ボックスに表示されます。なお、テキスト形式にすると本文に設定したフォントやサイズなどの書式は削除されます。Microsoft Office Word ダイアログ ボックス