[MS12-045] Microsoft Data Access Components の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2012 年 7 月 10 日)

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS12-045 を公開しました。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールに関するヘルプ: Windows Update サポート ページ

IT 専門家のためのセキュリティ ソリューション:セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート:その他の地域のサポート

詳細

このセキュリティ更新プログラムに関する既知の問題

  • Windows 7 Service Pack 1 (SP1) または Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) を搭載しているコンピューターにこのセキュリティ更新プログラムをインストールすると、Remote Data Services (RDS) をベースとしたアプリケーションがクラッシュする可能性があります。この問題を解決するには、修正プログラム 2734642 をインストールします。

    詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    2734642 Windows 7 SP1 または Windows Server 2008 R2 SP1 で RDS ベースのアプリケーションがクラッシュする (リンク先は英語の場合があります)

ファイル情報

ERROR: PhantomJS timeout occurred