Outlook 2007 で受信したメッセージに添付された Office 2007 ファイルやリンクが開けない

適用対象: Microsoft Office Outlook 2007

現象


Outlook 2007 で受信したメッセージに添付された Excel をダブルクリックで開こうとすると、Outlook 2007 がフリーズすることがあります。また、Outlook 2007 のメッセージ内の URL を クリックすると Internet Explore は起動するもののリンク先ページが開けない現象が発生します。

Note :
  • 保存された添付ファイルをデスクトップなどに保存してから開くと問題なく現象回避できる場合があります。
  • リンクされたファイルの保存場所に関係なく発生します。
  • 特定の操作やタイミングに依存せず、不定期で現象が発生します。


原因


Outlook 2007 で受信したメッセージに添付された Excel ファイルを開く場合や、メッセージに記述されたリンクをクリックして開く際には、DDE 通信によって処理が実施されます。

同時に、ファイルを開く場合やリンクをクリックした場合には、非表示のウィンドウ オブジェクトが生成されます。

この非表示のウィンドウ オブジェクトが Microsoft Office IME 2007 で有効となっている Outlook 辞書の動作の影響により DDE 通信からのリクエストに応答しないため、ファイルを開く処理が継続できずに Outlook 2007 がフリーズします。


解決方法


Microsoft Office IME 2007 のすべての Outlook 辞書を削除します。
なお、Microsoft Office IME 2007 の Outlook 辞書の機能は、既定で有効になっています。


回避策


次の手順で Microsoft Office IME 2007 のプロパティから Outlook 辞書の参照設定を削除します。

  1. Microsoft Office IME 2007 の言語バーの [ツール] から [プロパティ] を開きます。
  2. [辞書/学習] タブを開きます。
  3. "システム辞書" の一覧から次の Outlook 辞書を削除します。
    • Outlook 連絡先辞書 (姓)
    • Outlook 連絡先辞書 (名)
    • Outlook グローバル アドレス一覧辞書 (姓)
    • Outlook グローバル アドレス一覧辞書 (名)

Note:
削除した各辞書ファイルを再度使用する場合は、[辞書/学習] タブで [追加] ボタンを押し、以下のファイルを指定して追加を行います。


フォルダ
  • C:\ProgramData\Microsoft\IMJP12\DICTS (Vista/Windows 7 の場合)
  • C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Microsoft\IMJP12\DICTS (Windows XP の場合)


ファイル名
  • Outlook 連絡先辞書 (姓) : IMJPABLN.DIC
  • Outlook 連絡先辞書 (名) : IMJPABFN.DIC
  • Outlook グローバル アドレス一覧辞書 (姓) : IMJPADLN.DIC
  • Outlook グローバル アドレス一覧辞書 (名) : IMJPADFN.DIC


マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
なお、マイクロソフトではこの問題について、Outlook 2007 での修正予定はありません。

詳細


Outlook 辞書の詳細については以下の関連情報を参照してください。

Outlook 連絡先辞書 - Microsoft Office IME 2010