初心者でもわかる! 「Outlook が起動しない」「起動時にエラーが表示される」ときの対処法 : "Microsoft Exchange (Exchange Server) への接続が利用できません"

ホーム トラブル 3

新しいプロファイルを作って Outlook が起動するようにする


  1. [スタート] ボタンをクリック

  2. [コントロール パネル] をクリック
    コントロールパネルをクリック

  3. コントロール パネルを起動したら、[ユーザー アカウントと家族のための安全設定] をクリック
    注: Windows XP では [ユーザー アカウント] をクリックします。
    ユーザー アカウントと家族のための安全設定

    コントロール パネルの右上にある [表示方法] が「カテゴリ」になっていない場合は、クリックして「カテゴリ」に変更してください。
    カテゴリ
  4. [メール] をクリック
    注 : 「メール(32ビット)」と表示される場合もあります。
    [メール] をクリック

  5. [プロファイルの表示] ボタンをクリック
    注 : Windows XP では [プロファイル] ボタンをクリックします。
    [プロファイルの表示] ボタンをクリック

  6. [追加] ボタンをクリック
    [追加] ボタンをクリック

  7. [プロファイル名] に新しいプロファイル名を半角で入力する。ここでは「Outlook2」と入力

  8. [OK] ボタンをクリック
    [プロファイル名] に新しいプロファイル名を半角で入力する。

  9. [電子メールアカウント] をオン

  10. [名前] に自分の名前を入力

  11. [電子メール アドレス] に自分のメール アドレスを入力

  12. [パスワード] と [パスワードの確認入力] にメールを受信するときのパスワードを入力

  13. [次へ] ボタンをクリック
    新しいアカウントの追加

    Outlook 2003 の場合は、次の順番で名前や電子メール アドレスを設定します。
    1. [新しい電子メール アカウントの追加] を選択して [次へ] ボタンをクリック
      [新しい電子メール アカウントの追加]

    2. [POP3] を選択して [次へ] ボタンをクリック
      [POP3] を選択して [次へ] ボタンをクリック

    3. [名前]、[電子メール アドレス]、[受信メール サーバー]、[送信メール サーバー]、[アカウント]、[パスワード] を設定して [次へ] ボタンをクリック
      電子メールアカウント


    入力する情報については、お手元のプロバイダーから送られてきたメール アドレスやメール サーバーなどの情報が書かれた書類や、以下の各プロバイダーのページもあわせてご確認ください。

    参考 : 主なプロバイダーの一覧

  14. 設定が完了したら [完了] ボタンをクリック
    新しいアカウントの追加

  15. [常に使用するプロファイル] を選択

  16. 手順 5 で作成したプロファイル名 (この例では「Outlook2」) をリストから選択

  17. [OK] ボタンをクリック
    [常に使用するプロファイル]

以上で新しいプロファイルの作成は終了です。Outlook を起動して、正常に起動できるかどうか、起動した場合は正常にメールの送受信ができるかどうかを確認してください。
プロパティ

文書番号:2721349 - 最終更新日: 2016/09/29 - リビジョン: 1

フィードバック