Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 2 用の更新プログラムは、利用可能な (KB2734608)

適用対象: Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 2

概要


マイクロソフトは、Windows Server Update Services (WSUS) 3.0 Service Pack 2 (SP2) の更新プログラムをリリースしました。この資料には、更新プログラムと更新プログラムを入手する方法の内容に関する情報が含まれています。

修正される問題

この更新プログラムにより、Windows Server Update Services (WSUS) 3.0 SP2 を実行しているサーバーは Windows 8 または Windows Server 2012 を実行しているコンピューターに更新プログラムを提供できるようになります。

この更新プログラムには、次の問題が修正されます。
  • 以前に Service Pack 2 をアンインストール後再インストールした場合、2720211 の更新プログラムのインストールが失敗する場合があります。
  • 更新プログラム 2720211 をインストールすると、稼働状態の監視があります WSUS サーバーが SSL を使用する構成されている場合。

さらに、この更新プログラムには、以下の修正プログラムが含まれています。
  • 2530678システム センターの更新プログラムの発行元は公開できませんカスタマイズされた更新プログラムをコンピューターに WSUS 3.0 SP2 には、.NET Framework 4 がインストールされている場合
  • 2530709 [メタデータのみの更新プログラムの有効期限が切れてまたは WSUS 3.0 SP2 で修正されたことはできません。
  • 2720211 Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 2 用の更新プログラムが利用可能です

注:
  • 2720211 の更新プログラムはこの更新プログラムに含まれており、 WSUS 通信チャネルを強化します.
  • この WSUS サーバーによって管理されているコンピューターに Windows 更新エージェント (WUA) は、この更新プログラムを適用した後、必要に応じて自動的にアップグレードされます。
  • この更新プログラムが動作するためには、WSUS は既知の適切な稼動状態でなければなりません。WSUS が Microsoft Update からの更新プログラムを同期するように構成されている場合は、WSUS が更新プログラムを同期できることを確認してください。クライアントが WSUS サーバーと通信できる必要があります。

    WSUS サーバー上の基本的な稼働状態チェックを実行する方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

この更新プログラムを適用する方法

この更新プログラムを適用した後は、すべての WSUS サーバーを同期することをお勧めします。場合は WSUS サーバーの階層がある場合は、この更新プログラムを適用し、階層の最上部から、サーバーを同期し、下方向にします。この方法で、サーバーを同期するには、以下の手順を実行します。

注: 3.2 の WSUS サーバーでは、Windows 8 または Windows Server 2012 を実行しているコンピューターを更新することができます、前に、次の手順を行う必要があります。
  1. Microsoft Update との同期を WSUS 3.0 SP2 では、プロセスを開始します。
  2. この更新プログラムを適用します。
  3. 同期を開始します。
  4. 同期が成功するを待ちます。
  5. 更新したサーバーへの同期を WSUS 3.0 SP2 サーバーごとに手順 2 ~ 4 を繰り返します。

この更新プログラムに関する既知の問題

  • この更新プログラムが WSUS サーバーが更新されたときにリモート WSUS コンソールでは、ローカルの発行機能を使用する場合は、WSUS コンソールをリモートも API のバージョンが一致していることを確認するのには更新しなければなりません。
  • 更新プログラムをローカルで発行した場合に再署名し、この更新プログラムを適用した後、すべてのローカルの更新を再発行する必要があります。SHA1 では、1024 キー長の証明書の最低必要があります。ローカル コンピューターに更新プログラムの発行を行う方法の詳細については、次の Microsoft Developer Network (MSDN) web サイトを参照してください。
  • WSUS 3SP2 と同期されている Windows 8 またはWindows Server 2012 クライアントを使用している場合は、この更新プログラムを適用する前に、WSUSサーバーに更新プログラムが適用されるのを待ってから、次の手順を実行します
    1. 影響を受けるクライアントで、昇格モードを使用して cmd.exe を開きます。
    2. 次のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に必ず Enter キーを押します。

      net stop wuauserv

      rd/s %windir%\softwaredistribution\

      net start wuauserv
  • 次のような状況を考えます。
    • Windows Update に接続するには、「検査して HTTPS または SSL を使用するネットワーク プロキシを経由します。
    • 中間サーバーは、クライアントの SSL トラフィックと Microsoft Update との間です。

    このシナリオでは、検査なしに Windows Update トラフィックをトンネルするために、HTTPS 検査サーバーの例外ルールを作成するのにはあります。Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ (TMG) 用の HTTPS 検査例外を作成する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。除外するには、Url とドメインの一覧、については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには次の資料番号をクリックします。
    885819問題が発生した場合、ISA Server を実行するサーバーを Windows の更新プログラムのバージョン 6 の web サイトにアクセスします。
  • 実行可能ファイル (.exe) を手動でインストールする場合は、更新プログラムを適用するコンピューターを再起動する必要があります。
  • リモートの Microsoft SQL Server の管理者は、ダウンロードして、SQL Server 管理者のアクセス許可を持つアカウントを使用して更新プログラムをインストールする必要があります。SQL Server のインストールは、手動インストールを常に必要があります。
  • この更新プログラムを適用するには、必要があります、Windows 内部データベースまたは SQL Server を実行します。
  • データベースがネットワーク負荷分散 (NLB) クラスターのアップグレード中にアクセスされることを防ぐためには、IIS と WSUS のサービスを停止してください。NLB をアップグレードする方法の詳細については、「すべてのコンピューターで NLB をアップグレードする方法」セクションを参照してください。

すべてのコンピューターで NLB をアップグレードする方法

  1. NLB クラスター内の各ノードの NLB サービスをシャット ダウンします。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    nlb.exe suspend
  2. IIS と WSUS のサービスをシャット ダウンします。これを行うには、コマンド プロンプトで以下のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に Enter キーを押しているかどうかを確認します。
    iisreset/stop

    net stop wsusservice
  3. その他のサービスにアクセスできるなし、データベース アップグレード」ウィンドウの中にすることを確認します。コマンド プロンプトで、これには、 nlb.exe を無効にすると、ポートまたはアプリケーションの適切な追加のパラメーターを入力します。

    disable {vip[{:Port | :all}] | all[{:Port | :all}]} {Cluster[:{Host]| all {local | global}}}
    注: この手順と次の手順では、Enter キーを押してコマンド プロンプトでコマンドを入力するたびにします。
  4. データベースをバックアップします。SQL Server データベースをバックアップする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
  5. 各フロント エンド コンピューターを個別にアップグレードします。これを行うには、以下の手順を実行します。
    1. WSUS をセットアップします。コマンド プロンプトで、システムに該当する次のコマンドのいずれかを入力します。
      • WSUS-KB2734608-x64.exe /q C:\MySetup.log
      • WSUS-KB2734608-x86.exe /q C:\MySetup.log

      更新プログラムは、任意のプロンプトを表示せず、すぐにインストールされます。
    2. アップグレードが正常に完了したことを確認するのには、セットアップ ログを確認します。コマンド プロンプトで、 C:\MySetup.logを入力します。
    3. IIS と WSUS サービスが停止したことを確認します。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。
      iisreset/stop

      net stop wsusservice
    4. 次のコンピューターに進みます。
  6. すべてのノードをアップグレードした後は、IIS と WSUS のサービスを開始します。コマンド プロンプトには、 iisresetを入力し、NLB クラスターの各ノードでネット開始 wsusserviceを入力します。
  7. NLB クラスターの各ノードは、NLB サービスを開始します。コマンド プロンプトで、これには、 nlb.exe の再開を入力します。
  8. コマンド プロンプトで、手順 3 でnlb.exe を有効にするすべてのポートまたはアプリケーションを無効にするためにを入力します。
注: この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの情報

次のファイルは Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

3.0 SP2 の Windows Server Update Services 用の更新プログラム (KB2734608)
3.0 SP2 の Windows Server Update Services の更新プログラムを x64 ベースのシステム (KB2734608)

必要条件

この更新プログラムを適用するためには、Windows Server Update Services 3.0 SP2 がインストールされている必要があります。

3.0 の Windows Server Update Services Service Pack 2 については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
972455 Windows Server Update Services の説明 3.0 Service Pack 2

再起動に関する情報

この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

ハッシュ値
ファイル名サイズSHA1SHA2
WSUS-KB2734608-x86.exe30,431,944C6E9AC3F3F8B332990485CF17CC57D3A358E33CDAACCE64CD0375F35AE0FCAB6B9F77B9D7633ABD7BCE231514F3C542E9785CDD2
WSUS-KB2734608-x64.exe30,508,728E399B2DED2DC6540BF51585041063CFCA48DCC3210BB6394962E8230AC9C893200DF7DF9380291EA43C77D03DF89F922C8B155C5


関連情報


Windows Server Update Services の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを記述するために使用される一般的な用語説明